【牛乳は健康にいいのか悪いのか】牛乳は腸を汚して、ガンや動脈硬化、婦人科疾患を招くと医師が警鐘!

【牛乳は健康にいいのか悪いのか】牛乳は腸を汚して、ガンや動脈硬化、婦人科疾患を招くと医師が警鐘!

牛乳に含まれるたんぱく質は、消化できないα型のカゼインが中心です。腸の中を汚したり、アレルギーの原因、発がん物質にもなりえます。また日本人の75%は乳糖不耐症であり腸の状態が悪化します。現代人を悩ます病気や症状には牛乳が関係していると考えられます。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


腸に慢性炎症を起こし ガンや動脈硬化を招く

「健康のために、毎日牛乳を飲んでいます」
「冷蔵庫に牛乳を欠かしたことはありません」

 こういう家庭は、とても多いと思います。学校給食でも必ずといっていいほど、毎日牛乳が出ます。赤ちゃんに牛乳を飲ませるように育児指導する栄養士も、少なくありません。

 戦後の食糧難の時代には、牛乳は確かに栄養補給の一助になったことでしょう。しかし、今では乳製品には多くのリスクがあり、それがさまざまな病気の原因になっていることがわかってきています。

 もう「牛乳神話」は崩壊させなければいけません。そのことを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

 そもそも、牛乳はウシの赤ちゃんの飲み物です。そこに含まれるたんぱく質は、人間が消化することのできないα型のカゼインが中心です。そのうえ、人間が飲む状態の牛乳は、加熱殺菌されているため、たんぱく質の分解に必要な酵素も死滅しています。体に入っても分解できないたんぱく質は、未消化物となって腐敗し、腸の中を汚したり、アレルギーの原因となったり、発ガン物質を発生させたりします。

 また、日本人の75%は乳糖不耐症です。このため、牛乳などの乳製品をとると便秘や下痢を起こし、腸の状態が悪化します。
 カゼインは、胃の中でミネラルの吸収障害を起こすこともわかっています。

 特に、乳製品は鉄不足を招きやすいので要注意です。鉄は、赤血球やコラーゲンの材料で、酵素活性を促します。不足すると、体が冷えやすく、疲れやすくなります。また、粘膜障害からカゼをひきやすくなったり、胃腸の状態も悪くなったりします。

 こうして、免疫細胞の70%が存在するといわれる腸が不健康になると、当然、免疫力は低下します。腸が常に荒れているということは、慢性炎症があるということです。慢性炎症は、動脈硬化やガンなど、さまざまな病気の危険因子になります。

 腸にトラブルがあると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまう「リーキーガット症候群」を引き起こします。各種アレルギー疾患や、関節リウマチなどにもつながります。

 また、牛乳は人間が飲むと、胃での吸収障害のほかに、カルシウム不足を招くことが報告されています。未消化物が血液に入ると体内が酸性化し、それを本来の弱アルカリ性に戻すために、骨からカルシウムを溶かし出すのです。

 カゼインの分解が不完全だと、脳内モルヒネの働きをするペプチド(たんぱく質が分解されアミノ酸が連なったもの)が生まれます。これは、落ち着きがない、奇声をあげるなど、子供の多動症だけでなく、大人の精神的不安感なども呼び起こします。

 さらに、乳製品はリンを多く含む食べ物です。リンには物質を硬くする作用があり、動脈硬化や腎障害の原因になります。

 牛乳に過剰に含まれる女性ホルモンや、ウシの赤ちゃんが1日1㎏体重をふやすために必要な成長ホルモンは、乳ガン、前立腺ガン、卵巣嚢腫、子宮筋腫のリスクファクターとしても知られています。

 いかがですか?人間が牛乳を飲むことには、こんなにたくさんの弊害があるのです。現代人を悩ませる病気や症状に、乳製品が関係していることは、かなり多いのかもしれません。

健康のために牛乳を 毎日飲むのはやめよう

 実際に、私のクリニックでも、乳製品をやめて症状が改善した人はたくさんいます。

 例えば、女性に多い「便秘を解消するためにヨーグルトを食べている」という人は、乳製品をやめることで、かえって便秘が解消することがあります。

 50代の男性は、遅延型アレルギー(アレルギー反応が数時間から数日間、あるいは数週間たって起こるもの)の検査で、乳製品に陽性と出たため、乳製品をとることをやめてもらいました。すると、関節の腫れやうずきなどの、関節リウマチの症状が改善しました。

 婦人科系の疾患では、乳製品をやめてもらうことを鉄則にしています。やめた人のなかには、生理不順が改善した人や、卵巣嚢腫が7㎝から2㎝に縮小した20代の女性などもいます。

 給食で牛乳を出すのをやめた小学校では、子供が落ち着いた、アトピーの子がへった、学力が上がったなどという話も聞いています。

 もちろん、乳製品が原因と考えられる疾患やアレルギーがなければ、牛乳をたまに飲むぐらいは問題ありません。ただ、「健康のために毎日飲む」という考えは、今すぐやめるべきです。ましてや、今は牛乳だけでなく、乳製品を使った洋食やお菓子などがあふれています。

 口を潤すための飲み物は、水かお茶がいちばん。必要な栄養は食べ物からとって、乳製品は嗜好品として、たまにとる程度にするのが得策でしょう。

→なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか

 関西医科大学卒業。医学博士。総合内科、腎臓内科、ホメオパシーの専門医。大学病院・総合病院で臨床・研究後、クリニックを開設。自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と、西洋医学、心のケアなどを統合的に駆使し、難治性疾患の治療を行う。日本自律神経免疫治療研究会会員。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

日本には近年、体が冷えている人が急増しています。私たちのクリニックで患者さんの体温を測ると、ほとんどの人が35℃台で、中には34℃台の人もいます。約50年前の日本人の平均体温は36.8℃でしたから、わずか半世紀で体温が約1℃も下がってしまったのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

酢タマネギのアレンジレシピ「ポークソテー酢タマネギソース」「酢タマネギジャーマンポテト」「酢タマネギ和風トースト」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング