【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。十数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


正常眼圧緑内障も 進行をおさえられる

 私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。
 十数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。
 しかも、そのコリを鍼でほぐすと、高かった眼球内の圧力(眼圧)が下がったり、視界がクリアになったりする患者さんが相次ぎました。

 その経験から考案したのが、首の後ろのツボをこする「首こすり」です。
 それ以来、私は緑内障の患者さんに、必ず首こすりを自宅で行うように勧めています。それを実践された患者さんからは、緑内障の症状が軽減していると、大変喜ばれています。

 まずは、そういう患者さんの例をご紹介しましょう。
 Tさん(69歳・女性)は3年前、孫と遊んでいて転倒し、左目を強打しました。眼科で検査してもらうと、眼圧が30mmHg(基準値は10〜21mmHg)と高く、緑内障と診断されました。
 その眼科で手術を勧められたそうですが、手術はしたくないと、点眼薬で治療しながら当院の鍼治療を受けるようになりました。自宅でも首こすりを続けた結果、眼圧は18mmHgに低下。その後、緑内障が進行することはなく、目の状態も良好です。

 首こすりは、眼圧は正常なのに緑内障の症状が現れる、正常眼圧緑内障にも有効です。
 ある日、目にピカッと閃光のような光を感じて眼科を受診したFさん(70歳代・女性)は、眼圧は15mmHgと高くないのに、緑内障と診断されました。Fさんにも、首こすりを勧めたところ、眼圧は11mmHgに下がり、10年たった今も、緑内障特有の視野狭窄は出ていません。

 Iさん(81歳・女性)も正常眼圧緑内障と診断された一人です。検査では、右目の上のほうにわずかに黒い影が認められました。2年前、ふだんは14mmHg前後だった眼圧が、突然30mmHgに跳ね上がってしまいました。原因は不明です。
 その後、点眼薬や漢方薬による治療で、眼圧は最も下がったときで15mmHg。以前のようには、もうひとつ安定しません。そこで、不安になったIさんは、当院を受診しました。
 鍼治療とともに、自宅では首こすりを行ったところ、翌日には眼圧が13mmHgに下がり、安定するようになりました。

 緑内障は、眼球の中を流れる房水という水が何らかの理由で滞り、眼圧が上がって視神経が障害を受ける病気です。進行すると視野が欠けていき、失明することもあります。しかも、障害を受けた視神経や欠けた視野は、現代の医学をもってしても元に戻らないといわれています。
 ところが、このように首こすりをすると、緑内障の進行がおさえられたり、目をよい状態に保ったりすることができる人もいるのです。

飛蚊症にも効く!目の疲れが取れる!

 首こすりは、後頭部と首の境目にあるツボと、攅竹という目のツボの2ヵ所を刺激するものです。首のツボは、私が発見したツボで、「内田式脳点」と呼んでいます。

 目のツボが目によいことはわかりますが、なぜ首のツボに効果があるのか、不思議に思われる人も多いでしょう。しかし、発生学の観点から見ると、目と脳には密接な関係があるのです。

 発生学とは、簡単にいうと、受精卵が子宮に着床してから胎児になるまでの過程を研究する学問のことです。受精卵が分化する初期の段階では、子宮の中に皮膚があり、その中に脳と脊髄が浮かんでいます。脳からは細い糸のようなものが出ており、それが目になり、やがて脳の中に収まっていきます。
 つまり、目は脳の一部なのです。したがって、首の後ろ(脳)を刺激すれば、目の症状が改善することは、じゅうぶん考えられることなのです。

 この首こすりをすると、ほとんどの人が「目がスッキリして、視界が明るくなる」「目の疲れが取れる」といいます。これは、目の周囲の血流がよくなるからです。
 首から後頭部にかけて、太い動脈が走っています。後頭部と首の境目にある「内田式脳点」の2点をこすると、この動脈の流れがよくなり、脳血流が改善します。その結果、目の周囲の血流もよくなります。

 また、攅竹のツボは、疲れ目、視力の低下、飛蚊症、まぶたの腫れなどに効くツボです。ここを押すと脳の緊張がほぐれ、目がリラックスします。
 このように、首こすりをして目の周囲の血流がよくなり、目の緊張が取れれば、滞っていた房水の流れもよくなり、眼圧が下がる可能性があります。

 日本人は正常眼圧緑内障が多く、緑内障の約7割を占めるといわれています。正常眼圧緑内障は、数値は正常でもその人にとっては眼圧が高いということですから、その人の適正値まで下げる必要があります。眼圧が適正になれば、緑内障の進行もおさえられると思われます。
 ただし、緑内障は失明することもある怖い病気ですから、必ず眼科の検査を定期的に受け、点眼薬などの治療も続けてください。それを補助する家庭療法として、首こすりはとても有効だと思います。

内田輝和
 1970年、関西鍼灸柔整専門学校卒業。74年、東洋医学系教員養成課程修了後、普通科教員資格を得る。同年、鍼メディカルうちだ開業。87年、関西鍼灸短期大学非常勤講師として東洋医学系を担当。95年、鍼メディカルうちだ東京治療院開業。2013年、倉敷芸術科学大学生命科学部教授に就任。著書に『お尻美人になりたい』(マキノ出版)ほか多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた「毒」を排出することが大切です。そこで、道場を訪れる人に断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが「番茶シップ」です。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


【緑内障が改善】私は「耳こすり」で視野が元どおりに 高い眼圧も正常化した

【緑内障が改善】私は「耳こすり」で視野が元どおりに 高い眼圧も正常化した

20年前、緑内障(視野が欠けたり狭くなる病気)であることがわかりました。以前から、私には虹彩炎(目の黒目の部分に炎症が起こる病気)があり、眼科に通っていました。診察で、眼圧が25mmHgもあることがわかったのです(正常値は10~21mmHg)。【体験談】中沢英明(無職・76歳)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

疲れ目、老眼、近視、緑内障、飛蚊症など、なんらかの目の不調に悩んでいる人に、私がぜひお勧めしたいのが「ペットボトル呼吸」です。底に穴を開けたペットボトルをくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけの簡単な呼吸法ですが、視力改善に大きな効果を発揮します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)