股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


体のアンバランスで起こる痛みを取る

 もともと私たちの体は、左右のバランスが完全ではありません。そのうえ、体の使い方にクセがあると、バランスはさらにくずれます。

 バランスがくずれていても、体は自然と姿勢を保とうとします。その結果、左右のどちらかの足の筋肉に、不合理な負荷がかかってしまうのです。そうすると、負荷のかかった足は正しく機能しなくなり、正しく歩けなくなります。

 これが、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。足の不自然な動きを矯正し、不合理な負荷をなくして、正しく歩けるようにするのが、これらの関節の痛みを根本的に解決する道です。
 そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたいというのが、本音でしょう。そういう場合にお勧めなのが、足の甲刺激です。

 足の甲刺激は、私が体系づけた「ペイン・シフト」理論に基づく治療法です。これは、痛み(ペイン)がある状態を、痛みのない状態に変換(シフト)する理論です。長年悩まされていた痛みが、その場で消失することも少なくありません。

 ここでは、特に股関節痛にテーマをしぼって、足の甲刺激のやり方をご紹介しましょう。
 まず、体のアンバランスによって不合理な負荷がかかっている側の足を見分けます。正しく機能していない側の足をN足(ネガティブ)、正しく機能している足をP足(ポジティブ)と呼んでいます。
 
 これを見分ける方法が、「片足立ちチェック法」です。
 まず、両足を腰幅程度に開いて立ちます。次に、左足の足裏を右ひざの内側につけて、右足で片足立ちします。視線は正面に、手は腰に当てたり、後ろに組んだりして固定し、手でバランスを取らないようにしてください。
 右足の足裏の内側のライン(かかと、土踏まず、親指)に重心をかけるようにして、体がぐらつくかどうか確認します。同様に、左足でも行い、右足と左足とで体のぐらつきぐあいを比べます。
 バランスの取りにくい側の足が、N足です。足の甲刺激は、N足に行います。

慣れるまでは指先で強い力で押すとよい

 刺激する足の甲のポイントの位置を説明しましょう。刺激する位置は、股関節の痛みの出方によって三つに分けられます。三つとも、足の甲の骨の上です。足の指の骨を足首に向かってたどったとき、指のつけ根から足首の手前までの骨を、中足骨といいます。三つのポイントは、それぞれ第2指、第3指、第4指の中足骨の上になります。

❶ 股関節を伸ばしたときに股関節が痛む場合
 足の第2指の中足骨を3分割した足首側で、中足骨の真上にあるポイントを刺激します。

❷ 股関節を曲げたときに股関節が痛む場合
 第3指の、① と同じ位置にあるポイントを刺激します。

❸ 歩行時に股関節に突き上げるような痛みがある場合
 第4指の、① と同じ位置にあるポイントを刺激します。

 足の指から足首に向かって、骨をたどってみてください。3分の2のところ、足首寄りがポイントです。周辺を指先で押すと、ほかとは違った特異な痛みを感じる場所があるはずです。
 探す際には、かかとだけを床につけたまま、足の裏を床から浮かせ、足を緊張させないで、指で探ると、ポイントを特定しやすいでしょう。

 足の甲の刺激は、手の指先をポイントに当てて押します。点を押すというより、少し広いゾーンを押せばいいでしょう。慣れてきたら、ボールペンの先や、先が丸いはしなどで、ピンポイントに刺激すると、効果が高まります。
 指先やボールペンの先を皮膚に対して垂直に当て、痛みを感じる程度の強い力で、10〜20秒間ギューッと押してください。
 1日に、何度行ってもかまいません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


股関節の痛み【変形性股関節症の手術】歩けないほど悪化した場合の最新手術はコレ

股関節の痛み【変形性股関節症の手術】歩けないほど悪化した場合の最新手術はコレ

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

よく耳にする「骨盤のゆがみ」や「骨盤のずれ」。しかし、実際に骨盤そのものが変形しているケースはほとんどありません。それよりも問題となるのが「骨盤の後傾」で全身のさまざまな痛みや症状の原因となるのです。痛み取りとして、健康法として、またダイエット法として、骨盤起こしをぜひお試しください【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

私は40歳から農業を始めました。それまで力仕事の経験があまりなく、体には負担がかかっていたのでしょう。しだいに痛みが出始め、深刻な腰痛に悩まされるようになったのです。朝は目が覚めても、腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができませんでしたが、「ほのまき体操」で改善しました。【体験談】宮澤杉郎(自営業・65歳) 


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)