【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


目の内外の筋肉を鍛えて 目の周辺の血行を促進!

 近年、近視や老眼、乱視にお悩みのかたが多くなっていますが、その原因は、生活習慣の乱れにあります。
 電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。

 このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。さらに、食生活も乱れがちなので、目の周りの血行もよくありません。これらが、目の諸症状を引き起こすのです。
 しかし、一度身についた生活習慣を変えることは、容易ではありません。そこでお勧めなのが、目のエクササイズです。

 私は現在70歳ですが、裸眼で左右1・0を維持し、老眼の兆候もありません。その秘密が、昔から続けている目のエクササイズなのです。
 私はこれを、だれでも簡単に行える方法として体系づけ、「福辻式視力若返りエクサ」としてまとめました。

 福辻式視力若返りエクサは、ふだん使うことの少なくなった眼筋を意識的に動かすことで、短期間での視力の若返りを図るメソッドです。三つの動作で構成されているので、順番にご説明しましょう。

 まず一つめは、「ツボ押し眼球運動」です。これは、目と関連の深いツボ(太陽と魚腰)を刺激しながら、眼球をゆっくりと動かすエクササイズです。毛様体筋をはじめとする目の内外の筋肉を鍛え、目の周辺の血行を促します。
 毛様体筋は、レンズの役割となる水晶体の厚さを調節する筋肉のことで、目の内部にあります。

 この毛様体筋の働きが低下すると、ピントの調節機能が下がり、対象への焦点が合わなくなります。その結果、視力の低下のみならず、眼精疲労も誘発するのです。
 眼球をあらゆる方向に動かすことで、毛様体筋などの目の筋肉に負荷をかけ、ピントの調節機能を高めます。加えて、目に有効な2点のツボを押すことで、相乗効果を狙うのです。

新鮮な血液が供給され 肝臓の血流も良好に

 二つめが、首の最上部の骨である第1頸椎を緩める「頸椎ほぐし」です。

 目と第1頸椎には、深い関係があります。ここにコリがあると、目に新鮮な血液が送り込まれなくなり、血流の悪化につながるのです。視力の低下を防ぐうえでは、ここをじゅうぶんにほぐして、新鮮な血液を供給することが重要といえます。

 三つめは、右半身の肋骨の下にある肝臓を刺激する「肝臓もみ」です。東洋医学の考えでは、肝臓と目は作用し合っています。手で刺激して、肝臓の血の巡りをよくすることで、目の若返りを目指すのです。
 これら三つの動作を、1日につき3セットずつ行ってください。3セット続けて行っても、分けてもかまいません。日常の空いた時間をうまく利用してください。
 そして、最低1週間は続けましょう。あなたの視界も、しだいにクリアになりますよ。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

もう痛い目にあうのはごめんだったので、タバコはもちろん、医者が「アカン!」と言ったことは全部やめました。そんな僕が体調管理の1つとして始めたのが、耳ツボの「神門」を刺激する耳ひっぱりです。【体験談】田中昌之(元クリスタルキング・ロック歌手)


【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

私が「神門」という耳のツボを知ったのは、飯島敬一先生(NPO法人生活習慣病予防学術委員会理事)が主催する「神門メソッド」の体験会です。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング