「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


体の調整力を高めれば、めまいは軽減できる!

 めまいは、西洋医学的には、天井がグルグル回る回転性めまい、体がふらつく浮動性めまい、立ちくらみを起こす起立性めまいなどに分類されます。

 しかし、東洋医学ではそういう分け方はしていません。
 めまいは、体の調整力が低下して起こる症状群の一つとしてとらえられています。ですから、体の調整力を高めれば、軽減できると考えられています。

 では、体の調整力とはなんでしょうか。
 その基本にあるのは、自律神経です。自律神経は、意志とは無関係に体の諸機能を調節している神経です。心身を活動状態にする交感神経と、休息状態にする副交感神経で成り立っており、この二つがバランスを取りながら働いています。

 人間は強いストレスを受けると、ストレスに反応して交感神経が高まり、副交感神経が抑制されます。通常、ストレスがなくなれば、自律神経のバランスも元に戻ります。しかし、人によっては、交感神経が緊張したまま、戻らなくなってしまうことがあります。
 すると、体の調整力や治癒力が低下して、めまいをはじめとする、さまざまな自律神経の失調症状が起こってくるのです。

 そこで、自律神経のバランスを安定的に保つことが大事になります。そのとき、私が最もよく使うツボが、手首にある外関です。手首を反らせると、手首の甲側にシワができます。そのシワのほぼ真ん中から、指の横幅2本分ひじ寄りにあるのが外関です。
 その外関を優しくさする「手首さすり」を行うと自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まるのです。

息を吐くときにだけ手首をさする

 手首さすりをするとき、次の三つの条件がそろうと、その効果は最大限に発揮されます。

●軽い皮膚刺激
 皮膚表面を優しくさする皮膚刺激は、副交感神経の働きを高めます。逆に筋肉を押すような強い刺激は、副交感神経の働きを制御してしまいます。

●息を吐きながらの刺激
 副交感神経の働きは、息を吐いたときに高まり、吸ったときに抑制されます。

●座った姿勢での刺激
 座った姿勢は、これから活動を始める「スタンバイ」の姿勢で、交感神経の働きを高めます。

 自律神経のバランスを整えるとき、一般的には、抑制された副交感神経を高める刺激を行います。しかし、手首さすりでは、息を吐きながら皮膚刺激をすることで、副交感神経を相乗的に高めるとともに、座った姿勢で行うことで、交感神経の働きも高めます。

 なぜかといえば、両方の神経が高まることによって、強い緊張度を持った自律神経をつくることができるからです。
 自律神経は、交感神経と副交感神経がバラバラに働いているわけではありません。二つの神経は同時に高くなったり低くなったりしながら緊張関係を保ち、生命活動を営んでいます。
 健康な人は、交感神経も副交感神経も高く、なおかつ両者が強い緊張度でバランスを保っています。ですから、強いストレスを受けても、揺らぐことのない安定感で、強い調節力を保てるのです。

 では、手首さすりのやり方を紹介しましょう。
❶ 楽な姿勢で座り、反対側の手の人差し指、中指を外関に当てます。
❷ 息をゆっくり吐きながら、外関を軽くさすります。息を吸うときは、さするのをやめてください。これを20呼吸ほどの回数続けます。

「さあやるぞ」などと気負うと、効果は半減します。気楽に、リラックスした状態で行ってください。行う腕は、どちらか一方でかまいませんが、痛みやしびれなどのない側に行ってください。
 手首さすりは、めまいだけでなく、不眠や耳鳴り、のぼせ、頭痛、食欲不振、手足のしびれなど、自律神経失調症に伴うあらゆる症状に効果が期待できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

私の歯科医院では、あごや歯の治療と並行して、足の指の調整を行い、症状の改善に効果を上げています。足の指の調整を行って、体のゆがみを取り除くことで、症状の再発を防ぐこともできるのです。【解説者】笠茂享久(笠茂歯科医院院長)


【頭痛を改善するセルフケア】「足の指もみ」で血流アップ!病院で治らなかった頭痛が続々改善

【頭痛を改善するセルフケア】「足の指もみ」で血流アップ!病院で治らなかった頭痛が続々改善

すべての患者さんに必ず行うものが足の指ほぐしです。患者さんのほとんどは、足指の刺激をセルフケアとして毎日自宅で行っています。施術の直後に「体が温かくなった」「目がスッキリして視界が明るい」「肩と首のコリが取れた」「頭重感が消えた」といった実感があるからでしょう。【解説者】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院・銀座院院長)


【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング