薄毛の悩みには、育毛効果がある【水シャワー】フケ症も治り、若返った医師の実体験

薄毛の悩みには、育毛効果がある【水シャワー】フケ症も治り、若返った医師の実体験

私は以前ひどいフケ症で、頭髪の悩みを抱えていました。荒れた頭皮状態や薄毛が改善したのは、水シャワーのおかげです。シャンプーのような高い洗浄剤で洗いすぎると、脂栓が流され、毛根に毛ダニや悪玉の細菌が侵入しやすくなります。育毛だけでなくダイエット効果や若返り効果も期待できます。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


フケやかゆみ、抜け毛がピタリと治まった!

「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を上梓している私ですが、実は長い間、頭髪については悩みを抱えていました。

 私の荒れた頭皮が回復し、薄毛が回復してフサフサになったのは、水シャワーのおかげです。今日は、その話をしましょう。

 私の祖父と父は、髪が薄くなる体質で、私が物心ついたころには二人ともハゲていました。「ハゲは遺伝」と思い込んでいたので、私もある程度は覚悟していたのです。

 実際、私はずっと頭皮の状態が悪く、ひどいフケ症でした。地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていて、ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤を塗っていました。

 40歳を過ぎるころから抜け毛もふえました。抜けた毛を見ると、毛先が産毛のように細く、ゾッとしたものです。 

 整髪剤をつけて、髪をふんわり整えても、後ろから見ると髪がパックリと二つに割れ、地肌が見えました。自分では当然気づかず、後日、スナップ写真で自分の後頭部を見て、愕然としました。

 シャンプーを変えたり、育毛剤を使ったり、マッサージをしたりしましたが、症状は改善しませんでした。 

 そのうち、どうやら整髪料を使ってから、シャンプーをしたあとに、頭皮の状態が悪くなることに気づいたのです。

 そこで、髪の毛をぬるま湯で洗い、最後に水のシャワーを浴びるようにすると、フケやかゆみがピタリと治まり、毛が抜けなくなりました。

 私が行っている水シャワーのやり方は、いたって簡単です。 まず、最初にぬるま湯のシャワーを頭からザーッと浴びて、髪や体を手でなで洗いします。整髪料を使ったときの頭や、わきの下や陰部など毛が生えている部位、足の裏は、固形石けんを使って洗います。

 それからシャワーの温度を少し下げて、また頭から浴び、石けんの泡を流します。

 もう一度、温度を少し下げ、シャワーを浴びてから、最後に水のシャワーを頭から浴びるのです。「冷たい!」と感じたら、それ以上我慢せず、止めてOKです。

 湯上がりには、乾いたタオルで、体をよくふいてください。こうすると、体がポカポカしてくるでしょう。

必要な皮脂が残り地肌も髪も傷まない!

 私たち人間は恒温動物ですから、体の表面を温めれば温めるほど、深部の体温を下げて体温を一定にしようとします。

 逆に、水シャワーを浴びて、体の表面温度が下がると、体温を上げるために、血流が促進されます。頭に水シャワーを浴びると、頭皮の血流が活発になり、酸素や栄養素が行き渡るというわけです。

 ですから、水シャワーを全身に浴びるのが怖ければ、頭だけにかけてもけっこうです。

 ただ、その場合、できれば、ひじ先、ひざ下にも水シャワーを浴びたり、水でしぼったタオルで全身をふいたりすることも、併用してください。

 なぜかというと、全身が「冷たい!」と感じることが大事だからです。

 動物の体は、冬の間、フサフサとした保温性の高い毛が密集して生え、夏は風通しのいい毛に生え変わります。人間も同様に、寒さを感じるとフサフサとした毛が密集してくるのです。

 また、水シャワーを実行すると同時に、「洗いすぎない」ことも大切です。

 シャンプーの各メーカーは、「頭皮の汚れ、毛穴汚れを落とす」という名目のもと、強力な洗浄力を競い合っています。その結果、毛穴に詰まった脂は取り除かれ、頭皮も髪もパサパサに乾燥します。

 毛穴に詰まった脂を「脂栓」といいますが、これは実をいうと、毛根に毛ダニや悪玉の細菌が侵入しないための保護膜なのです。シャンプーが保護膜を取り除くため、毛根が炎症を起こして毛が抜けます。

 髪が薄くなると、ボリュームを出すために整髪料をつけることになり、それを落とすためにシャンプーをする……という負の連鎖を引き起こしているのです。負の連鎖は、どこかで断ち切る必要があります。

 私はふだん整髪料をつけません。髪はぬるま湯で洗い、最後に水シャワーをして終わりです。この洗髪法なら、汚れだけが落ちて、必要な脂は残るので、地肌が荒れることも、髪が傷むこともありません。

 髪や体を洗いすぎず、肌表面の皮脂や善玉の細菌といった保護膜を壊さないようにすれば、髪も肌も健康を保つことができます。習慣にすれば、若返り効果も期待できるでしょう。

 私自身も水シャワーを始めて、3年足らずで髪が太く濃くなり、今ではフサフサの毛量を保つことができています。

 水シャワーは、脂肪を燃焼させる効果もあるので、育毛と同時にダイエット効果や若返り効果も得られます。ぜひお試しください。

南雲吉則
ナグモクリニック総院長。乳腺専門医。医学博士。1955年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、東京女子医科大学、癌研究会附属病院外科、東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長を経て、90年、ナグモクリニックを開設。『50歳を超えても30代に見える生き方』(講談社)、『空腹が人を健康にする』(サンマーク出版)、最新刊『Dr.ナグモの「元気塾」医者いらずで生涯現役!男のミラクル健康習慣』(双葉社)など著書多数。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

自律神経を整え、末梢の血流をよくし、発毛を促進する「爪もみ」のやり方をご紹介します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

私は、いろいろな脱毛対策を行いました。育毛剤もたくさん試しました。しかし、決定打は見つかりません。そうした試行錯誤の中から、私が最終的にたどり着いたのが、タマネギでした。【体験談】亀井貴史(福岡県●42歳●理髪店経営)


90歳超の恩師は、黒ゴマの常食で髪が…

90歳超の恩師は、黒ゴマの常食で髪が…

抜け毛や白髪がへり、黒髪が生える効果のある黒ゴマの摂取方法についてご説明いたします。黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪がへり、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。【解説】井上正文(群馬中国医療研究協会薬局代表・薬剤師)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング