抜け毛・白髪予防に効果が高い食品は「黒ゴマ」!美髪女医が推奨するお手軽ドリンクの作り方

抜け毛・白髪予防に効果が高い食品は「黒ゴマ」!美髪女医が推奨するお手軽ドリンクの作り方

もうそろそろ還暦になる私は、周りの人から「実年齢よりも若い」と驚かれることが多く、現在もフサフサで黒々とした健やかな髪を保ち続けています。抜け毛を防ぎ、白髪になるのを遅らせた、髪を若々しく保つ「黒ゴマドリンク」をご紹介します。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


抗酸化作用の強いゴマで髪の老化予防

 髪は、人の印象を左右する大きな要素の一つです。だからこそ、「抜け毛や白髪をなんとかしたい」と思っている人は多いはず。いつまでも若々しくいたいと願う女性なら、なおさらです。

 とはいえ、髪だけに目を向けていたのでは、髪のトラブルを解決することは難しいでしょう。髪も体の一部です。髪のトラブルは、体の健康状態の一つの現れです。いい換えれば、全身を若々しく健康に保つことが、髪のアンチエイジングにもつながるのです。

 もうそろそろ還暦になる私は、周りの人から「実年齢よりも若い」と驚かれることが多く、現在もフサフサで黒々とした健やかな髪を保ち続けています。これは、髪だけでなく、体全体の健康を考え、食事や生活習慣に気を配っているからこそでしょう。

 アンチエイジング効果の高い食品といえば、なんといってもゴマです。ゴマは「小さな丸薬」といわれるほど優れた健康食材で、小さな粒の中に、実に多くの栄養素が含まれています。
 なかでも、セサミンやセサミノールなどの抗酸化成分を総称した「ゴマリグナン」は、老化を助長する活性酸素を除去し、若さを保つことに役立ちます。

 また、豊富に含まれるビタミンEにも強力な抗酸化作用があるほか、ミネラルも多く含まれています。これらは、抜け毛を防いだり、白髪になるのを遅らせたりするなど、髪を若々しく保ってくれます。

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。

 もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。
 牛乳は、子供が飲むものというイメージがあるのか、年齢を重ねるほど、飲まなくなる傾向にあるようです。しかし、皮膚の構成成分であるたんぱく質をとることは、とても重要なことです。髪も皮膚の一部です。牛乳は良質なたんぱく質を多く含み、カルシウムも豊富に摂取できるので、骨が弱くなる骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 髪や肌、骨の衰えを感じている年配のかたほど、もっと牛乳を飲んでほしいものです。
 コレステロールが気になるかたや、メタボリックシンドロームのかたは、低脂肪牛乳を利用するとよいでしょう。

手間もかからずに高い相乗効果

 アンチエイジングに役立つゴマと、優れたたんぱく源である牛乳。両者をまとめてとることができる、おいしい飲み物があります。それが今回ご紹介する「黒ゴマドリンク」です。

 体によい食材をそれぞれ個別にとるのももちろんよいのですが、より大きな相乗効果が期待できます。
 それになにより、複数の食材を一度にとれれば、余計な手間もかかりません。

 黒ゴマドリンクの作り方は、次のとおりです。

❶牛乳200㎖をマグカップに入れ、電子レンジ(500〜600W)で1〜1分半ほど温める。
❷大さじ1杯の黒ゴマをすり、温めた牛乳に加える。好みでハチミツなどを足してもよい。
 ゴマをするのがめんどうなら、市販のすりゴマでもかまいません。ただ、香りが高くておいしいのは、断然すりたてです。ゴマすり器を使えば、簡単にすりたてのおいしさが味わえます。甘みが欲しいときは、好みでハチミツを加えてください。

 これを毎日1杯分、飲むことをお勧めします。
 私も、この黒ゴマドリンクを毎日欠かさずに飲んでいます。起床後や、小腹がすいたとき、夜寝る前などに飲んでいます。牛乳には安眠効果があるので、就寝前に飲むのはお勧めです。

 また、ふだんおやつを食べる習慣のあるかたなら、3時のおやつをお菓子ではなく、黒ゴマドリンクにしてみてはいかがでしょうか。何事も続けることが大切ですから、黒ゴマドリンクを飲むことを、ぜひ毎日の習慣にしてください。

 なお、髪の健康のためには、頭皮の血行をよくすることも重要です。最近は、頭皮用のマッサージ器などがあるので、そのようなグッズを活用するのも一つの手です。もちろん適度な運動も、血行をよくするのに有効です。

 そして、なによりもふだんの生活をきちんと送ることが重要です。寝ている間には成長ホルモンが分泌され、髪の成長が促されます。よい睡眠をとるためにも毎日、12時前には寝るようにして、早寝早起きを心がけましょう。

 このように、睡眠や、バランスの取れた食生活など、生活全体で健康を考えることが、髪のトラブル対策には不可欠です。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関 太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)


【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング