【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

「朝、トイレで倒れた」といって来院した男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことは知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


単なる便秘が命にかかわることもある

「朝、トイレで倒れた」といって来院した30代の男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。
 このように、高齢者だけでなく、若い人でもトイレで倒れることがあります。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことはよく知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。

 朝、排便のためにトイレに入ったものの、スムーズに便が出ずにいきむと、血圧が上昇します。冒頭の男性のように、一時的なめまいで治まればいいのですが、脳の血管に異常が起こったら命にかかわります。トイレで脳卒中を起こすこともあるのです。
 つまり、便が固まり、いきまないと出ない状態は、単なる便秘では済まされないのです。

 循環器の医師である私が、「スムーズに排便する方法」を紹介する理由は、そこにあります。私は、西洋医学のみならず、東洋医学にも範囲を広げ、治療方針を立てています。できるだけ薬を使わず、患者さんの負担をへらすためです。

 そのなかの一つが、ツボ療法です。治療ではハリを使いますが、患者さんが自己療法として日常的に実践できるように、手でツボを刺激する方法を考え、勧めています。

 今回ご紹介するのは、トイレ中の脳卒中を防ぎ、スムーズな排便を促すツボ刺激です。簡単で効果が高いので、ぜひ毎日の習慣にしてください。
 洋式トイレを使用する人は、便座に腰かけてから行うといいでしょう。和式トイレの人は、トイレに入る前に、楽な姿勢で行ってください。

 まず、手のひらを見てください。手のひらと手首の間に、横ジワがあります。この横ジワの下、小指寄りの辺りに、スムーズな排便を促す特効ツボが密集しています。
 このエリアに、反対側の手の人差し指、中指、薬指を手首に当てて、こすってください。「気持ちいい」と感じる程度の強さで、縦にこすりましょう。

 どうして、これらのツボをこすることで、お通じがスムーズになるのでしょう。

 写真を見てください。手首の内側(手のひら側)の小指寄りには、神門、陰郄、通里、霊道というツボが並んでいます。これらのツボは、いずれも心臓病の特効ツボとして知られているものです。
 特に神門は、「神が出入りする重要な門」という意味を持ち、精神活動のバランスを取るツボとされます。イライラしているときや、興奮状態のとき、極度の緊張に見舞われたときなどに、このツボを刺激すると気持ちが穏やかになるのです。

 心臓に負担がかかった状態のときや、イライラしているときは、血圧が高くなっています。
 ですから、手首のツボ刺激でこれらの負担を解消すれば、当然、血圧も下がります。トイレでの脳卒中の予防も期待できます。

 それに、手首のツボを刺激すると、内臓や血管を調整する自律神経のうち、休息時に働く副交感神経が優位になります。心身が休息モードになると、胃や腸などの消化器の動きが活発になって便意を催し、肛門括約筋が緩みます。要するに、排便がしやすくなるのです。

 また、トイレでの排便を促すには、手のひらをこすり合わせることも有効です。手のひらにある労宮と少府というツボを刺激するからです。
 労宮は、血流をよくする効果があり、少府はイライラを鎮める特効ツボです。手首のツボと併せて刺激することで、副交感神経が優位になり、スムーズな排便につながります。

 便秘がちな人、いきまないと排便できない人は、トイレで1分ほど、拝むように手のひらをこすり合わせてみてください。手を大きく上下にこすり合わせると、手首のツボまで刺激でき、より効果的です。ぜひ、お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

循環器の医師である私が「スムーズに排便する方法」を紹介するには理由があるのです。高齢者だけでなく若い人でもトイレで倒れることがあり、トイレでの事故は 非常に多いのです。便が出ずにいきむと、血圧が上がります。ここではトイレで行う快便のツボをご紹介します。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング