飛蚊症のツボ【←なんて読む? 】原因と症状、治し方を医師が解説

飛蚊症のツボ【←なんて読む? 】原因と症状、治し方を医師が解説

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。ひぶんしょう、と読みます。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


飛蚊症の改善によく効くのは、耳尖という耳の先端にあるツボ

 飛蚊症(ひぶんしょう。目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。

 一方、東洋医学の立場からいえば、飛蚊症も治療の方法があります。私は長年、西洋医学の医師として患者さんに接しながら、そのかたわら東洋医学も併用して、さまざまな病気の治療に当たってきました。
 私の経験からいっても、ツボを上手に利用すれば、飛蚊症は治癒可能な病気です。実際に、これまでに何人もの患者さんの飛蚊症を、私自身が治してきたからです。
 飛蚊症の改善によく効くのは、耳尖という耳の先端にあるツボです。耳を縦に半分に折ったときに、耳の上部の先端に位置します。

 なぜ耳尖への刺激が飛蚊症に対して効果があるのか。それを説明するために、まず目の構造について、簡単にご説明しましょう。
 眼球は、レンズに当たる水晶体や、レンズを通して入ってきた光が像を結ぶ網膜などからなっています。そして、眼球の内部を満たしている流動的な成分の一つとして硝子体(網膜と水晶体の間を満たしている組織)があります。
 加齢のほか、さまざまな原因で、硝子体の一部が網膜からはがれるなどして、その中に濁った浮遊物が浮かんでくることがあります。それが、視界を遮り、蚊などが飛んでいる状態として認知されるのが、飛蚊症ということになります。

 東洋医学では、飛蚊症に限らず、こうした目の疾患の多くは、瘀血(静脈系の血管の血行不全)によって生じてくると考えられています。
 そこで、役に立つのが、耳尖というツボです。耳尖を刺激することで、患部の血液循環を促し、眼球内の硝子体の液の流れがよくなります。そのため、硝子体の中の浮遊物もなくなるので、視野も改善されるのです。
 また、耳は人間の体の中を巡っている経絡(生命エネルギーの一種である気の通り道)が集まる場所ですから、耳への刺激によって、経絡の流れもよくなります。これによって全身状態が整い、目にもよい影響を及ぼすと考えられます。

 私が患者さんを診る場合には、耳尖のツボに刺絡(針で刺激して出血させる方法)を行います。すると、瘀血を解消する効果がひときわ高くなります。
 ただ、これはご家庭ではできませんから、皆さんが刺激するときには、この耳尖のツボをよくもみほぐすようにしてみてください。

 耳尖をつまんだり、耳全体をもみほぐしたりして、一日に五分ほど刺激することを一つの目安とするといいでしょう。こうした刺激の場合、毎日続けることが肝心です。

目の断面図

眼科でも治らないと言われた「視野の黒い斑点」が耳のツボ刺激で消えた!

 では、耳尖を刺激することで飛蚊症に効果を上げた例をご紹介しましょう。
 Aさん(男性・六十二歳)は、別の病気で私の医院を訪れました。そして、その病気の診療中に、たまたま飛蚊症で悩んでいることを知ったのです。そこで、飛蚊症も治療することにしました。

 Aさんは、数年前から、右目に黒い斑点のようなものが見えていたのですが、しばらく放置していました。
 ところが、来院の一〇日前から、急に状態が悪化。右目全体に、カエルの卵のような影が広がり、同時に点状の小さな陰影が浮かび上がって、それらが視野の大きな妨げとなりました。そのせいでAさんは、運転にも支障をきたし、慌てて眼科を受診しました。
 しかし眼科では、あまり取り合ってもらえず、「治せないから、一生つきあっていくしかない」といわれたそうです。

 そこで私は、最初一日おきのペースで、Aさんの耳尖に刺絡を行いました。すると、二日後に効果が現れました。浮かんでいる点の数が少なくなり、影も急速に薄くなり始めたのです。
 そして、みるみる点や影がへって、一ヵ月後には、視野に映る影は完全に消え、ひどかった飛蚊症が完治したといっていい状態になりました。

 治療後、「一生治らないものだと思っていましたから、こんなにきれいに見えるようになって、感激しました」と、Aさんがうれしそうに話していたことが、今も強く印象に残っています。
 Aさんを診たのが二〇〇六年です。それ以降、私は飛蚊症の患者さんに耳尖への刺激を一〇例以上行っていますが、いずれも有効でした。この例のように、ツボを適切に刺激できれば、飛蚊症を改善することが期待できるのです。飛蚊症が気になる人は、耳尖への刺激をぜひやってみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ツボ 飛蚊症 飛蚊症とは

関連する投稿


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

疲れ目、老眼、近視、緑内障、飛蚊症など、なんらかの目の不調に悩んでいる人に、私がぜひお勧めしたいのが「ペットボトル呼吸」です。底に穴を開けたペットボトルをくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけの簡単な呼吸法ですが、視力改善に大きな効果を発揮します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

合谷指圧の効果はたいへん幅広いのですが、中でも劇的に治りやすいのが五十肩です。五十肩で「腕が上がらない」、あるいは「後ろに回せない」という患者さんに、私は診療でよく出会います。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

鍼灸治療が目の病気や症状に対して一定の効果を上げることが、近年、わかってきました。老眼に対して鍼灸治療の現場でよく用いられるツボは、「光明」です。光明を刺激すると、胆のうと肝臓の働きがよくなり、目の調子がよくなると考えられているのです。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)