【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


ツボ刺激と温熱刺激の、ダブル効果!

 皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。
 首の後ろは、健康の要といえる場所で、さまざまな治療に用いられています。整体やマッサージなどにおいても、首の後ろを刺激することは多いでしょう。
 近視や老眼、眼精疲労といった目の不調を改善するときにも、首の後ろへの刺激は有効です。

 それは、ちょうど首の後ろに、天柱と風池という、目の症状によく効く二つのツボがあるからです。
 天柱と風池は、ちょうどうなじの辺りに左右一対ずつあります。肩こりや、肩こりと連動した疲れ目の治療には、必ず用いるツボです。

 この二つのツボがある首の後ろを、直接もんだり押したりしてもけっこうですが、それ以上にお勧めなのが、入浴時のマッサージです。
 たっぷりとお湯を張った湯ぶねにつかり、湯ぶねのへりの部分に頭をのせてみてください。首の後ろに湯ぶねのふちが当たり、それが、ちょうどいい強さの刺激になります。とても気持ちよく感じられ、目の疲れが引いていくのがわかると思います。
 天柱への刺激は、骨や毛髪、生殖器などに働きかけて、老化を予防する働きもあります。さらに風池への刺激は、胃腸やホルモン代謝などにもよい効果をもたらします。

 ですから、目の疲れだけではなく、目を酷使して起こる近視や、加齢による老眼を撃退するのにも、大変効果的でしょう。
 さらに、湯ぶねにしっかりとつかって、体が芯から温まることによって、全身の血行が促進されます。血行が促されるのは、目やその周辺組織も例外ではありません。血流が改善すると代謝が活発になるので、目の疲労回復効果もより高まるでしょう。

背骨のゆがみが整い、目の機能が正常化

 これだけにとどまりません。背骨のゆがみ解消による、相乗的な効果も図れるのです。
 私たちの背骨は、体の左側から見て、緩やかなS字型であることが理想です。
 しかし、現代人の多くは背骨がゆがみ、このS字型がくずれてしまっています。パソコンやスマホなどが普及して、前傾姿勢を取ることが多くなったことや、慢性的な運動不足などがその原因でしょう。仕事や家事などで、毎日同じ姿勢を取り続けている人や、デスクワークが中心の人などは、特に背骨がゆがみがちです。

 背骨がゆがむと、背骨周辺の筋肉が緊張してしまい、血行不良や神経の圧迫につながります。この圧迫される神経には、自律神経も含まれます。
 自律神経とは、体の諸機能の根幹を司っている神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類から成り立っています。1日を通して、両者がバランスよく保たれることで、私たちの健康状態は維持されています。
 もちろん、目の機能も自律神経の影響を常に受けています。そのことから、自律神経のバランスが乱れると、視力にも悪い影響が及んでくるのです。
 湯ぶねのへりに頭をのせることで、自律神経の巡りがよくなり、そのバランスが改善されます。なぜなら、頸椎と頭蓋骨という二つの骨が矯正され、背骨のゆがみが整うからです。
 頸椎は首に位置する骨で、背骨の上端にあります。そして、その上には頭蓋骨がのっています。頸椎とその上に位置する頭蓋骨が矯正されることによって、背骨全体のゆがみ解消につながるのです。

 私も入浴時にはよく湯ぶねのへりに頭をのせ、目をつぶり、ホッと一息ついています。そうすると、目の疲れがスーッと抜けていくのがわかります。
 現代社会はなにかとストレスが多く、目にも大きな負担がかかっています。1日の終わりに湯ぶねにゆっくりとつかり、たまった目の疲れも、汚れといっしょに洗い流しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

首ネコ背は、1日3分ほど体操するだけで改善でき、視力の向上を期待できます。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな目の症状に効果のある首ネコ背を改善する体操を紹介します。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。血圧や血糖値が下がった、ダイエットできた、という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。この機会にぜひ作ってみてください。【料理】古澤靖子(料理研究家)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング