脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


頭がふわふわするめまい。駅のホームから転落しそうになった!

 私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりするめまいに悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。
 まず、道を歩いているときによくフワフワ感があり、一人で外出することが、しだいに不安になってきました。

 いちばん恐怖を感じたのは、駅のホームを歩いているときです。混雑したホームで、急いで歩いていたら、ふらついてホームの端から転落しそうになったのです。
 また、美容院に行ったときにシャンプー台で体を倒されると、クラクラとしためまいが止まらなくなりました。自宅で髪を洗う際も、めまいが起こることがあり、いつもおそるおそるシャンプーをしていたものです。
 台所に立って、下を向いてキャベツを刻んでいるときなどに、フラッとすることもありました。

 こうしたつらいめまいが続いていたので、5年ほど前に、私は一度、脳神経外科で検査を受けました。
 すると、首の脊柱管狭窄症(脊髄などの神経が入った、背骨を通る管が狭くなる病気)と診断されたのです。その医師によれば、めまいも、首が原因で起こっているのだそうです。
 そして、狭窄を起こしているのが首なので、手術はできないともいわれました。治す手立てがなければ、これからもつらい症状を背負っていかなければならないわけです。私は、とても絶望的な気持ちになりました。

 そんな折、あるタウン誌を見ていると、松久正先生の鎌倉ドクタードルフィン診療所のことが載っていました。
 その情報によれば、手術は行わないし、薬もいっさい用いず、神経の流れを正す手技だけで、あらゆる症状を治してくれるとのことです。それを読んで、私はぜひ松久先生に診ていただきたいと思いました。

首の後ろを押す「ピンポイント療法」で耳鳴りが治った!

【関連記事】ピンポイント療法のやり方

 初めて松久先生の診療所を訪れたのは、2012年1月でした。最初に、レントゲン写真を撮ってもらうと、私の首は5㎝ほど前に曲がっていることがわかりました。やはり、首に問題があったようです。
 神経の流れをチェックしてもらったあと、「必ずよくなるので、任せてください」という松久先生の言葉を聞いたときは、どんなにホッとしたか知れません。

 神経の流れを正す治療を受け、先生から、「ピンポイント療法」を教えてもらいました。ピンポイント療法とは、腹式呼吸をやりながら、左右どちらかの首の後ろを押すという、自分でもできる治療法です。私の場合、押すポイントは左側と、先生に教えていただきました。
 診療所での施術は、2週間に1回なので、その間、自分でピンポイント療法を行うと、改善効果が高くなるとのことです。
 その日から、暇を見つけては、ピンポイント療法に励みました。電車に乗っているときなどは、始終、首の後ろを押しました。

 これを毎日続けていると、だんだんとめまいの頻度が少なくなっていきました。そして、診療所を訪れて2〜3ヵ月がたったころからでしょうか、めまいが起らなくなったのです。
 今年に入ってからは、料理をしているときのふらつきや、道を歩いているときのフワフワ感も、全くなくなりました。おかげで、駅のホームを歩くときも、人をよけながら、どんどん歩けるようになったのです。

 ところで、私は、以前は耳鳴りもありました。トントンといいう軽い音で、それほどひどくはなかったのですが、夜寝るときに気になっていたのです。そんな耳鳴りも、ピンポイント療法を始めてからは起こらなくなりました。
 ちなみに、最近はめまいがしなくなったので、ついピンポイント療法をやるのを忘れてしまうことがあります。すると、体調が悪くなることもあるので、また毎日欠かさずにやらないといけないと、自分にいい聞かせています。

 とはいえ、もう以前のようなつらいめまいに悩まされることはありません。めまいがあったときは、外出するのが不安で、家に閉じこもりがちでしたが、今では自信を持って一人で外出できます。おかげで、「新しい洋服を買いに行こう」などという、楽しい気持ちにもなれました。

脊柱管狭窄症で滞った 神経の流れもよくなる(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長 松久 正)

 めまいも、根本的には神経の流れの乱れからきています。一般の病院に行っても、診察する際にそれをチェックできないので、なかなか治らないのです。
 その点、ピンポイント療法を行うと、脊柱管狭窄症で滞っていた神経の流れがよくなります。その結果、田所さんのように、めまいが改善するのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【お酢は体に良い】医師の体験談「酢玉ねぎ」のおかげで便秘が治りダイエットに成功

【お酢は体に良い】医師の体験談「酢玉ねぎ」のおかげで便秘が治りダイエットに成功

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日で、便秘がち。疲れがたまると、左耳に「キーン」という高音の耳鳴りが起こります。こうした体調不良を、一気に、しかも大きく改善させたものが酢タマネギでした。便秘も解消し、6kg痩せることもできました【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング