【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

アトピーの人は、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごにあるリンパ節を指で押すと多くの人が強い痛みを感じます。これは、健康状態を確かめる指標として診察時に行っている検査法です。そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーの症状は改善するだろうと考えました。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


特徴は、眠くなる、寝起きが悪い、イライラしやすい、 疲れやすい、甘いものが欲しくなる

 アトピー性皮膚炎の人に対し、私はさまざまな生活改善の指導やアドバイスを行っています。その一つが、首を温めることです。首を温めると、自律神経(体の諸機能を調整する神経)のうち、活動時に働く交感神経の過緊張がおさえられるからです。

 アトピーの人は、日常的に、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごの骨の内側にある顎下リンパ節を指で押すと、多くの人が強い痛みを感じます。
 これは、健康状態を確かめる一つの指標として、私が診察時に行っている検査法です。自分で顎下リンパ節を押さえるときは、あごをひいて、親指の腹で、あごの骨に向かって内側から押します。すると、アトピーの人は健康な人に比べて、より強い痛みを感じるのです。皮膚の状態が悪い人ほど痛みは激しく、軽く押さえただけでも「飛び上がるほど痛い」といいます。

 顎下リンパ節は、顔に最も近い場所にあるリンパ節です。体に侵入した菌は、リンパによって処理されますが、口や鼻からは多くのウイルスや菌が入ってくるため、顎下リンパ節は大忙しです。指で軽く押さえただけで痛むということは、リンパがかなり疲弊している証拠です。

 そして、顎下リンパ節を押して痛みのある人には、共通して次のことが当てはまります。
 ①昼間眠くなる。② 朝、寝起きが悪い。③ 夜、寝つきが悪い。④イライラしやすい。⑤ 肩こりがある。⑥ 疲れやすい。⑦ 甘いものが欲しくなる。⑧ よくあくびが出る。
 これらは、交感神経が緊張しているときに起こる現象です。

 そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーは改善するだろうと考えました。その考えに基づき、約20年前、星状神経節にレーザー光を照射する治療法を、アトピー患者さんに初めて行ったのです。
 星状神経節とは、首の長さを3等分した下から3分の1で、中心から左右に1〜2cm外側にある、交感神経の中継所といわれている場所です。ここにレーザー光を当てると、交感神経の緊張が緩むことは、医療界ではよく知られています。

 16〜47歳の男女45人にこの治療を試みたところ、約7割に明確な効果が認められました。睡眠状態が改善し、アトピー特有の皮膚の赤み、皮膚のかゆみなどが改善したのです。その後、781例のアトピー患者さんに同様の治療を行い、同じく好結果が出ています。最近ではアトピー性皮膚炎のほか、難治性の多くの皮膚疾患でも同様の方法を試み、好成績を得ています。

首の後ろから前面まで全体を温める

 しかし、このレーザー治療だと、病院でしか治療を受けられません。そこで、これと同じような効果が期待でき、家庭で簡単にできるように考案したのが、タオルで首を温める「蒸しタオル療法」です。

 そのやり方は、とても簡単です。まず、タオル(30cm×70cm大)1枚を用意します。それを水に浸して強くしぼり、ラップに包んで、電子レンジに1分ほどかけます。
 温かくなったタオルを取り出し、ラップを外して、縦に1回、横に1回折ります。それを、首全体をおおうようにして、約5分間、首を温めてください。
 蒸しタオルの温度は、40度ぐらいを目安にするといいでしょう。レーザー光の場合、頸椎(首の骨)がじゃまをしないよう首の前面から当てますが、蒸しタオルで温める場合は、首の後ろから前面まで、全体をおおうようにします。使い捨てカイロをタオルに包んで、首を温めてもいいでしょう。ヤケドにはくれぐれも注意してください。

 首を温めるととても気持ちがよく、交感神経の過緊張がおさえられて、副交感神経が優位になります。すると、イライラしていた感情が穏やかになり、夜もよく眠れるようになります。生活全般のバランスが整い、顔や首の、かゆみや赤みも、しだいにおさまっていくでしょう。

甘いものが欲しくなったら果物、砂糖は極力控える

 なお、睡眠や食事など、ふだんの生活習慣を改めることも重要です。
 まず、夜型中心の生活スタイルの人は、それを改めて、朝8時から昼12時までは必ず起きているように心がけましょう。昼食後に眠くなったら、2〜3時間なら寝てもかまいません。

 食べ物は、1日3食のリズムを守ってください。甘いものが欲しくなったら果物、のどが渇いたら水かお茶、おなかがすいたらおにぎりやうどんなどをとるといいでしょう。砂糖の入った飲み物や食品は、控えてください。
 健康状態がよくなれば、甘いものに対する欲求が減少し、顎下リンパ節を押しても、あまり痛まないようになっているはずです。毎日、蒸しタオル療法を行い、症状の回復にぜひお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

実は、朝食の内容は眠りの質に大きくかかわるのです。「トーストとサラダとコーヒー」という朝食は、サラダを食べているので、一見、ヘルシーなメニューにも感じられるかもしれません。しかし、よい眠りを得るためには、ある栄養成分が圧倒的に不足しているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

最近、体を温めることが、盛んに推奨されています。しかし、ただ体を温めるより、いったん体を冷やしたほうが、もっと体が温まることをご存じでしょうか。氷水に手を入れると、手は急激に冷えますが、その後一気に温かくなります。これは、冷えた手を温めようと、手にたくさんの血液が集まるからです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)