【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


目を温めることの効果を多くの実験で確認

 見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。

 目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。

 ある実験では、老眼の症状を自覚し始める30代後半から50代の20名に参加してもらい、市販の使い捨てカイロを水蒸気が出るように改良したアイマスクで、目の周りを10分間温めてもらいました。そして、ただ目を閉じただけの場合との比較を行いました。

 すると、目を温めることの効果が明らかに現れ、その効果は目を温めた直後はもちろん、90分後も持続していることがわかりました。

 具体的には、50歳代(平均年齢54・2歳)のグループでは、平均で0・4D(ジオプター)の調節力改善が見られました。ジオプターは屈折力を表す単位で、焦点の合う距離をmで表したものの逆数です。
 例えば、2・5Dから2・9Dへ0・4Dの改善をした人ならば、目から40㎝離さないと焦点が合わなかった老眼の状態が、約34㎝でピントが合うようになったということです。

 30〜40歳代(平均年齢39・3歳)のグループでは、平均で0・5Dの改善がみられました。こちらも、例えば2・5Dから3・0Dに変化したケースで考えると、40㎝の距離から約33㎝まで近づけても、ピントが合った状態で見えるようになったことを意味します。

 この実験で、0・5Dの調節力の改善が現れた人の割合は、30〜40歳代で約6割、50歳代でも約3割にのぼりました。

毎日就寝前に目を温めて目の調節力の低下を防止

 目を一度温めただけでも、先の実験のような効果が期待できますが、温熱療法を毎日の習慣にすると、目の調節力の改善にいっそう効果的です。

 40歳前後(平均年齢39・7歳)の10名に、毎晩寝る前にアイマスクで目を10分間温めてもらい、翌日の夕方4時に視力の調節力を測定する実験を行いました。その結果、開始後2週間目から夕方の調整力が改善し始め、その効果は8週間目まで継続しました。

 つまり、毎日目を温めていれば、その効果は翌日まで持続して、夕方の目の疲れや視力の低下を防ぐことができるのです。

 こうした目の温熱療法を皆さんがご自宅で行うには、蒸しタオルを利用するといいでしょう。誰でも簡単に実践できます。

 また、目の温熱療法は、眼精疲労やドライアイの改善にも有効です。
 温熱刺激によって副交感神経が優位になると、目の周囲もリラックスします。そのため、毛様体筋の血流が改善したり、〝緊張してこり固まった状態〟だった毛様体筋が働きやすくなったりします。すると、近くが見えやすくなるなどの調節力の回復がなされたり、目の疲労感が取れたりするわけです。
 また、蒸しタオルなどで目を温めると、まぶたの中にある脂腺(マイボーム腺)から脂が分泌されやすくなります。この脂分が、眼球の表面で涙の上を覆うように膜を形成し、涙の蒸発を防ぐので、ドライアイが改善するわけです。

 最後に、目の疲労感については、1つお伝えしたいことがあります。
 最近、メガネやコンタクトレンズの過矯正が原因で、目の疲れを訴える人が増えています。ひとことで言えば、「度が強すぎる」ということです。

 過矯正は、強制的にピントを遠方に合わせた状態にしていることになります。ですから、日常生活でよく見る近距離をはっきり見るためには必要以上の調節力を要することになり、目の負担が大きくなります。

 蒸しタオルの温熱療法とともに、メガネやコンタクトの度数のチェックも忘れないようにしましょう。

高橋洋子
1985年、東京女子医科大学卒業。86年、東京慈恵会医科大学眼科学講座に入局後、同助手、東急病院眼科医長、南青山アイクリニック勤務、米国ハーバード大留学、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター准教授、品川近視クリニック勤務などを経て、みたにアイクリニックを2011年に開設。医学博士。日本眼科学会認定専門医。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

首ネコ背は、1日3分ほど体操するだけで改善でき、視力の向上を期待できます。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな目の症状に効果のある首ネコ背を改善する体操を紹介します。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【チェックリスト付き】視力低下の原因は「首猫背」だった 直せば老眼、近視、乱視は改善できる!

【チェックリスト付き】視力低下の原因は「首猫背」だった 直せば老眼、近視、乱視は改善できる!

私は、21年間にわたって視力の低下と、それを回復させるためになぜ目が悪くなるかの原因の研究を重ねてきました。その結果、視力が落ちた人の体では、「頭の過前傾」が起こっていることを突き止めました。これはつまり、「首ネコ背」です。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング