ガサガサかかと放置しないで!【足の裏みがき】で脳が活性化!よく眠れ、冷えも解消!

ガサガサかかと放置しないで!【足の裏みがき】で脳が活性化!よく眠れ、冷えも解消!

頭脳明晰なままに長生きするには、足裏の感覚を鋭敏にすることが重要です。その方法としてお勧めする「足裏みがき」をご紹介します。最近の研究では、足裏みがきが、脳活性化以外にも新たな効果をもたらすことも判明しました。【解説】黒川伊保子(感性リサーチ代表)


余分な角質が取れ、足裏の感覚が鋭くなる

 私たちの脳は、二足歩行になったことで、目覚ましい進化を遂げてきました。直立した二足歩行では、手の指が自由に使えます。また、四足歩行に比べて、不安定な体を上手に制御する必要が生じました。それらの要因が、空間認知と身体制御をつかさどる小脳を発達させたのです。

 加えて、足裏がさまざまな刺激を受けるようになります。その豊富な足裏からの情報が、脳を活性化させたのです。

 私たちの足裏の神経は、地面の傾きや段差、すべり具合、靴や靴下、ストッキングをはいたときの感覚など、歩行時に多くの情報を脳に伝えてくれます。

 それを脳が瞬時に処理し、どのように体を動かすべきかの指令を、全身の各部位に向けて出します。それにより、私たちは不安定な道でも、転ばずに歩くことができるのです。

 ロボットは、人間のようには細やかな動きはできません。これは、足裏の感覚と脳とが、人間ほど密接につながっていないからです。

 私たち人間も、年齢を重ねるにつれ、歩き方がぎこちなくなったり、ちょっとした段差でつまずきやすくなったりします。これは一般的には、加齢による筋力低下が原因だと考えられていますが、それに加え、足裏の感覚が鈍くなっていることも大きな一因でしょう。

「歩けなくなるとボケる」とはよくいわれますが、それはまさに、歩行時の足裏からの情報がなくなることによって、脳が衰えてしまうからなのです。

 そのため、頭脳明晰なままに長生きするには、足裏の感覚を鋭敏にすることが重要です。その方法としてお勧めなのが、足裏をブラシでみがくことです。

 足裏をブラシでみがくと、刺激が脳に伝わり、脳が活性化してボケを防ぎます。加えて、余分な角質も取れるので、足裏の感覚もより鋭くなるのです。

全身の毛細血管が再生し冷え症も改善

床に置く形の足裏ブラシもある

 最近の研究では、足裏みがきが新たな効果をもたらすことも判明しました。
 上の表をご覧ください。足裏をブラシで刺激すると、血液中の酸素濃度が上がっているのがわかります。
 
また、別の実験によれば、足裏をみがくことによって、足裏以外にある毛細血管も再生することも確認できました。
 
 毛細血管は、私たちの健康を維持するうえで、重要な器官です。老化などによって、毛細血管が傷ついたり、欠損したりすると、その部分には酸素や栄養素がじゅうぶんに届かなくなります。それが、病気や痛みの原因になることがあるのです。

 足裏みがきで、血中の酸素濃度が上がり、全身の毛細血管が再生すれば、健康維持に役立つことは間違いありません。

 さらに、足裏みがきには冷え症改善の効果もあります。被験者に足裏みがきを1ヵ月続けてもらったところ、ほぼ全員がひざ下の体表温度が上昇し、日常的に冷えを感じにくくなったのです。いずれの実験も、床に置く形の足裏ブラシで行いました。

 私自身も、足裏みがきを実践していますが、さまざまな健康効果を実感しています。なかでも特に感じるのが、睡眠の質の向上です。足裏みがきを習慣にする前と比べ、明らかに睡眠が深くなり、翌朝スッキリとした気分で起きられるのです。おかげで、疲れもたまりにくくなりました。

 両足の足裏全体を、1分ずつブラシでみがいてください。毎日続ければ、体が変化していくのを感じられるはずです。

黒川伊保子
1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業後、14年にわたり人工知能の研究開発に従事。2003年、(株)感性リサーチを設立。人工知能の研究成果をマーケティングに導入し、感性分析の第一人者となる。近著に『家族脳:親心と子心はなぜこうも厄介なのか』(新潮社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


不眠 足裏みがき 冷え性

関連する投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)