歯の激痛には【鎮痛ツボ】で応急処置を!驚くほど歯や歯茎の痛みが消失する!

歯の激痛には【鎮痛ツボ】で応急処置を!驚くほど歯や歯茎の痛みが消失する!

歯痛には、歯そのものの痛みと、歯茎の痛みがあります。歯の痛みには象牙質に染みる知覚過敏と、虫歯が進行して炎症した歯髄炎があります。一方、歯茎は、疲れや、体調の悪いときなどのストレスによって歯茎が炎症を起こして痛むのです。治療までの間、応急処置として手足の鎮痛ツボをもむといいでしょう。【解説】落合義徳(落合歯科医院院長)


我慢できない痛みがスーッと和らぐ!

 歯がズキズキ痛む、染みる、歯茎が腫れて痛い、こんな症状があったら、つらいですね。すぐに歯科医院に行ければいいのですが、夜中に痛みだしたりすると、しばらくの間、痛みに耐えるしかありません。

 そんなときの応急処置として、よく効くのがツボ刺激です。手足にある歯痛に効くツボをもむと、我慢できないような痛みでも、スーッと和らいで楽になることが多いのです。

 歯痛は、歯そのものの痛みと、歯茎の痛みに分けられます。

 歯の痛みは、主に虫歯や知覚過敏によるものです。知覚過敏は、歯の根もとの象牙質が露出することで、歯が染みて痛みを起こすものです。虫歯が進行して、歯の内部にある神経(歯髄)まで炎症を起こす歯髄炎になると、激しい痛みが発生します。

 一方、歯茎の痛みは、疲れているときや、体調の悪いときに出やすく、ストレスとも深い関係があります。疲れから循環障害や感染が起こると、歯茎が炎症を起こして痛むのです。

 どのようなケースも治療は必要ですが、それまでの間、次の手足の鎮痛ツボをもむといいでしょう。いずれも、痛い側の手や足をもんでください。

●手の鎮痛ツボ(商陽)
 手の指の商陽というツボが歯の鎮痛ツボです。商陽は、人差し指の爪のつけ根の、親指側にあります。特に、下の歯と歯茎の痛みに効くといわれていますが、私が患者さんに試したところ、上の前歯6本にも効果があることがわかりました。
❶ 歯の痛みのある側の商陽のツボの辺りを、反対側の手の親指と人差し指ではさみます。
❷ 親指の腹を商陽に当てて、ゆっくり10回押します。
❸ 痛みが取れないときは、親指の爪を立てて5回押します。
❹ 最後にもう一度、親指の腹でゆっくり10回押します。
 歯や歯茎に痛みがある人は、血液がドロドロになっていることが多く、それが指先にたまりやすくなります。商陽を刺激すると、そのドロドロの血液を散らすことができ、痛みが楽になります。

●足の鎮痛ツボ(内庭)
 足にある歯の鎮痛ツボは内庭です。内庭は、足の甲側の第2指と第3指の分かれめにあります。上の歯と歯茎の痛みによく効くのが特長です。
❶ 内庭のツボの辺りを、手の親指と人差し指で上下にはさむようにつかみます。
❷ 親指の爪の角を内庭に当て、上からギュッと5回押しま
す。
❸ 親指の腹で、上からゆっくり10回押します。
 ポイントは、❷で親指の爪の角で刺激することです。内庭のツボをピンポイントで刺激でき、より効果が上がります。

「エッ」驚くほど痛みが取れた人もいる

 これらの手足の鎮痛ツボに加え、アキレス腱部分をもむと、足の血行がよくなり、循環障害から起こる歯茎の痛みが軽くなります。

 アキレス腱を手指でつまむように持ち、アキレス腱の下からふくらはぎの少し下まで優しくもみほぐします。
 私は、歯痛で来られる患者さんには、口の中を診るだけでなく、手足もさわってこうしたツボ刺激を行います。人によっては、「エッ」と驚かれるほど、痛みが取れることがあります。

 また、遠くに引っ越した患者さんが歯痛で困っているときも、遠隔治療として、電話でこうしたツボもみを教えています。

 この歯痛を取る方法は、私のホームページのコラムでも紹介しています。遠方から来られた患者さんに「歯が痛いとき、コラムを見てツボもみをしたら、激痛がたちまち治まりました」といわれたこともあります。

 このように、即効的に痛みが消えることもありますが、すべての人に同じように効くとは限りません。それに、ツボもみで虫歯や歯髄炎が治るわけではありません。歯痛があったら、必ず歯科医に診てもらってください。また、皮膚粘膜の弱い人は、ツボもみをやりすぎないように注意しましょう。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯科医が教える】「歯が痛い!」によく効く鎮痛ツボ ― 治療中の痛み、歯周病、歯科恐怖症にも有効

【歯科医が教える】「歯が痛い!」によく効く鎮痛ツボ ― 治療中の痛み、歯周病、歯科恐怖症にも有効

手の甲にある「合谷」は、歯の痛みによく効くツボとして有名です。合谷を刺激しながら治療を行うことで患者さんの不安や恐怖心を取り除き、治療中の痛みや、麻酔の量を減らせます。合谷は、治療後の回復や歯周病の治癒も早める、まさに歯科にはうってつけのツボなのです。【解説】福岡博史(医療法人社団明徳会福岡歯科理事長・医学博士)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング