【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


自律神経の乱れを調える「爪もみ」

 私のクリニックでは、現代医学に限らず、東洋医学的な治療法を積極的に取り入れ、目の不調の回復に役立てています。

 今回ご紹介する爪もみも、東洋医学の考えに則ったもので、爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることにより、老眼などに対して、高い改善効果を発揮します。井穴は、気(東洋医学でいうエネルギーのこと)が出入りする重要な場所とされ、ここを刺激することにより、気の流れがよくなり、自律神経のバランスが整うのです。

 自律神経とは、臓器や血管、筋肉といった体の諸器官の働きを自動的に調整している神経のことで、交感神経と副交感神経という2種類によって成り立っています。

 交感神経は、体が緊張した状態のときに働く神経で、体を活動モードへと導きます。よって、主に昼間に働きが高まります。
 一方の副交感神経は、体がリラックスした状態のときに働き、体を休息モードへと導きます。こちらは、主に夜間に働きが高まります。1日の中で、両者がバランスよく保たれることによって、体の諸機能は正常に働いているのです。もちろん目に対しても、大きな影響を与えています。

 しかし、現代の私たちの生活は、昼夜問わずストレスだらけです。常に緊張状態にさらされているため、交感神経が優位な状態が長時間続き、体はいつまでも休息モードになりません。
 交感神経が優位な状態が続くと、目のピント調節機能を支えている毛様体筋の機能が低下してしまいます。それにより、目のピントがどんどん合わなくなり、老眼の症状が進むのです。

 そのため、ふだんから積極的に副交感神経を高めるようにして、自律神経のバランスを整える必要があります。それに役立つのが、爪もみなのです。

 ちなみに、自分が交感神経側に傾いているかどうかは、眼球の中央にある瞳孔と、その周囲の虹彩の大きさを観察するとよくわかります。瞳孔は、眼球に入る光の量を調整している場所で、一般的に「瞳」と呼ばれるところです。虹彩は、瞳孔の周りにある色のついた部分のこと。交感神経が優位になると、瞳孔は大きくなり、虹彩は収縮して、瞳が大きくなるのです。

老眼や近視の視力がアップ!緑内障や飛蚊症にも効果的!

 爪もみのやり方は、とても簡単です。両手の爪の生え際を、反対側の手の親指と人差し指ではさみ、各指を10秒間ずつ押しもみするだけ。爪の生え際は、神経が密集する部位なので、ここを押すことによって、刺激が瞬時に自律神経へと伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが整えられます。

 実際に、爪もみのおかげで、老眼と近視が大きく改善したかたもいらっしゃいます。
 60代女性のAさんです。Aさんは55歳のころに、物が見えづらいのを自覚するようになりました。眼科に行って検査をすると、老眼の症状が進んでおり、老眼鏡を作る必要があったのです。視力も、右目が0.7、左目が0.2にまで下がっていました。
 それが、爪もみを始めたところ、徐々に物がよく見えるようになり、半年後には、老眼鏡なしでも小さな文字が読めるようになったのです。爪もみを始めて2年めには、0.2だった左目の視力が0.5に、3年めには1.2にまで向上しました。

 爪もみは、老眼や近視のほか、緑内障や飛蚊症といった症状にも効果的です。
 爪もみとともに、日常生活のなかで、あまり目を酷使しないことも重要です。パソコンやスマホを長時間見るのは避け、空など、遠くの景色を意識的に眺めるようにしましょう。そのような心がけが、目をいつまでも健康に保ってくれるのです。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

自律神経を整え、末梢の血流をよくし、発毛を促進する「爪もみ」のやり方をご紹介します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

私の治療院には、緑内障の患者さんが数多く来られます。その患者さんたちを長年施術してきて、気づいたことがあります。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング