【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


なぜ腰が痛いのにおなかをもむのか

 「いろいろな治療や体操をやっても腰痛が改善しない」
「腰や背中にアプローチする施術を試したが、変化がない」
「私の腰痛はもう治らないとあきらめている」

 いわゆる慢性腰痛で悩んでいる人のほとんどは、ここに挙げたような感想をお持ちだと思います。こうした人たちに大きな成果を上げている、私が考案した手法があります。
 それが、「おなかもみ」です。

 おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していきます。
 こう言うと、「痛いのは腰(体の背面)なのに、なぜおなか(前面)をもむのか」という疑問を持たれる人がいます。
 その理由を説明しましょう。

 そもそも慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。
 加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。
 注目すべきは、姿勢が悪い状態が続いたときに大きな負担のかかる、腸腰筋です。

 腸腰筋とは、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という、三つの筋肉の総称です。背骨の真ん中辺りを起点として体の前面へと伸び、腰椎(背骨の腰の部分)と骨盤、大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。
 腸腰筋の役割の一つが、骨盤を正しい位置に保つことですが、悪い姿勢を続けると、腸腰筋は、「伸びながらも収縮した」不自然な状態が続きます。筋肉のこの状態を、専門用語で「伸長収縮」といいます。

 伸長収縮が長く続くと、その筋肉は拘縮(縮こまってこわばること)します。実は、これこそが慢性腰痛の原因の一つなのです。
 腰痛の真原因「腸腰筋の拘縮=こり」を、背面からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊
柱起立筋がじゃまになります。そこでどうするかというと、腸腰筋を、おなか側からほぐすのです。
 慢性腰痛の患者さんに、腰や背中にアプローチする施術を行ってもなかなか改善しないのは、そのような理由があったのです。

 それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。

触れることのできるインナーマッスル

 おなかもみは、あおむけになり、左右の腸骨(骨盤の左右上部を占める扁平な骨)に両手の指をそれぞれかけ、骨盤の内側に向かって指を押し込んでいく、という方法を取ります。
 このとき、指で触れることができるのが、腸腰筋の一部(腸骨筋)です。
 別名インナーマッスルとも、深腹筋とも呼ばれる腸腰筋は、体の奥深くにあることで知られていますが、自分で触れることのできる、数少ないインナーマッスルの一つです。

 腸腰筋の一部に一定の刺激を加えることで、腸腰筋全体をゆるめることができます。
「イタ気持ちいい」と感じられるくらいの強さがポイントです。言い換えれば、「ツンと痛みのある」刺激です。そのくらいの刺激を与えることで初めて、脳に刺激情報が届き、脳から「その筋肉をゆるめて、血流をよくせよ」という指令が出ます。これによって腸腰筋がゆるむのです。
 患者さんの中には、「たった1回のおなかもみで腰痛が治った」と言う人もいますが、できるだけ1~2週間程度、継続して行うほうが効果的です。

 もちろん、おなかもみをすれば、すべての慢性腰痛が治るというわけではありません。
 腰痛を引き起こす姿勢の悪さを正したり、運動不足を解消したりといった日常生活が重要であることは、言うまでもありません。
 おなかもみは、実際に腰痛があるときでも有効ですが、腰に腫れがあったり、熱を持っている場合は控えてください。

岩間良充
青森県生まれ。赤門鍼灸柔整専門学校卒業。器具を使わずに自らの手で行う手技療法を得意とし、これまで延べ20万人以上の患者を治療。鍼灸整骨院ホスピスト院長・柔道整復師・ケアマネジャー。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

私は40歳から農業を始めました。それまで力仕事の経験があまりなく、体には負担がかかっていたのでしょう。しだいに痛みが出始め、深刻な腰痛に悩まされるようになったのです。朝は目が覚めても、腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができませんでしたが、「ほのまき体操」で改善しました。【体験談】宮澤杉郎(自営業・65歳) 


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング