首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

私の治療院へ、首のトラブルで来院される患者さんの多くは「ストレートネック」です。ストレートネックとは、首を前に出した姿勢を長年続けたことにより、緩やかなS字カーブを描くはずの頸椎(首の骨)が、真っ直ぐになってしまった状態です。スマホ首ともいわれています。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


ストレートネックの原因、セルフチェック法

 私は長年、首・肩・腰・ひざの痛みを訴える患者さんに対し、主に「関節包内矯正」という、関節のすき間を広げる施術を行う治療院を開業しています。
 そこではスタッフとともに、1日に170人以上の施術にあたっています。

 その結果として、はっきり言えることがあります。首のトラブルで来院する人のほとんどに、「ストレートネック」という症状があるのです。
 ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です(図参照)。

 私は、日本人の8〜9割に、こうしたストレートネックの兆候があると感じています。
 その理由は、いくつもあります。そもそも日本人は農耕民族で、おじぎの文化も深く根づいているため、前傾姿勢になりがちなこと。
 それに加えて現代社会では、パソコンやスマートフォン、携帯電話をよく使うことで、どうしても首を前に出す前傾姿勢を取るようになり、ストレートネックの増加が助長されたと考えられるのです。

 ストレートネックかどうかは、レントゲン検査を受ければすぐにわかりますが、簡単なセルフチェック法もあります。
 まず、壁を背にして「気をつけ」の姿勢を取ります。そのとき、後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4ヵ所が特に意識しなくても自然と壁につけば、頸椎は正常な状態です。
 もし、後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合は、ストレートネックの可能性が非常に高いといえます。

ストレートネックの症状は、耳鳴り、めまい、頭痛、自律神経失調症、頸椎ヘルニアなどさまざま

 では、なぜストレートネックになるとよくないのでしょうか。

 ストレートネックになると、体の約10%もある頭の重みが頸椎にまともにかかり、首周りにある筋肉や神経にも大きな負担を与えます。
 首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、首や肩のこりとして感じられます。たかが首こりや肩こり、と思うかもしれません。しかし、放っておけば、セキをしただけでも首に痛みが走るような状態になることもあるので、注意が必要です。

 また、頭の重みで頸椎の関節と関節のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。
 例えば、頸椎の上のほうが圧迫されると、耳鳴りやめまい、頭痛(緊張性頭痛)、自律神経失調症などにつながります。

 また、頸椎の下のほうが圧迫されると、首や肩のこり、手・腕のしびれが現れやすくなります。さらに、頸椎と頸椎の間にある椎間板が圧迫されて突き出し、いわゆる「首のヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)」になるケースもよく見られます。

 なお、ストレートネックは男性よりも、女性や子どもに多く見られます。おそらくそれは、関節が男性に比べて柔らかいため、骨格に悪いクセがつきやすいからだと思われます。
 一方、男性は元来、ストレートネックになりにくいものの、異常を感じたときには、かなり状態が悪化している場合が多くあります。
 いずれにせよ、ストレートネックはできるだけ予防し、なるべく早く改善するべきです。そのために今回ご紹介するのが、「あご押し体操」です。

【超簡単】すぐに実践できる「ストレートネックの改善方法」

 あご押し体操は、どなたでも簡単にでき、すぐに実践できます。あごの先端に指を当て、頭と首を後ろの方向へ押したり戻したりを、くり返すだけです。

 やり方のポイントは、二つあります。

 一つめは、肩の位置を動かさず、頭と首を水平にスライドさせるように後ろへ押し込むこと。
 二つめは、強めにぐっと押し込むことです。
 もし、やり始めたばかりで、うまくできないと感じた場合は、背中を壁につけて行うとコツがつかみやすいはずです。

 ちなみに、あご押し体操は、1日に何回行っても構いません。
 仕事や家事の合間など、日常生活のさまざまな場面で、くり返し行うと効果的です。私の場合は、車を運転しているとき、赤信号で停車するたびに行っています。
 デスクワークなどで前かがみの姿勢になることが多い人は、15〜30分に一度ぐらい行うと理想的です。

 また、頸椎症や首のヘルニア、ムチ打ち症がある人も、できるだけ実践していただきたいと思います。これらの首のトラブルを、悪化させるどころか治癒に導くことができる体操なのです。
 いずれにしても、こうしてあご押し体操をくり返し行っていると、固まっていた頸椎関節がゆるみ、動きがよくなってきて、徐々にストレートネックが解消されます。

 頸椎は、正しい動かし方をしていれば、本来のカーブを取り戻してきます。習慣づければ、およそ2〜3週間でストレートネックが治り、いつのまにか首のこりや痛みも消えているはずです。
 さらに、首の関節はもちろんのこと、首周りの筋肉や神経も正常な状態に戻るので、先ほどお話しした耳鳴り、めまい、頭痛などが軽減されることも大いに期待できる体操なのです。

【関連記事】「タオル枕」で治す方法

ストレートネックの予防法は、「あお向けで寝ること」

 ただ、これほどすぐれた体操を行っても、頭と首を前に出すという悪いクセを改めなければ、せっかくの効果が半減してしまいます。
 最も注意が必要なのは、やはりスマートフォンや携帯電話を使うときです。

 実は、本体を顔の高さに上げれば、頭と首を突き出さずに済むので、ストレートネックを予防できます。
 そこで、スマートフォンなどを使用するときは、操作している手のほうの脇の下に、反対の手の握りこぶしを入れてみてください。
 こうすると、本体を持ち上げている腕が疲れるのを防げる上に、画面を顔の高さの位置にキープできます。

 また、毎晩の就寝時に、高い枕をしていると、首や肩の筋肉が緊張し、こりや張りを招きます。ですから、できるだけ枕を使わず、あおむけに寝るようにしてみましょう。
 これまでに高い枕を使っていた人なら、これだけで首のこりや痛みが即座に緩和することも少なくありません。
 高い枕で寝ていた人にとって、最初は違和感があるかもしれません。特に、ストレートネックの人は、枕がないと不安感が強いと思います。
 しかし、枕なしに慣れれば、そのほうが調子がよいことに気付くはずです。

 ショルダーバッグや手さげカバンを、いつも左右同じ側で持ち歩くのも、いただけません。どちらか一方への偏った負担は、首や肩のこりにつながってしまいます。
 そこで、ベストの選択はリュックサックなのですが、どうしてもファッション的に気が進まない場合は、こまめに左右を切り替えたり、できるだけ肩に近い部分から斜めがけをしたりするようにしましょう。

 あご押し体操とともに、こうしてストレートネックを解消する意識を常に持ちながら、正しいセルフケアを続けていただきたいと思います。

【関連記事】超簡単「タオル枕」の作り方と使い方

酒井慎太郎
 整形外科や腰痛専門病院などの経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の施術を得意とする。著書は『腰・股・膝の痛みはテニスボール1個で消える』(マキノ出版)など。テレビ番組の出演も多い。

【関連記事】体験談 腰痛と片頭痛が改善した!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

私は、10年ほど前から、頭痛に悩まされるようになりました。それまでなんともなかったのに、生理中やその前後に、突然、起こるようになったのです。側頭部や頭全体がズキンズキンと脈打つようで、ひどいときには目の奥まで痛み、吐き気がすることもありました。【体験談】上野尚子(50歳・パートタイマー)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

あなたが頭痛持ちでなかなか改善しない場合、頭痛の誘因となる成分が多い食品を、知らず知らずのうちに頻繁に摂取しているかもしれません。頭痛の誘因として代表的な成分は、チラミンです。チーズやヨーグルト、納豆、赤ワインやビール、チョコレートなど発酵食品や熟成した食品に多く含まれています。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック)


【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

頭痛が起こると、なかなか我慢できずに鎮痛剤に頼ってしまいがちです。しかし、薬で病気は根治できません。どうして自分の頭痛が起こっているのか、原因を把握し、起こらないように対処することが大事です。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)