「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


肩こりや耳鳴りも引き起こす

 腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

 長年、偏ったかみ方を続けていると、常にかむ歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。すると、その差に応じて、頭の位置が傾きます。

 頭が傾けば、バランスを取るために、首や肩の筋肉が異常に緊張します。この状態が長く続けば、背中や腰、ひざなどの骨もゆがみ、全身の不調を招くと考えられるのです。

 さらに、物をかむさいに使う咀嚼関連筋肉は、左右バランスよく使うことで、頭部の血流を円滑に保つしくみになっています。ですから、偏った使い方が習慣化すると、目や耳、鼻、脳などにも不調が起こりやすくなるのです。

 このようなかみ合わせが原因で起こる不調を、「咬合関連症」といいます。整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない腰痛は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。
 かみ合わせの状態は、聴力検査で調べることができます。

 私がかみ合わせと聴力の関係に気付いたのは、30年ほど前、ある高齢の患者さんの治療がきっかけでした。
 その患者さんは、顎関節症と併せて、腰痛や肩こり、耳鳴り、難聴など、全身の症状を訴えていました。それが、歯科治療によって、前後左右バランスよくかめるようになると改善したのです。このとき、聴力も回復しました。

 その後、東北大学や東京歯科大学との共同研究で、さまざまなことがわかってきました。現在は、その人の左右の聴力を調べることで、どの歯をよく使っているのか・いないのかを、おおよそ判定できるまでになっています。
 腰痛の場合は、片かみのクセがある人、奥歯でかめない人が多いようです。

 日本人は、右手で持ったはしで食べ物を口に入れるため、左側の歯でかみがちです。この左側の片かみが習慣化すると、左側の歯がすり減り、頭が左へ傾きます。すると、傾いた頭を支えるために、右側の首や肩の筋肉が異常に緊張します。
 この状態が長く続くと、上体のバランスを取るために、腰の左側に負担がかかります。腰の左右どちらか一方が強く痛むという人は、片かみのクセがついているのかもしれません。

 腰痛は、奥歯を抜いたままにしている人にもよく見られます。
 若い人は、よくかむ=奥歯を使う、と考える人が多いようです。このような人は、40歳くらいになると奥歯がすり減り、頭の重心が後ろへ傾きます。これが原因で、首の痛みや四十肩が生じることもあります。

 さらに、奥歯でのかみグセは、奥歯への荷重負担となり、奥歯周辺に炎症や歯周病が生じやすくなります。
 奥歯に炎症などが生じると、今度は奥歯でかめなくなります。すると、歯の前側がすり減るため、頭の重心が前へ傾きます。その結果、上体のバランスを取ろうとして、腰に負担がかかるのです。

 50歳以降でギックリ腰を起こしたり、腰痛がひどくなったりした人、首や肩にも不調があるという人は、奥歯を使えていないのかもしれません。

その場で腰の痛みが軽減する例も多い

 腰痛をはじめとする咬合関連症の予防・改善のためには、前後左右の歯をまんべんなく使う習慣を付ける必要があります。

 当院では、かみ合わせ治療と合わせて、自宅でのティッシュかみを患者さんに勧めています。軽い咬合関連症であれば、このトレーニングだけでも改善するでしょう。

 トレーニングは、朝、起床してすぐと、毎食後の1日4回行ってください。やり過ぎは、かえって歯に負担をかけます。食事は前後・左右の歯をまんべんなく使うように意識しましょう。併せてムシ歯や歯周病、かみ合わせの治療を行うと、効果はより出やすいはずです。

 トレーニングを行うと、首や肩、腰の筋肉の緊張が取れるため、その場で腰の痛みが軽減する場合も少なくありません。

 現在94歳のある女性は、5年ほど前に「口が開かない」と訴えて来院されました。
 彼女はひどい腰痛で、このときは車イスを使用していました。ひどい頭痛や肩こりもあったのです。残った歯と合わせて、口全体を使えるよい入れ歯を作ったところ、入れ歯を入れたその場で、腰の痛みが消えました。そしてこの日は、自分で歩いて帰宅したのです。頭痛や肩こりも改善しました。

 4年後、彼女はその入れ歯を紛失してしまいました。すると腰痛が再発し、歩行時に杖を使用するようになったのです。当院で再度入れ歯を作ったところ、腰痛は消え、杖を使わずに済むようになったそうです。

 長年腰痛で悩んでいる人は、一度、かみ合わせを見直してみてはいかがでしょうか。

長坂 斉
長坂歯科院長・日本全身咬合学会指導医・認定医・聴力部会運営委員。「かみ合わせと全身の健康」をテーマに活動する。著著に『歯のかみ合わせ力』(アートダイジェスト)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。血圧や血糖値が下がった、ダイエットできた、という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。この機会にぜひ作ってみてください。【料理】古澤靖子(料理研究家)


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング