【仙骨とは?】"仙骨を温める"と下半身痩せ、足のむくみ解消、腰痛改善に効果

【仙骨とは?】"仙骨を温める"と下半身痩せ、足のむくみ解消、腰痛改善に効果

仙骨とは、脊椎の下部に位置する大きな三角形の骨のことで、骨盤の後壁を構成しています。仙骨を温めると、血液循環がよくなり、体全体が温まり、気分がリラックスします。また、体温が上昇し、痩せやすくなったり、腰痛が改善したりする効果が得られます。「仙骨温め」は、うつぶせの状態で行う健康法です。【解説】青山正(荻窪接骨院院長)


血液循環がよくなり体温が上昇!

 人間は、体温が36・5~37℃のとき、最もよく働くようにできています。ところが現代人は、これより低い人が増えています。原因は、運動不足や偏った食生活、睡眠不足、ストレスなどが考えられます。

体温が低くなると免疫力(病気に対する抵抗力)が低下して病気にかかりやすくなり、基礎代謝(安静時に代謝するエネルギー)が落ちて、やせにくい体になります。さらに、腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあるでしょう。

そこで「仙骨温め」をお勧めします。仙骨は骨盤を構成する骨の一つで、骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっています。体の中央に位置し、体の要といえるでしょう。

仙骨を温めると、血液循環がよくなり、体全体が温まり、気分がリラックスします。また、体温が上昇し、やせやすくなったり腰痛が改善したりします。

仙骨温めは、うつぶせの状態で、お尻の割れ目の上にお湯を入れたビニール袋を10~15分のせるだけです。その後、おなかを温めると、より効果的です。ビニール袋を使うのは、湯を入れた袋が体にぴったりと添い重さが刺激となり、体が温まっていく心地よさが増すからです。

仙骨を温めるタイミングは寝る前のほか、くつろげる時間帯や食後でも構いません。毎日行うことが理想ですが、週に3回ほど行うだけでも、効果が実感できるでしょう。

青山 正
1950年、福井県生まれ。柔道整復師の免許取得後、西洋医学とカイロプラクティックを学ぶ。さまざまな不調の原因が仙骨のゆがみからくることを突き止め、「仙骨療法」を考案。行列ができる先生としても知られる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

腎は西洋医学でいう腎臓を指すだけでなく、東洋医学的には免疫や生殖機能の働きを支える生命エネルギーが宿るところとされています。その腎に気がスムーズに巡ると、腎機能が高まって不要物の排出が促されたり血行がよくなることで、冷え症やむくみが改善したりします。【解説】市来崎大祐(2015年世界武術大会銀メダリスト)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング