「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


肩こりや耳鳴りも引き起こす

 腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

 長年、偏ったかみ方を続けていると、常にかむ歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。すると、その差に応じて、頭の位置が傾きます。

 頭が傾けば、バランスを取るために、首や肩の筋肉が異常に緊張します。この状態が長く続けば、背中や腰、ひざなどの骨もゆがみ、全身の不調を招くと考えられるのです。

 さらに、物をかむさいに使う咀嚼関連筋肉は、左右バランスよく使うことで、頭部の血流を円滑に保つしくみになっています。ですから、偏った使い方が習慣化すると、目や耳、鼻、脳などにも不調が起こりやすくなるのです。

 このようなかみ合わせが原因で起こる不調を、「咬合関連症」といいます。整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない腰痛は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。
 かみ合わせの状態は、聴力検査で調べることができます。

 私がかみ合わせと聴力の関係に気付いたのは、30年ほど前、ある高齢の患者さんの治療がきっかけでした。
 その患者さんは、顎関節症と併せて、腰痛や肩こり、耳鳴り、難聴など、全身の症状を訴えていました。それが、歯科治療によって、前後左右バランスよくかめるようになると改善したのです。このとき、聴力も回復しました。

 その後、東北大学や東京歯科大学との共同研究で、さまざまなことがわかってきました。現在は、その人の左右の聴力を調べることで、どの歯をよく使っているのか・いないのかを、おおよそ判定できるまでになっています。
 腰痛の場合は、片かみのクセがある人、奥歯でかめない人が多いようです。

 日本人は、右手で持ったはしで食べ物を口に入れるため、左側の歯でかみがちです。この左側の片かみが習慣化すると、左側の歯がすり減り、頭が左へ傾きます。すると、傾いた頭を支えるために、右側の首や肩の筋肉が異常に緊張します。
 この状態が長く続くと、上体のバランスを取るために、腰の左側に負担がかかります。腰の左右どちらか一方が強く痛むという人は、片かみのクセがついているのかもしれません。

 腰痛は、奥歯を抜いたままにしている人にもよく見られます。
 若い人は、よくかむ=奥歯を使う、と考える人が多いようです。このような人は、40歳くらいになると奥歯がすり減り、頭の重心が後ろへ傾きます。これが原因で、首の痛みや四十肩が生じることもあります。

 さらに、奥歯でのかみグセは、奥歯への荷重負担となり、奥歯周辺に炎症や歯周病が生じやすくなります。
 奥歯に炎症などが生じると、今度は奥歯でかめなくなります。すると、歯の前側がすり減るため、頭の重心が前へ傾きます。その結果、上体のバランスを取ろうとして、腰に負担がかかるのです。

 50歳以降でギックリ腰を起こしたり、腰痛がひどくなったりした人、首や肩にも不調があるという人は、奥歯を使えていないのかもしれません。

その場で腰の痛みが軽減する例も多い

 腰痛をはじめとする咬合関連症の予防・改善のためには、前後左右の歯をまんべんなく使う習慣を付ける必要があります。

 当院では、かみ合わせ治療と合わせて、自宅でのティッシュかみを患者さんに勧めています。軽い咬合関連症であれば、このトレーニングだけでも改善するでしょう。

 トレーニングは、朝、起床してすぐと、毎食後の1日4回行ってください。やり過ぎは、かえって歯に負担をかけます。食事は前後・左右の歯をまんべんなく使うように意識しましょう。併せてムシ歯や歯周病、かみ合わせの治療を行うと、効果はより出やすいはずです。

 トレーニングを行うと、首や肩、腰の筋肉の緊張が取れるため、その場で腰の痛みが軽減する場合も少なくありません。

 現在94歳のある女性は、5年ほど前に「口が開かない」と訴えて来院されました。
 彼女はひどい腰痛で、このときは車イスを使用していました。ひどい頭痛や肩こりもあったのです。残った歯と合わせて、口全体を使えるよい入れ歯を作ったところ、入れ歯を入れたその場で、腰の痛みが消えました。そしてこの日は、自分で歩いて帰宅したのです。頭痛や肩こりも改善しました。

 4年後、彼女はその入れ歯を紛失してしまいました。すると腰痛が再発し、歩行時に杖を使用するようになったのです。当院で再度入れ歯を作ったところ、腰痛は消え、杖を使わずに済むようになったそうです。

 長年腰痛で悩んでいる人は、一度、かみ合わせを見直してみてはいかがでしょうか。

長坂 斉
長坂歯科院長・日本全身咬合学会指導医・認定医・聴力部会運営委員。「かみ合わせと全身の健康」をテーマに活動する。著著に『歯のかみ合わせ力』(アートダイジェスト)。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング