【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

現在、日本では、40代の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障といわれています。しかし、その多くの人は、自分が緑内障だと気づいていません。【解説】平松 類(東大宮総合病院眼科科長)


緑内障の人は まぶたが冷えている!

 現在、日本では、40代の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障といわれています。しかし、その多くの人は、自分が緑内障だと気づいていません。自覚症状が出たときには、すでに病気が進行しており、失明する危険性もあるので、気をつける必要があります。

 緑内障を簡単に説明すると、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経が圧迫され、その障害が大きくなると、視野が欠けてくる病気です。
 原因は、ストレスや加齢が関係しているといわれています。まじめで責任感の強い人は、ストレスがたまりやすいので、注意が必要です。そのほか、近視や糖尿病、家族に緑内障のいる人なども、緑内障になりやすい傾向があります。また、ふだんの生活では、暗がりでの読書や、下を向くクセなどが、リスクを高める要因になります。

 緑内障は、眼底検査で見つけることができます。早期に発見されれば、点眼薬で進行をおさえられますから、特に、緑内障の危険因子の多い人は、定期的な眼科の受診をお勧めします。
 また、機能が低下した視神経を元に戻すことはできないので、緑内障とわかったら、今の目の状態を維持させることが大事です。そのため私は、点眼薬による治療だけでなく、日ごろのケアとして、患者さんに、目を温めることを勧めています。

 緑内障の患者さんは、たいていまぶたが冷えていて、血流が悪くなっています。そのせいで、涙の質が悪くなり、症状を悪化させる危険性があるのです。
 通常、涙は絶えず出ていて、目を潤し保護しています。ところが、涙の表面を覆っている油の層が少なくなると、涙を目にとどめることができず、目が乾燥してきます。それが続くと、目の奥が痛くなったり、見えにくくなったり、さらには頭痛を起こしたりします。
 涙の油は、上下のまぶたの内側にあるマイボーム腺から分泌されます。まぶたの血流がよければ、マイボーム腺からスムーズに油が分泌されます。しかし、まぶたが冷えて血流が悪いと、油が固まって分泌腺が詰まり、涙の質が悪くなるのです。

涙の質がよくなって 目が見えやすくなる

温め方をご紹介しましょう。

●目の温パック
❶ タオルを2本用意します。
❷ タオルを水に浸して軽くしぼり、電子レンジで温めます。
❸ 熱すぎない温度(40度前後)になったら、目を閉じてまぶたの上にのせます。冷めてきたら、もう一つのタオルに替え、合計で5分ほど温めます。
 心地よい温度で、目の油を緩やかに溶かし、広げるようなイメージです。これを朝と夜の2回行ってください。
 お勧めは、入浴中に行うことです。40度前後のおふろのお湯なら、目を温めるには適温だからです。

●まぶたさすり
 目を温めて血流がよくなったあとに、まぶたをさすると、油の分泌がさらに促されます。マイボーム腺は縦に通っており、まぶたの際から、油が分泌されます。その腺に沿って、油を押し流すように軽くさすります。
❶ 右目を閉じ、人差し指を横にして上まぶたに当て、上から下に軽くさすります。上まぶたの3ヵ所(耳寄り・中央・鼻寄り)を、3回ずつ行います。
❷ 右目を閉じたまま、人差し指を横にして下まぶたに当て、下から上に軽くさすります。やはり、3ヵ所(耳寄り・中央・鼻寄り)を、3回ずつ行います。
 ① ② と同様のことを、左目にも行います。
 注意してほしいのは、絶対にまぶたを強く押さないこと。

 こうしてまぶたを温めてさすると、目の血流がよくなり、涙の質が改善するだけでなく、リラックスできます。ストレスは緑内障を発症する原因の一つなので、リラックスしてストレスを解消できることも、緑内障の進行防止に役立つのです。
 このケアをきちんとしている患者さんは、明らかに緑内障の症状が改善しています。

 まず、「目が見えやすくなった」という人が多くいます。これは、低下していた実用視力(通常の視力検査のような一瞬の最大視力ではなく、日常的に見えている視力)が回復したということです。
 また、「眼圧が下がった」という人もいます。涙の質がよくなると、眼圧を下げる点眼薬が目にとどまりやすくなるため、眼圧も下がると考えられます。

 点眼薬には、薬液の腐敗を防ぐために防腐剤が入っています。防腐剤は、涙の質を悪くしてしまうので、点眼薬を使っている人は、特に目の温パックを行ったほうがいいのです。
 なお、アレルギーがあって、目にかゆみや腫れがある場合、目の手術をした直後は、目の温パックやまぶたさすりは行わないでください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

私の治療院には、緑内障の患者さんが数多く来られます。その患者さんたちを長年施術してきて、気づいたことがあります。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。【解説】山口康三(回生眼科院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング