「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


体の調整力を高めれば、めまいは軽減できる!

 めまいは、西洋医学的には、天井がグルグル回る回転性めまい、体がふらつく浮動性めまい、立ちくらみを起こす起立性めまいなどに分類されます。

 しかし、東洋医学ではそういう分け方はしていません。
 めまいは、体の調整力が低下して起こる症状群の一つとしてとらえられています。ですから、体の調整力を高めれば、軽減できると考えられています。

 では、体の調整力とはなんでしょうか。
 その基本にあるのは、自律神経です。自律神経は、意志とは無関係に体の諸機能を調節している神経です。心身を活動状態にする交感神経と、休息状態にする副交感神経で成り立っており、この二つがバランスを取りながら働いています。

 人間は強いストレスを受けると、ストレスに反応して交感神経が高まり、副交感神経が抑制されます。通常、ストレスがなくなれば、自律神経のバランスも元に戻ります。しかし、人によっては、交感神経が緊張したまま、戻らなくなってしまうことがあります。
 すると、体の調整力や治癒力が低下して、めまいをはじめとする、さまざまな自律神経の失調症状が起こってくるのです。

 そこで、自律神経のバランスを安定的に保つことが大事になります。そのとき、私が最もよく使うツボが、手首にある外関です。手首を反らせると、手首の甲側にシワができます。そのシワのほぼ真ん中から、指の横幅2本分ひじ寄りにあるのが外関です。
 その外関を優しくさする「手首さすり」を行うと自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まるのです。

息を吐くときにだけ手首をさする

 手首さすりをするとき、次の三つの条件がそろうと、その効果は最大限に発揮されます。

●軽い皮膚刺激
 皮膚表面を優しくさする皮膚刺激は、副交感神経の働きを高めます。逆に筋肉を押すような強い刺激は、副交感神経の働きを制御してしまいます。

●息を吐きながらの刺激
 副交感神経の働きは、息を吐いたときに高まり、吸ったときに抑制されます。

●座った姿勢での刺激
 座った姿勢は、これから活動を始める「スタンバイ」の姿勢で、交感神経の働きを高めます。

 自律神経のバランスを整えるとき、一般的には、抑制された副交感神経を高める刺激を行います。しかし、手首さすりでは、息を吐きながら皮膚刺激をすることで、副交感神経を相乗的に高めるとともに、座った姿勢で行うことで、交感神経の働きも高めます。

 なぜかといえば、両方の神経が高まることによって、強い緊張度を持った自律神経をつくることができるからです。
 自律神経は、交感神経と副交感神経がバラバラに働いているわけではありません。二つの神経は同時に高くなったり低くなったりしながら緊張関係を保ち、生命活動を営んでいます。
 健康な人は、交感神経も副交感神経も高く、なおかつ両者が強い緊張度でバランスを保っています。ですから、強いストレスを受けても、揺らぐことのない安定感で、強い調節力を保てるのです。

 では、手首さすりのやり方を紹介しましょう。
❶ 楽な姿勢で座り、反対側の手の人差し指、中指を外関に当てます。
❷ 息をゆっくり吐きながら、外関を軽くさすります。息を吸うときは、さするのをやめてください。これを20呼吸ほどの回数続けます。

「さあやるぞ」などと気負うと、効果は半減します。気楽に、リラックスした状態で行ってください。行う腕は、どちらか一方でかまいませんが、痛みやしびれなどのない側に行ってください。
 手首さすりは、めまいだけでなく、不眠や耳鳴り、のぼせ、頭痛、食欲不振、手足のしびれなど、自律神経失調症に伴うあらゆる症状に効果が期待できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


最新の投稿


首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

耳の症状に見舞われた場合、内耳に問題があると考え耳鼻科に通う人がほとんどでしょう。しかしいくら薬を飲んでも、治療を受け続けても、よくならないケースは珍しくありません。それもそのはず。そうしたケースに悩んでいる人は、根本的な原因が、首に潜んでいる可能性が高いといえます。【解説】劉 莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士)


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング