【専門医が厳選】首や肩のコリを防ぐ食品はこれ!

【専門医が厳選】首や肩のコリを防ぐ食品はこれ!

慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野 浩(ヒロ整形クリニック院長)


首の骨や筋肉の材料を しっかり補充する

 慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。
 その際、忘れてはならないのが、食生活の見直しです。
 なぜなら、首の骨や筋肉を強化するにも、神経のダメージを防ぐにも、それらの材料をしっかり補充する必要があるからです。

 その基本はバランスの取れた食生活ですが、特にポイントとなるのが、次の四つの栄養素です。

①コラーゲン:椎間板の「網目 構造」を作って弾力を保つ
 コラーゲンはたんぱく質の一種で、骨、軟骨、筋肉、腱、靱帯などに含まれ、重要な役割を果たしています。
 首の骨を構成している椎骨と椎骨の間で、クッションの役をしている椎間板もまた、軟骨の一種で、コラーゲンを多く含みます。

 椎間板の中で、コラーゲンは独特の「網目構造」を作っています。
 これは、建物の鉄筋に当たりますが、コラーゲン自体も柔らかいので、むしろスポンジ状のものを思い浮かべてもらうといいかもしれません。
 椎間板は、首への慢性的な負担や加齢により、すり減って薄くなっていきます。多くの場合、そのことが首の不調の引き金になるのです。それを防ぐための一つとして、コラーゲンの補給は欠かせません。
 身近な食品では、鶏手羽、鶏ガラスープ、鶏や魚の皮、牛スジ、豚足、魚介類ではカレイ、タイ、フカヒレ、貝類、ゼリーの材料となるゼラチンなどに多く含まれます。

②コンドロイチン:椎間板や筋 肉の水分を保つ

 コンドロイチン(正しくはコンドロイチン硫酸)は、ムコ多糖と呼ばれる成分の代表です。ムコ多糖は、糖が集まってできた粘り気を持つ成分で、多量の水分を抱え込む性質を持ちます。
 コンドロイチンは、体内のあらゆる組織で、組織同士をつなぐ接着剤になるとともに、水分保持のために働いています。
 首の椎間板では、コラーゲンが作る網目構造の中に入り込み、水分を保つ役目をしています。
 水分を失ったスポンジが弾力を失うことでもわかるように、椎間板の弾力を保つには、コラーゲンとコンドロイチンの両方が必要です。
 また、コンドロイチンは、筋肉の中で水分を保持する役割もあります。筋肉も水分が不足すると、こりやすくなるので、その意味でも、コンドロイチンの補給は大切です。
 ①のコラーゲンの項目で挙げた食品は、コラーゲンとともにコンドロイチンを多く含みますので、首の健康維持には二重に効果的です。
 ほかの食品では、コンドロイチンは、ウナギやスッポン、ヤマイモ、オクラ、海藻、納豆など、ネバネバしたものに多く含まれます。

③ビタミンB群:傷ついた神経 の修復を促す

 ビタミンB₁・B₂・B₆・B₁₂などのB群は、神経が正常に働くために不可欠なビタミンです。神経細胞が傷つくと、その修復を促す作用を持っています。
 特にビタミンB₁₂は、その作用が強いことが知られ、神経疾患の治療薬としても使われているくらいです。
 首の不調は、本格的な神経疾患ほどではないにしても、首を通る神経が圧迫されて、ダメージを受けることで発症・悪化します。そのケアとしても、ビタミンB群の摂取を心掛けましょう。
 ビタミンB群は、身近な食品では、魚介類全般や卵黄、チーズ、レバーなどに多く含まれています。

神経のダメージを 防ぐことも大事

④カルシウム:強い骨を保つ

 強い骨を作り、保つのにカルシウムが重要なことは広く知られています。首の骨を健康に保つためにも、カルシウムは欠かせません。
 カルシウムは、神経伝達にも重要な役目をしていますので、その意味でも、しっかり取る必要があります。
 身近な食品では、シラスやシシャモ、ワカサギ、メザシなど骨ごと食べられる魚、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、コマツナなどの緑黄色野菜、大豆などに豊富です。

 以上のような食品を、日ごろから積極的に取ると、首の骨や筋肉を強化し、神経のダメージを防いで、首の不調の予防・解消に役立ちます。本格的な首の病気予防にもつながりますので、ぜひ心掛けてください。

勝野 浩
 1994年、浜松医科大学大学院博士課程修了。98年より現職。腰痛や四十肩などの一般的な整形外科はも
とより、スポーツ整形と骨粗鬆症に力を入れている。著書に『「O脚セルフ矯正」完全マニュアル』(マキノ出版)などがある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


肩こり 首こり

関連する投稿


骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【ストレートネック】めまいは「首のこり」の仕業―首のココを揉めば改善する

【ストレートネック】めまいは「首のこり」の仕業―首のココを揉めば改善する

医院に来られるめまいの患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首こり治療を指導します。原因がわからず、わらにもすがる思いで受診された患者さんにはストレートネックなど「首こり」が原因のことも。「首の3点もみ」でめまいを改善したケースをご紹介しましょう。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長)


【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

めまいといえば、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)や、メニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で、一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるのが一般的です。ただ、これらの診断基準が当てはまらない患者さんも少なくありません。【解説】入野宏昭(入野医院院長)


医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

体の健康維持のために、昔からいわれているのは「睡眠(休息)」「栄養バランスのよい食事」「運動」です。【解説】三井 弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング