【大学教授監修】目の特効ツボ「光明」は足にある!緑内障にも有効

【大学教授監修】目の特効ツボ「光明」は足にある!緑内障にも有効

眼底血流をふやし正常眼圧緑内障に効果のあるツボ「光明」。このツボを刺激して、眼底血流量を増やすやり方をご説明します【解説】矢野忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)


どの特効ツボよりも効果が高かった!

「目に光明をもたらす」という、その働きからつけられたと考えられる、「光明」という足のツボがあります。目の健康に役立つツボはいくつかありますが、目の特効ツボとして、私が特に注目しているツボです。

 光明は、足の外くるぶしのやや上に位置し、目からは遠く離れています。遠く離れた位置のツボがほんとうに目に効くものだろうかと、疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。

 そこで、私は、いくつかの実験で調べてみました。
 第1の実験では、光明のツボを置鍼で刺激して、それによって眼底血流量がどう変化するかを計測しました。実験の結果、光明への刺激によって、眼底血流量が有意(明らか)に増加することがわかりました。

 次に、足にあるいくつかのほかのツボと比較。足にあるほかのツボでも、光明と同様の効果が出るかもしれないと思い、確かめることにしました。

 その結果、足のほかのツボは、ほとんど目に影響を与えていませんでした。光明だけが、飛び抜けて眼底血流量をふやすとわかったのです。

 さらに私たちは、3番めの実験を行いました。
 目の特効ツボとされる、手の合谷や腕の曲池などとの眼底血流量の比較です。合谷は、手の親指と人差し指の骨の交わるところで、曲池はひじにあって、腕を曲げたときに親指側に現れるシワの先端です。

 結果は、合谷なども、刺激すると確かに眼底血流量が増加します。しかし、どの目の特効ツボも、光明ほど眼底血流量がふえることはなかったのです。
 こうした実験結果から、光明は昔からいわれてきたとおり、目に対して非常によい影響を及ぼすツボであることが確かめられました。

眼底血流量が増加し視機能が高まる!

 光明を刺激すると、眼底の血流量が増加することがわかりました。これは、眼底に限らず、目全体や周辺組織の血行も改善されるということで、視機能が高められることは間違いありません。眼精疲労の解消や視力アップの効果など、多くの効果が期待できると考えられます。

 また、正常眼圧緑内障では、眼底の血行が顕著に低下するとされています。そこで眼底の血流量を上げる光明への刺激は、正常眼圧緑内障にも有効ではないかと考えられるのです。

 ところで、光明への刺激がこのような効果をもたらすのは、なぜでしょうか。
 東洋医学的には、目と関連が深いのは、肝とされています。光明は、胆経という経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)に属するツボですが、胆経は、肝経という経絡と表裏一体の関係にあります。そのため、胆経の光明への刺激が、肝経の気の流れをよくし、目の働きを高めるのではないかと考えられるのです。

 また、西洋医学的には、光明への刺激は、脊髄(脳と体の各部を連絡する組織)を通じて、一度、脳にまで上り、次に脳から顔面神経を介して、目の血管でNO(一酸化窒素)の産生を促すと推測されます。NOには、血管拡張作用がありますから、それで眼底などの血流量も増加するのではないでしょうか。

 では、光明のツボの探し方を説明しましょう。
 外くるぶしの先端と、ひざを深く折ったとき、ひざ裏にできるシワのラインとを結びます。この線分を16に分割して、下から5番めの高さです。おおまかにいえば、この線分を3分割したとき、下から3分の1のやや下になります。この高さで、脛骨と腓骨という足の2本の骨のうち、後方の腓骨の前へりに、光明が位置しています。
 光明は、手の指でもんでもかまいませんが、より有効なのはつまようじでの刺激です。つまようじ10本を輪ゴムでしっかりと束ねます。これを使って、光明のツボを軽くトントンとたたきます。時間は、30秒〜1分間。ツボの位置の皮膚が赤くなってきたら、それで刺激はじゅうぶんです。この刺激を1日に数回くり返しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


緑内障 眼精疲労

関連する投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた「毒」を排出することが大切です。そこで、道場を訪れる人に断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが「番茶シップ」です。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


【緑内障が改善】私は「耳こすり」で視野が元どおりに 高い眼圧も正常化した

【緑内障が改善】私は「耳こすり」で視野が元どおりに 高い眼圧も正常化した

20年前、緑内障(視野が欠けたり狭くなる病気)であることがわかりました。以前から、私には虹彩炎(目の黒目の部分に炎症が起こる病気)があり、眼科に通っていました。診察で、眼圧が25mmHgもあることがわかったのです(正常値は10~21mmHg)。【体験談】中沢英明(無職・76歳)


【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

疲れ目、老眼、近視、緑内障、飛蚊症など、なんらかの目の不調に悩んでいる人に、私がぜひお勧めしたいのが「ペットボトル呼吸」です。底に穴を開けたペットボトルをくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけの簡単な呼吸法ですが、視力改善に大きな効果を発揮します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)