かみ合わせの悪さは薄毛や抜け毛の原因に!「割りばし」1本で改善する方法

かみ合わせの悪さは薄毛や抜け毛の原因に!「割りばし」1本で改善する方法

「割りばしリラックス」は、歯や口だけでなく、その他多くの症状に対して有効ですが、なかでも、薄毛・抜け毛などの頭髪トラブルの改善効果を知っていただきたいのです。なぜ、口に割りばしを乗せるだけで、かみ合わせが良くなり、髪のトラブルが改善するのか、私の父の例をご紹介しましょう。【解説】林 晋哉(林歯科院長)


脱毛部分に毛が生え完全に元どおり!

 今回ご紹介する「割りばしリラックス」は、あおむけになった姿勢で割りばしを口に乗せるという、とても簡単な健康法です。歯や口だけでなく、その他多くの症状に対して有効です。なかでも、ぜひ知っていただきたいのが、薄毛などの頭髪トラブルの改善効果です。

 なぜ、口に割りばしを乗せるだけで、髪のトラブルが改善するのでしょうか。その理由を理解していただくために、私の父の例を取り上げましょう。

 父は64歳のとき、それまでふさふさに生えていた頭部の右側の髪の毛が、ごっそりと抜け落ちてしまいました。
 その原因となったのが、当時我々が新たに作って使用した入れ歯の不具合でした。その新しい入れ歯のかみ合わせのバランスがよくなかったのです。しかし父は、息子が作った入れ歯なので文句もいえず、そのまま使い続けました。そのせいで、健康だった歯までボロボロになってしまい、食べ物をろくに噛めなくなったのです。

 ものをかむときには、口周りの筋肉である「咬筋」をはじめとした、複数のそしゃく筋が使われます。そのなかでも注目したいのが、側頭筋です。

 側頭筋は、側頭部と下あごの骨をつなぐ筋肉で、ものをかむときに、いちばん大きな力を出す筋肉です。
 かみ合わせのバランスが悪くなると、この側頭筋にストレスがかかり、血行も悪化し、頭皮の細胞の働きまで大きく低下してしまいます。その結果、父の側頭部の毛髪が、ごっそりと抜けてしまったのです。

 そこで、入れ歯を作り直してかみ合わせのバランスをよくし、きちんとかめるようにしたところ、なんと脱毛部分に白い毛が生え始めたのです。白い毛はやがて黒くなり、8ヵ月後には完全に元どおりの状態にまで回復しました。

側頭筋が緩み栄養が行き渡る

 脱毛や薄毛を引き起こす原因は、大きく分けると、二つあります。一つは遺伝的要因です。もう一つが、頭部へのストレスで起こる頭皮の血行不良です。後者は、かみ合わせのバランスの乱れをはじめとする、さまざまな要因によって起こります。

 父の場合は、かみ合わせのバランスの悪化による血行不良が原因でした。

 一方、現代社会に生きる私たちは、日々のストレスによって、知らず知らず歯を食いしばることが多くなり、そのせいで側頭筋が緊張して、頭皮の血行が悪くなりがちです。

 今回ご紹介する割りばしリラックスは、そうしたそしゃく筋や頭皮にかかる過度のストレスの解消に、大きな効果を発揮します。

 割りばしリラックスを行うと、側頭筋を含んだ口の周囲の筋肉、さらに頭全体や首周りの筋肉群の緊張までが解きほぐされて、コリや血行が改善されます。

 それによって全身の血行が促進されて、頭皮に栄養が行き渡り、髪にいい影響を及ぼすのです。脱毛をへらしたり、発毛を促したりする効果が望めます。

 割りばしリラックスのやり方は、次のとおりです。
 割りばしは、割って1本だけを使用してください。
 あおむけになり、口をほんの少しだけ開け、口の上に割りばしを横にして乗せます。このとき、割りばしをかまないようにしてください。
 そして、全身の力を抜いてください。手は、手のひらを上に向け横に置き、足は伸ばしたままにします。腰痛などがあるかたは、ひざを立ててもよいでしょう。頭には低い枕かタオルを置いてもかまいません。
 この姿勢のまま、30分間そのまま過ごしてみましょう。もし30分が長いと感じられるかたは、最初は5分でも10分でもかまいません。徐々に時間を延ばしましょう。
 これを1日1回以上、少なくとも2週間は続けてみてください。

 体から力が抜け、しんからリラックスできるようになったら、就寝時に行ってもかまいません。そのまま眠っても、割りばしは口の外に落ちるだけなので、危なくありません。

 健康な状態の人は、口を閉じたときに、上下の歯の間に2〜4㎜程度のすきまができます。このとき上下の歯はどこにもふれていません。これが、口を閉じているときの最適な状態です。

 専門的な用語では、この状態を、下あごの「安静空隙」といいます。口に割りばしを乗せると、側頭筋などそしゃく筋の緊張が自然と緩み、この下あごの「安静空隙」を無意識に作り出すことができます。

 この状態が身につくことで、常に頭部へのストレスが少なくなり、頭皮の血行不良などを防げるのです。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)


【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

自律神経を整え、末梢の血流をよくし、発毛を促進する「爪もみ」のやり方をご紹介します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


【育毛薬膳】ハゲ、白髪の悩みを漢方パワーで一掃!頭皮の血行を促し髪が若返る!

【育毛薬膳】ハゲ、白髪の悩みを漢方パワーで一掃!頭皮の血行を促し髪が若返る!

漢方では、頭髪のことを、「血余」といいます。つまり、血液の余ったものが髪になるとされているのです。逆にいえば、血が足りないと、抜け毛、薄毛、白髪など、髪のさまざまな悩みが起こってきます。今回の育毛薬膳で、特に腎・肝・脾の働きを高める食品を選んでいます。それぞれの食品について解説します。【解説】マダム晴子(香港薬膳師)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング