【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

脊柱菅狭窄症は、脊柱管が狭くなっているすべての人に症状が出るわけではありません。狭くなっていても、脊柱管の血流が十分であれば、痛みが出ることはないのです。その血流が阻害され、流れが滞ることで、痛みが出るのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


腰部脊柱管狭窄症が原因の、腰からお尻にかけての激痛が改善した!

 腰部脊柱管狭窄症は、腰や足に強い痛みやしびれが現れ、なかなか治りにくい、やっかいな疾患です。当院に来られる患者さんは、他院の治療を受けてよくならなかったり、手術を勧められたりといった、重度のかたが少なくありません。

 腰部脊柱管狭窄症は、腰椎(背骨の腰の部分)の1番から5番までの脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている神経(馬尾神経など)が圧迫されて起こる疾患といわれています。

 しかし、脊柱管が狭くなっているすべての人に症状が出るわけではありません。狭くなっていても、脊柱管の血流が十分であれば、痛みが出ることはないのです。その血流が阻害され、流れが滞ることで、痛みが出るのです。

 通常、血流の一部が遮断されると痛みが出て、ほぼ完全に遮断されるとしびれが出てきます。つまり、痛みよりしびれのほうが重症だということです。
 しかし、私たちが治療に取り入れている「遠絡療法」を行うと、100%近いかたの症状が、その場で軽快します。手術を回避できるのです。

 遠絡療法は、西洋医学と東洋医学を融合させ、発展させた新しい療法で、医師の故・柯尚志先生が考案されたものです。
 一見、東洋医学の経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)を使った治療と似ていますが、治療の考え方や方法は、全く異なります。

 人間の体の中には、血液、リンパ液、ホルモン、髄液など、「生体の流れ(ライフフロー)」があります。この流れが滞りなく循環することによって、生命は維持され、体は健康を保つことができます。これが滞ると、ちょうど川の流れがせき止められるように、大事なものが流れなくなって、痛みやしびれの症状が出てきます。

 遠絡療法では、この滞った生体の流れを正常に戻すことにより、痛みやしびれの症状を取っていきます。
 では、実際に遠絡療法で症状が改善した患者さんの例をご紹介しましょう。

●Aさん(50代・男性)
 Aさんは、腰を反らしたり回したりすると、右の腰からお尻にかけて激しい痛みがあり、病院で腰部脊柱管狭窄症と診断されていました。
 ゴルフ好きのAさんは、腰痛用のサポーターを巻いて、だましだましゴルフに行っていたそうです。しかし、それもしだいに難しくなりました。そこでAさんは、1日も早く治してゴルフを楽しみたいと思い、当院の遠絡療法を受けました。
 1回めの治療で、腰を回したときの痛みが消え、2回めの治療後は、ゴルフに行っても痛みが出なくなったそうです。Aさんは大喜びでしたが、腰の状態をMRI(核磁気共鳴画像)で確認すると、まだ脊柱管は狭いままです。
 しかし、その後も腰やお尻に痛みが出ることはなく、なんと、東京マラソンにも参加できたそうです。

狭窄している部分の血流が改善するので、痛みやしびれが軽くなる

 遠絡療法には、局所性と中枢性の、二つの治療があります。
 痛みが局所性のものである場合、その局所に対応するポイントを探し、そこを刺激することで治します。痛みが出ている腰や足に対応する治療で、対症療法といえます。

 一方、中枢性は、実際に現れている症状の背後に隠れている、大本の原因を取り除く治療です。腰部脊柱管狭窄症の場合、痛みやしびれに対応する脊髄レベルの治療となり、根本療法といえるものです。

 この両方からアプローチすることで、どんな痛みやしびれも、一時的な改善ではなく、治癒に導くことができるのです。
 遠絡療法は、治療ポイントと治療のやり方を覚えれば、自分で行うことができます。

 患者さんが腰部脊柱管狭窄症の場合、腰椎の4番と5番が狭窄し、血流が悪くなっていることが多いので、その部分の血流をよくする「腕の2点もみ」を勧めています。
 これを行うと、狭窄している部分の血流が、その場で改善するので、痛みやしびれが即効的に軽くなります。

 また、しびれが特に強い場合は、しびれのある側の足の治療点も刺激すると、格段に楽になります。
 私の経験では、1回の治療で80〜100%の痛みを取ることができます。自分で行っても、70%くらいは痛みが取れるはずです。ですから、ぜひ試してください。

 腕の2点もみのやり方は、図解を参照してください。
 ①は腰椎の4番と5番の血流をよくする治療ポイント、②はその外側の流れをよくする治療ポイントです。①と②をそれぞれ、30回行ってください。

 基本的にはいつ行ってもかまいませんが、痛みのあるときに行うと即効性が期待できます。また、経絡のツボが開いている時間帯に行うと、より効果が大きくなります。腰部脊柱管狭窄症の場合は、15〜19時です。

 遠絡療法を行い、いったん痛みが消えても、難治性の場合は、症状が再発することがあります。しかし遠絡療法をくり返すうちにだんだん痛みが起こる頻度が減り、やがて消えていきます。症状が完全に取れるまで、続けてください。

小泉正弘
 1949年、台湾生まれ。台北医学大学薬学部卒業。78年、長崎大学医学部卒業後、長崎大学熱帯医学研究所内科を経て、東京女子医科大学母子医療センター助教。元・北京中医薬大学客員教授。2009年、遠絡医学の創始者、柯尚志医師に出会い、遠絡療法の優れた効果に驚愕。以後、遠絡療法を学び、普及に努める。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)


【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

足がしびれる、太ももの外側からお尻にかけて痛む、間欠性跛行がある―このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング