押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせが良い

押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせが良い

首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


肋骨の動きが悪くなると首だけを動かすので、こりや痛みが出る

もんだり押したりするのは逆効果

 首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。
 首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。

 首の上には、重い頭があります。頭を支えている首が、胴体と連動して動いている場合は、首にそれほどの負担はかかりません。
 しかし、首だけで上下左右を見たり振り返ったりすることが続くと、頭を支えている首への負担は相当なものになります。次第に、こりや痛みが出てくるのも当然といえるでしょう。

 では、なぜ首だけを動かすようになるのでしょうか。それは、肋骨の動きが悪くなり、固まったような状態になっているからです。
 そこで、今回ご紹介するのが、固まった肋骨の動きをほぐして首の負担を減らし、首の痛みやこりを解消する「肋骨ほぐし」です。

 肋骨ほぐしは、胴体を伸ばしたりひねったりすることで、硬くなった肋骨の動きをほぐす体操です。試しに、写真のように動いてみてください。肋骨のどの部分が硬くなっているのかが、これでわかります。
 例えば、首を右に倒しにくい場合は、肋骨の左わきが硬く伸びづらくなっています。右に向きにくければ、肋骨の左側全体が硬く、後ろに倒しにくい場合は、肋骨の前面が硬いということになります。

行った直後から 首の可動域が広がる

 肋骨ほぐしのやり方は以下のとおりです。

●基本姿勢のポイント
 立った姿勢でも、座った姿勢でも行えます。両手を頭の後ろで組み、胸を張ったら、両ひじを軽く寄せます。ひじをゆるめたままだと、効果が得られないので注意しましょう。

●肋骨ほぐしのポイント
 肋骨ほぐしは、次の三つの動きを行います。

①上体を左右に倒す
 左右の肋骨の柔軟性を取り戻す
②上体を左右にひねる
 背中全体や背骨の柔軟性を取り戻す
③上体を後ろに軽く反らす
 おなかの柔軟性を取り戻す

 効かせたい部位がはっきりと決まっているので、そこが引き伸ばされていることを意識しながら行いましょう。
 肋骨ほぐしを行う前後に、写真のようにして首の状態を確認する動作を行ってみてください。肋骨ほぐしを行った後は、首の可動域が広がり、動かしやすくなっているはずです。
 ただし、首のこりがあまりにひどい場合は、やり過ぎに注意してください。

 お勧めは、朝晩1日2回行うことです。特に、パソコンやスマートフォンを多用する人は体幹が硬くなりがちですから、その都度行うといいでしょう。
 首のこりや痛みのほか、肋骨ほぐしは、肩こりや腰痛の予防や改善にも有効です。また、加齢によって衰えた胴体の動きがよくなるので、若返り効果も期待できます
 1回につき3分ほどで行えますから、生活習慣の一つとしてぜひ取り組んでみてください。

浜田貫太郎
 整体師。石川県生まれ。整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会(社)へ入門。同協会に8年在籍後、独立。施術のほか、各種講座を開催して、整体の普及に努める。著書に『整体操法入門』(たにぐち書店)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

ほとんどの人が病気とは思っていないようですが、私は、首や肩のこりは、れっきとした病気と捉えています。というのも、首の骨の代表的な病気である頸椎症の入り口だからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長)


首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

耳の症状に見舞われた場合、内耳に問題があると考え耳鼻科に通う人がほとんどでしょう。しかしいくら薬を飲んでも、治療を受け続けても、よくならないケースは珍しくありません。それもそのはず。そうしたケースに悩んでいる人は、根本的な原因が、首に潜んでいる可能性が高いといえます。【解説】劉 莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士)


悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

昨年の秋ごろ、突然右の首筋から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。【体験談】三戸雪子(仮名・会社員・56歳)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング