頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭痛の予防や改善に効果を現すのが、アキレス腱をもむ方法です。頭痛撃退の「アキレス腱もみ」のやり方をご説明します。【解説】鳴海理恵(VE&BI治療院院長・気血免疫療法会理事)


「頭熱足寒」を「頭寒足熱」にする!

 私たちの体には、気という一種の生命エネルギーが流れていると、東洋医学では考えます。気がスムーズに流れていれば健康ですが、どこかで滞ると不調が現れ、病気になると考えられているのです。

 多忙な現代人は、過度な緊張やストレス、頭の使いすぎで、気の流れが悪くなっている場合が多いようです。この場合、神経が高ぶって、頭部に気や血液が上ってしまっています。

 これはまさに、頭熱足寒の状態といえるでしょう。健康の理想とされる頭寒足熱と、逆になっているわけです。
 頭痛や肩こりも、この頭熱足寒が原因で起こります。その痛みやコリを和らげるために、患部の頭や肩をもんでも、簡単には症状はよくなりません。

 そんなときに、東洋医学では「上の病気を下で治す」という考え方があります。特に、頭痛の予防や改善に効果を現すのが、アキレス腱をもむ方法です。アキレス腱の周辺には、昆侖、申脈、太谿、照海などの重要なツボが密集しているからです。

 これら四つのツボは、腎経と膀胱経のツボで、ここを刺激することで、上った気を、下ろすことができます。それによって、上半身の症状を取るのに威力を発揮します。

【昆侖】昆侖は外くるぶしの後ろで、アキレス腱の前にあります。膀胱経のツボで、頭痛やめまいに効き、強い腰痛にも効果があります。
【申脈】申脈は外くるぶしの真下。膀胱経のツボで、やはり頭痛やめまい、腰痛に効くほか、不眠解消にも役立ちます。
【太谿】太谿は内くるぶしの後ろで、アキレス腱の前にあります。腎経のツボで、気を活性化し、腎臓機能を高め、免疫力を向上させます。
【照海】照海は内くるぶしの真下にあります。腎経のツボで、利尿作用や生理痛・生理不順の改善に効果を発揮します。
 くるぶしの後ろや下にある、これらの四つのツボは、ツボが体表に近いので反応が出やすく、強い効果を発揮します。

排便・排尿もスムーズになる

 ツボは刺激の加え方によって、効果が変わります。ツボは小さな穴のようになっており、その部分にきちんと当たると、ズンと響くのがわかるはずです。その部分にきちんと刺激が入ることで、大きな効果が得られるのです。

 したがって、理想的なのは、四つのツボをそれぞれ15秒ずつ押していく方法です。

 ただし、それでは大変と感じる人は、アキレス腱を親指と人差し指でつまみ、くるぶしの後ろ側から下までを、30〜60秒ほどもみほぐすといいでしょう。こうすると、ツボが体表に上がってきやすくなり、四つのツボを効率よく刺激できます。

 あまり強くもみすぎるとストレスになりますし、弱すぎては刺激が伝わりません。少し痛いけれど気持ちがいいくらいの力で、もんでください。

 重要なポイントは、上から下に向かってツボを押し込むことです。上下に少し揺さぶりながら、かかとの骨に当てる感じです。すると、上っていた気が下がりやすくなります。頭痛に悩んでいる人は、のぼせが解消して、症状が軽快するでしょう。また、頭痛の予防にもなります。
 ちなみに、四つのツボは膀胱経と腎経のツボで、水をつかさどっています。アキレス腱もみをやると水分代謝が上がって、排便、排尿がスムーズになります。特に腎経は、女性に多い、冷えのあるむくみの解消にも効果的です。

 これらのツボを刺激して腎を強化すれば、体内の毒を排出する力が強くなり、アンチエイジングにも効果的です。
 また、アキレス腱もみで、末端である足までの気や血の通りがよくなるので、腰痛や座骨神経痛も改善するでしょう。
 不眠の改善にも有効です。不眠の大きな原因の一つは、神経が高ぶって頭に気が上ることがあります。気を下げれば神経が鎮まり、ぐっすりと眠れるようになってきます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛の治し方 不眠 むくみ

関連する投稿


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【美肌をつくる】肌は鍛えて強く育てよ!瞬時に透明感「水肌パッティング」とは

【美肌をつくる】肌は鍛えて強く育てよ!瞬時に透明感「水肌パッティング」とは

私の使命は、きれいになりたいという女性を応援し、最善の方法を提示することだと思っています。そこで今回は、年を重ねた女性が、素顔で歩けるような美肌をつくり出す「水肌パッティング」をご紹介します。【解説】アケミ.S.ミラー(Akemi.S.Millerビューティースタジオ主宰)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)