【坐骨神経痛の名医】症状と治療法のキモは仙腸関節にあり AKA博田法で原因を解決

【坐骨神経痛の名医】症状と治療法のキモは仙腸関節にあり AKA博田法で原因を解決

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


片田重彦
慶応義塾大学医学部卒業後、名古屋保健衛生大学(現・藤田保健衛生大学)講師、スイス・チューリッヒ大学留学、国立小児病院(現・国立成育医療研究センター)整形外科部長を経て、かただ整形外科院長。「AKA-博田法」をいち早く腰痛の治療に取り入れ、高い実績と治癒率の高さが評判を呼んでいる。著書に、『たった5分間で9割の腰痛がよくなるAKA-博田法で、腰痛が消えた!』(講談社)がある。

9割の腰痛が原因不明

 腰痛は、日本人の成人の7割が経験するといわれる、国民病ともいうべきものです。

 皆さんの中にも、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)や脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなって起こる病気)と診断され、手術を含む、さまざまな治療を試みた人もいることでしょう。

 しかし、あらゆる治療を受けても腰痛が改善しない、という人も多く存在します。

 21世紀に入るまで、腰痛の原因の多くは背骨にある、と考えられてきました。MRI(磁気共鳴画像法)が開発され、椎間板の変形が画像として映し出されるようになったことも、その考えを後押ししました。

 ところが、海外では同時期に「エビデンス(証拠)に基づく医学」が始まり、腰痛の証拠探しも行われました。
 その結果、逆説的ですが、腰痛の原因は「わからない」ということが、あらためて確認されたのです。日本でも、同様の宣言が2012年に行われています。

 確かに、背骨が原因になっている腰痛もありますし、骨折など、はっきりした原因がある腰痛もあります。しかし、それは腰痛全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」とされているのです。

 原因不明のものに対しては、治療の方法もありません。しかし、実際に腰痛は存在するのですから、その原因はどこかに必ずあるはずです。

 この難題に「関節運動学的アプローチ」という、誰も考えなかった理論と新技術をもって取り組んだのが、私の恩師で、元国立大阪南病院理学診療科医長の、博田節夫先生でした。

 その博田先生が研究開発したのが、「AKAー博田法」という治療法です。

仙腸関節の「あそび」を復活させる

 AKAー博田法では、腰痛の原因は、背骨ではなく、仙腸関節の異常にあると考えます。

 仙腸関節とは、仙骨と腸骨をつないでいる、骨盤にある関節です。

 仙骨は、背骨の最下部に位置する三角形の大きな骨です。仙骨の左右で、チョウが羽を広げたような形をしているのが、腸骨です。

 仙腸関節は、仙骨が腸骨と接する部分にあり、周囲の靱帯によって連結されています。それぞれの骨の面と面で接していて、前後左右に最大3mmほど動きます。

 この仙腸関節が、重い物を持ったり、急に腰をひねったりしたことで、引っかかりやずれが生じ、それが痛みやしびれとなって現れるのです。

 関節には必ず「あそび」があり、このあそびが、関節をスムーズに動かしています。仙腸関節も例外ではありません。仙腸関節に引っかかりやずれが生じると、そのあそびがなくなり、動きが悪くなって腰痛が起こるのです。

 これまで、仙腸関節は「動かない関節」だと思われていたため、ほとんど注目されていませんでした。

 しかし、仙腸関節も動くのです。引っかかりやずれが生じたまま放置しておくと、腰痛をはじめ、足のしびれや痛み、筋肉の張り、筋力低下に悩まされ続けることになります。

 AKAー博田法の診断は、まず、仙腸関節の引っかかりやずれの有無、程度の確認から入ります。

 そして、体の表面に手で触れて、仙腸関節の一部を指先で動かし、関節面を1~3mmずらして、あそびを復活させます。

 ギックリ腰のような急性の腰痛の場合は、治療中に少し痛みを感じる場合もありますが、慢性的な腰痛の場合は、ほとんど痛みは感じません。

 私は、1年に3000人ほど、新規の腰痛の患者さんを治療していますが、仙腸関節に原因がある腰痛の9割は、このAKAー博田法で解決しています。

【関連記事】AKA博田法を行う医療機関リスト

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

腰部脊柱管狭窄症は、腰や足に強い痛みやしびれが現れ、なかなか治りにくい、やっかいな疾患です。当院に来られる患者さんは、他院の治療を受けてよくならなかったり、手術を勧められたりといった、重度のかたが少なくありません。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

ご自身のひじの向きを見てみてください。ひじが外を向き、わきが空いていませんか?そして、肩が前に出ているのではないでしょうか。脊柱管狭窄症の患者さんは、この傾向が非常に強くなっています。脊柱管狭窄症の症状を根本的に改善するには姿勢を本来の形に戻し、腰への負担を減らすことが必要なのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング