【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


便のタイプで便秘の解消法が違う

 皆さんは、ふだん、どのような便をしていますか? 便を大きく分けると、次の3つのタイプがあります。

❶コロコロタイプ・・・便の水分が少なくて硬い
❷ゆるゆるタイプ・・・便が軟らかくて形にならない
❸ねっとりタイプ・・・便がねっとりとして重い

 食物繊維をとる、冷たい水を飲むなど、一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の調子がよくならなかったり、たとえ便通はあってもスッキリしなかったりするものです。例えば、コロコロタイプの人は、冷たい水をたくさん飲むと、便秘がひどくなる場合があります。

 便は健康のバロメータと言います。インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」でも、便の出方を重視し、便秘は万病のもとと考えられてきました。

 腸は、便を形作って排泄する器官ですが、アーユルヴェーダでは、全身にたまった毒素を集めて体の外に出す働きがあるとも考えられています。

 私たちの体では、食べ物をとり、消化して、エネルギーとして使う過程で、毒素が生み出されています。便とともに排泄される毒素は、便秘が続くと、どんどんと体内にたまっていくことになるのです。

 その結果、頭や肩が痛くなったり、すぐに疲れたり、暗い考え方になったりしがちです。

 理想的なのは、毎朝、切れのよい便がスキッと出ること。形はバナナ状で、色が薄くてべたつかず、においもありません。そして、肛門の周囲が汚れず、おしりを拭く紙も少なくて済むので、環境に優しいエコな便です。

 今回は、便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。

便はその人の体質が大きく関係する

 便秘になりやすいかどうか、そして、どのような便が出やすいかは、その人が生まれ持った体質が大いに関係します。

❶コロコロタイプ
「1〜2週間、出ないことも珍しくない」というコロコロタイプの人は、体が乾燥しやすい傾向があります。アーユルヴェーダで言うところの「ヴァータ」体質です。生活が不規則になると、便秘になりがちです。

❷ゆるゆるタイプ
 ゆるゆるタイプの場合、どちらかというと下痢ぎみで、便が出た後に肛門がひりひりと痛くなることがよくあります。
 時間に追われて、勢いよくがつがつと食べると便通が乱れるこのタイプは、「ピッタ」体質とされています。

❸ねっとりタイプ
 ねっとりタイプは、便が出てもスッキリしません。爽快感がないうえ、便をした後でおしりを紙でごしごしと拭きたくなることもよくあります。甘い物や脂肪が多いこってりした物が好きではありませんか? 体が重くなる傾向がある「カパ」体質です。

便をスキッと出すと毎日が明るく楽しい

 こうした体質は、生まれつきのものなので、人生を通して本質的には変わりません。しかし、年齢や生活習慣、季節などで、違う体質の傾向が出てくることもあります。

 私たちの人生では、生まれてから25歳くらいまでは、カパが優勢で、体がみずみずしい時期です。25歳から50歳までの間はピッタが優勢で、行動力・知力にあふれ、エネルギッシュです。50歳以降はヴァータが優勢で、全身に乾燥感や軽さがもたらされます。

 生まれつきの体質や、年齢・季節による体質の変化を知っておくことは、便をスキッと出して、毎日を明るく、楽しく過ごすためにたいへん役立ちます。

 アーユルヴェーダは、5000年にわたって伝えられてきた、長い歴史を持つ自然医学です。私自身、胃痛や湿疹に悩まされていた30歳の頃にアーユルヴェーダの本と巡り合い、その生活術を実践しました。

 そして、体調が回復したばかりか、約80㎏あった体重が60㎏まで減り、便通も安定しました。すがすがしく起きることができて、朝いちばんに便がスキッと出て、気持ちにも余裕が生まれてきたのです。

蓮村 誠
1961年、神奈川県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業、医学博士。東京慈恵会医科大学病理学教室および神経病理研究室勤務の後、92年、オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ医師養成コースに参加。現在、診療に当たる傍ら全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載などマハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。『毒を出す食ためる食』(PHP文庫)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング