お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

ヨガというと、体を動かす広いスペースや、落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、指を使うだけの非常にシンプルなヨガです。いつでもどこでも、簡単にできます。【解説】深堀真由美(深堀ヨガスクール主宰)


即効性がある!下腹がスッキリ!

 ヨガというと、体を動かす広いスペースや、落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、指を使うだけの非常にシンプルなヨガです。いつでもどこでも、簡単にできます。

 ヨガは、約5000年前にインドで発祥し、その後、いろいろな実践法に枝分かれしながら、世界じゅうに広まりました。
 そのなかで、最もポピュラーなヨガが、一般的によく知られている「ハタヨガ」です。これは、主に心身の調整を目的に行うヨガといわれています。

 これに対し、筋肉の強化や精神力の向上を目的としたヨガが「リリヤヨガ」といわれています。それをヒントに、2004年、私が考案したのが指ヨガです。発表当初から大好評で、多くの人に支持されてきました。
 指ヨガの特長は、その即効性にあります。個人差はありますが、便秘や手足のむくみなどに、効果がよく現れます。
 しかも、毎日続けることで、ダイエットに成功したという声が、数多く寄せられています。
 その一部をご紹介しましょう。

「12kgやせてひざ痛と便秘が解消した」(50代・女性)

「頑固な便秘が解消して5kgやせ、ウエストにくびれが出現」(20代・女性)

「お菓子を食べつつ5kgやせ、めまいも消えた」(70代・女性)

「体重が5kgへって、高血圧と腰痛も治癒」(60代・男性)

「4.5kgやせて、腰周りがほっそりした」(20代・女性)

「5kgやせて、下腹がスッキリした」(30代・女性)

 皆さん、食事療法などはせず、おなか周りを中心に、やせていらっしゃるようです。

脂肪の代謝が高まり毒素が排出される

 指ヨガを行うと、低下していた内臓機能が活性化し、全身の血流と、脂肪の代謝が高まります。また、私たちの意志とは無関係に内臓や血管を調整する自律神経も、指ヨガを行うことでバランスが整います。
 その結果、毒素が排出されて全身の循環がよくなり、自然と適正体重になったり、不快症状が改善したりするのです。

 なお、東洋医学(中国医学)のツボや気(生命エネルギー)の考え方は、インドから伝わったという説もあります。インド医学と東洋医学には共通点が多く、指を重視するのもその一つです。指には、東洋医学と同様、多くの重要なポイント(マルマ)が集まっているとされます。

 指ヨがのやり方は、いたって簡単です。難しいテクニックは、全く必要ありません。左右の手の指どうしを合わせ、押し合うだけ。
 このときに、深い呼吸をするのがポイントです。丹田という、へそ下約9cmの奥を意識しながら、呼吸をしましょう。この丹田呼吸と合わせ、指どうしを押し合うと、気と血液の循環がよくなります。

 指を押し合うことで指先に圧の高い状態が生まれ、気が集まります。これにより、気の循環が高まり、心身のバランスが整うのです。このことも、ダイエットにつながります。
「ヨガには興味があるし、やってみたいけれど、体がかたいので難しいポーズは無理」と思っているかたにも、お勧めです。体に過度の負担をかけることがないので、関節痛のあるかたや高齢のかたでも、気軽に行うことができます。

 指ヨガは、朝昼晩に3セットずつ、毎日行うのが原則ですが、最初は1セットから始めましょう。毎日少しずつでも、続けることが大事です。無理をせず、行いやすい時間やセット数から始め、徐々に回数をふやしていくといいでしょう。

深堀真由美
深堀ヨガスクール主宰・ヨガ研究家・インドヨガ協会認定インストラクター。全身の気血の流れを促し、細胞をリフレッシュさせる「ブリーズィングヨガ」を提唱。呼吸を深め、心身の調和を育むことを重視している。著書に『やせる!きれいになる!指ヨガ』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

50℃みそ汁は、50℃の湯でみそを溶きます。そのため、高温では活性を失ってしまう酵素の効果を余すところなく食べられるのです。※酵素…体内での化学反応を促進する、体にとって必要不可欠な物質。【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)