下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


構造的に大腸は垂れ下がりやすい

 「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。

 大腸下垂とは、大腸が本来の位置からかなり下がっていることです。運動不足や加齢によって腹筋力が衰えると、重力に負けて、大腸の位置が下がってしまうのです。

 大腸は、直径が5〜7㎝、長さが1・5〜2mの長い管です。図のように、大腸は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に区分けされます。横行結腸とS状結腸は腸間膜という膜でつるされ、おなかの中でぶら下がっています。こうした構造のため、横行結腸が垂れ下がることがあるのです。

 大腸を外側から押さえて支えているのが、腹筋です。女性は、男性と比べてもともと筋力が弱いので、大腸下垂になりやすいと言えます。大腸下垂になると、便やガスなどの内容物が大腸に滞ります。そのため、便秘やガス腹が引き起こされ、下腹がポッコリと出てしまいます。

逆立ちをすると大腸が元に戻る

 大腸下垂を防ぐには、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。

 私がお勧めするのは、雑巾がけです。腕を肩よりも高く上げて窓を拭いたり、足腰の筋肉を使って床を拭いたりすると、腹筋だけでなく、加齢とともに衰えやすい筋肉を使います。また、部屋が美しくなるという達成感も得られるので、長く続けられるでしょう。

 大腸下垂による便秘やガス腹の解消には、10秒間の逆立ちが効果的です。逆立ちと言っても、両手だけで体を支えるポーズを取る必要はなく、壁などを使って足を高くするだけでかまいません。

 こうすると、垂れ下がっていた大腸が元の位置に戻り刺激となって、便とガスが出やすくなります。また、下半身の血液・リンパの滞りも解消されるので、冷えやむくみも消えるでしょう。

 頭と手で体を支える3点倒立を、私はときどき行いますが、やった後は体がスッキリします。軽い頭痛でしたら、治ってしまいます。

食事も生活も1つだけに偏らないことが大事

 大腸にガスがたまると、おなかの張りだけでなく、背中やわき腹に差し込むような痛みが生じることがあります。ガスが周囲の器官を圧迫するためです。

 こうした症状を早く解消させるには、おなかやおしりを温めることが効果的です。カイロや湯たんぽ、電気あんかなどを利用しましょう。お湯を入れたペットボトルでもいいのですが、やけどに注意してください。

 大腸は温めることで、動きが活発になります。そして、ガスが移動し、周囲の器官への圧迫が解消して、痛みも消えます。

 ガス腹によく悩まされる人は、1回の食事量を少なめにし、回数を増やすといいでしょう。例えば、これまで1日3回食べていた量を、5回に分けて食べるのです。

 繊維質の多いものも、かえってガスを停滞させます。やせたいからと、油脂類をほとんど口にせず、サラダなどで一度に大量の食物繊維をとる人に、便秘やガス腹が多く見られます。

 必要な油分はとりましょう。油脂類は、便の滑りをよくして排便しやすくするために必要だからです。また、腸内に大量の食物繊維が入ってくると、中で停滞してガスが発生するのです。食物繊維をはじめ「腸に効く食品」にはいろいろなものがありますが、「これさえとればいい」と1種類に偏るのは避けてください。

 同様に、座って行う仕事ばかりやるのではなく、ときどき雑巾がけや逆立ちを取り入れるようにしましょう。運動不足とストレスの解消につながります。

 食事も日常生活も、1つだけに偏らずまんべんなく行うことが、大腸の健康を保つために、なによりも大事です。

金子実里(かねこみさと)
1956年、東京都生まれ。85年、帝京大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学麻酔科を経て、88年より現職。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング