【シーズン到来】胃の働きを高める「手足の特効ツボ」を大公開

【シーズン到来】胃の働きを高める「手足の特効ツボ」を大公開

「西洋医学だけでは、うまく対応できない病気が数々ある」 そう感じた私は、1977年に開業した当初から、東洋医学に関心を抱いてきました。例えば、肩こりなど、西洋医学ではうまく対処できない症状に対して、東洋医学を用いると、その症状を解消できるケースがしばしばあります。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


食物が順調に腸へ流れるのを助けるツボ

「西洋医学だけでは、うまく対応できない病気が数々ある」

 そう感じた私は、1977年に開業した当初から、東洋医学に関心を抱いてきました。
 例えば、肩こりなど、西洋医学ではうまく対処できない症状に対して、東洋医学を用いると、その症状を解消できるケースがしばしばあります。

 私は、東洋医学の勉強と研究を続け、西洋医学と東洋医学を併用して、多くの患者さんの治療を行ってきました。
 さて、胃痛、胃弱、胃炎、胃のもたれといった胃の症状は、東洋医学的には、どう考えられているのでしょうか。

 東洋医学における胃の諸症状の原因は、「通じない」ところが起こることと考えられます。胃の働きは、食道を通って入ってきた食物を、いったん胃の中に収納して消化し、食物をドロドロにして、それを腸へと送り込むことです。

 もしも、胃が食物を順調に受けつけないと、食欲不振、消化不良、胃もたれ、胃のつかえが起こってきます。食物が順調に下へ流れていくのが正常ですが、これが滞り、逆流すると、おう吐、しゃっくり、胃痛などが起こります。

 こうした胃の諸症状を改善するには、食物を受け入れ、消化し、腸へ送る胃の機能をスムーズにさせる必要があります。そこで、そのために役立つ手足の特効ツボを紹介しましょう。
 一つが、手首の内関というツボです。内関は、手首の手のひら側にある最も太い横ジワの中央から、ひじのほうへ指の横幅2本分のところにあります。

 もう一つが、足の三里というツボです。足の三里は、ひざのお皿の骨の下にある、むこうずねの骨の出っ張りから指の横幅3本分下がり、そこから指の横幅1本分だけ足の小指側にあります。
 この二つの特効ツボを押しもみします。押しもみは、力の入れやすい指で行ってください。親指、人差し指、中指など、好きな指先で行いましょう。

 胃弱、胃炎、胃もたれなどの胃の症状で悩んでいる人は、内関と足の三里の周囲を押してみると、圧痛を感じたり、ツボの辺りがかたくなっていたりします。そのかたさをほぐすつもりで、押しもみしましょう。
 押す強さは、心地よい強さです。回数に決まりはありません。押しもみしているうちに、ツボの辺りが赤くなってきたらストップしましょう。

 刺激はいつ行ってもかまいません。例えば、朝晩と決めて、押しもみしてもいいでしょう。テレビを見ながら、ひざを立ててツボ刺激をしても効果的です。両手でひざを抱えるようにして、足の三里に指先を引っかけ、手前に引っ張るように刺激するといいでしょう。

頭をヘアブラシでたたくのもお勧め!

 ところで、胃は精神的なストレスを感じやすい臓器です。ストレス過多で、胃の不調を感じている人にお勧めしたいのが、頭のてっぺんにある百会というツボを刺激する方法です。

 刺激にはヘアブラシを使います。ヘアブラシで、頭のてっぺんを、気持ちがよいと感じる程度の強さで、20〜30回たたきましょう。

 では、ツボの治療で胃の症状を改善した事例をご紹介しましょう。
 47歳の男性の例です。この男性は、みずおちの辺りに異常を感じていました。そこで、胃の内視鏡検査や血液検査などを行いましたが、さしたる異常は見つかりませんでした。
 慢性胃炎だろうと診断し、胃腸薬を処方しましたが、全く症状が改善しません。食事をすると、胃がチクチク痛くなるということで、「食べるのが怖い」とも訴えていました。

 そこで、内関、足の三里、百会のツボに鍼治療を行いました。すると、約1ヵ月で胃炎が解消したのです。この男性は、西洋医学がうまく対応できない胃の症状に、ツボ治療が効果を発揮した事例と考えられます。
 胃の症状でお悩みの人は、今回ご紹介した手足の特効ツボ刺激をぜひ試してみてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング