【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました(基準値は10〜【体験談】松島佳代子(仮名●広島県●59歳●パートタイマー)


眼圧が上がり続け 失明の不安を抱いた!

 40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。そのころ、メガネを買い替えたばかりだったので、メガネが合わないのかと思い、眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。

 幸い、まだ初期だということで、眼圧(眼球内の圧力)もそんなに高くはありませんでした。当時の眼圧は忘れましたが、目薬をさすようになって、眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました(基準値は10〜21mmHg)。
 私は、両目とも眼圧が高いといわれましたが、緑内障と診断されたのは左目だけで、少し視野欠損(見えないところ)があるそうです。しかし、右目も眼圧は高いので、目薬は両目にさしています。

 このようにして、最初のうちは目薬で眼圧をコントロールできていたのですが、年々少しずつ上がって、両目とも20mmHgに近づいてきました。そのため、目薬の種類も増加。2013年からは、ついに3種類になり、眼科医からは、もうこれ以上ふやせないといわれてしまいました。

 このまま進行したら、手術になったり、失明したりするかもしれません。私は、眼科の治療だけでは不安になってきました。そんなころ、緑内障に鍼治療で成果を上げているという、内田輝和先生の記事を知り、2014年5月から、先生の治療院に通うようになりました。
 内田先生の話では、緑内障の人の多くは首の後ろがこっているそうです。私もこっているといわれ、指でこすることを勧められました。そのとき教えていただいたのが、「首こすり」です。

20ミリあった眼圧が 15ミリに下がった!

 首こすりは、頭の後ろの出っ張った骨の下にあるツボを、人差し指と中指をそろえて左右にこするというものです。私は、指でこすることもありますが、たいていはローラー式の美顔器を使ってこすっています。

 首こすりをするのは、目薬をさすときです。目薬は、毎日、朝晩の2回さしますが、さしてから5分間はじっとしていなければなりません。
 その時間を利用して、美顔器であごや首の周辺をマッサージするのですが、そのときに、首の後ろも2〜3分、美顔器を左右にコロコロ転がしてこすります。最初のころは、首こすりをすると、目が見えやすくなったような気がしました。

 こうして鍼治療を受け、首こすりも始めて2〜3ヵ月たったころです。眼科医も驚くほど、眼圧が下がりました。いつも20㎜Hgあったのに、両目とも15mmHgになったのです。
 また、目がよく見えるようになりました。
 私は毎朝、会社に行ってすぐはき掃除をするのですが、今まで床に落ちている髪や小さいゴミにあまり気づきませんでした。ところが、そういう小さいゴミがよく目につくようになったのです。

 その後、少し眼圧が上がってしまい、右目が18mmHgで、緑内障である左目が15mmHgです。しかし、視野欠損も進行しておらず、日常生活で不便を感じることはありません。
 まだ、眼圧が高いことには変わりがないので、これ以上悪くならないように、自分でできることは何でも行いたいと思っています。もちろん、首こすりも続けていきます。

目や脳の血流が回復し 目が見えやすくなる(倉敷芸術科学大学教授 内田輝和)

 緑内障の患者さんは、ほぼ全員といっていいほど、首の後ろがこっています。松島さんも、こってかたくなっていました。これは、首の後ろの動脈の流れが悪くなっている証拠です。
 首こすりをすると、首の後ろの動脈の流れが促進され、目や脳の血流も回復します。そのため、視界が明るくなり、目が見えやすくなります。松島さんは、ローラー式の美顔器で首こすりをしていますが、後頭部の骨の出っ張りにローラーを密着させてこするようにしてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

私の治療院には、緑内障の患者さんが数多く来られます。その患者さんたちを長年施術してきて、気づいたことがあります。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。【解説】山口康三(回生眼科院長)


耳鳴り、難聴、めまいに大効果! リンパの流れをよくするセルフケア

耳鳴り、難聴、めまいに大効果! リンパの流れをよくするセルフケア

私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

現在、日本では、40代の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障といわれています。しかし、その多くの人は、自分が緑内障だと気づいていません。【解説】平松 類(東大宮総合病院眼科科長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング