【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院工学研究科人間生活工学研究室教授) 私の研究室では、人間の生活環境について多様な角度から研究しています。以前、研究室の学生だった高橋圭佑君が中心となり、東京ガス(株)都市生活研究所との共同研究として次のような実験を行いました。


42℃のシャワーが目の疲労回復に最も効果的

 私の研究室では、人間の生活環境について多様な角度から研究しています。以前、研究室の学生だった高橋圭佑君が中心となり、東京ガス(株)都市生活研究所との共同研究として次のような実験を行いました。

 協力してもらったのは、20代の健康な男性10名。いずれも裸眼または矯正で正常な範囲の視力がある人たちです。
 まず、目を疲れさせる目的で細かい文字を読むパソコン作業を20分間してもらいます。

 次に浴室でイスに座り、うつむいた状態で目を閉じ、目の周囲だけにシャワーのお湯を当ててもらいました。これを片方の目につき1分ずつ、左右交互に3回で、計6分間行いました。シャワーの水量は一般的な毎分5Lの強さです。

 実験では、シャワーの温度が「42℃の場合」「32℃の場合」「シャワーを浴びない場合」の3つの条件を設定しました。32℃は人の皮膚温に近い温度です。もしシャワー浴が目の疲労回復に効果があった場合、それが水圧のマッサージ効果によるものなのか、温熱効果によるものかを区別するため、この条件を加えました。

 被験者は、実験開始前とパソコン作業直後、シャワーを浴びた後に、それぞれ視力を測定。正確を期すため、先の3つの条件のいずれにおいても同じ時刻に実施しました。つまり、1人の被験者につき、3日かけて実験を行ったわけです。

 その結果、目の疲労回復に最も効果的だったのは「42℃」のシャワーでした。パソコン作業直後の視力と比較すると、全体平均で0・3近くも視力がアップしたのです。なかには、実験開始前よりも視力が上がったケースもありました。

「32℃」は、「シャワーなし」に比べれば多少効果があるものの、「42℃」との差は歴然。このことから、視力回復は水圧のマッサージ効果によるものではなく、温熱効果によるものと考えられます。

 また、被験者から目の疲れに関する主観的評価を聞き取ったところ、42℃のシャワーの後は「目のショボショボ感が最も減少し、スッキリ感が増加する」ことがわかりました。

 目が疲れると、目の中でピント合わせをする毛様体筋の働きが衰え、一時的な視力低下を引き起こします。目の周辺へ温かいシャワーを当てると皮膚温が上昇し、付近の血流がよくなって、毛様体筋の疲労回復が促進されると考えられます。

自宅で行う場合は両目同時に行ってO‌K

 実験では片目ずつシャワーを当てましたが、これは結果を正確に出すためです。家庭で行う場合は、目を閉じて両目へ同時にシャワーのお湯を当てるやり方でかまいません。

 寒い時期は湯冷めを防ぎ、お湯の無駄を少なくするという意味でも、湯ぶねにつかりながら目にシャワーを当てるのがいいでしょう。シャワーの温度などの条件も自分で加減してください。42℃で熱く感じたら、少し下げてもいいでしょう。水圧についても目を痛めないよう、少し弱めでじゅうぶんです。

 シャワーを当てる時間は、後に自宅で試した人から「30秒でもかなりスッキリした」という声もありました。ご自分で実際に試して、最もいいやり方を見つけてください。

 ただし、コンタクトレンズを使用している人は、レンズを外して行ってください。

「1000分の1秒の青い光」に大きな可能性あり

 私が現在取り組んでいる「光」の研究にも、目に関係する最新の内容があるので、ご紹介しましょう。

光を感じる視細胞には従来、主に〝色〟を認識する錐体細胞と、主に〝明暗〟を認識する桿体細胞があることがわかっていました。そして近年、「第3の視細胞」と呼ばれるipRGC(内因性光感受性網膜神経節細胞)が発見されました。

 ipRGCには、私たちの体内時計(24時間周期の地球環境に応じて体内の活動を調節するしくみ)をコントロールしたり、縮瞳(瞳孔の大きさが縮むこと)や覚醒度をつかさどったりする独特な働きがあります。

 近年、私が精力的に行ってきた実験によって、このipRGCを効率的に活性化する方法がわかってきました。わずか1000分の1秒ほどの短い時間単位で、少し強めの「青い光」を目の網膜に当てるのです。

 将来的には、こうした研究内容が電球などの照明に生かせるはずです。見た目は温かみのある色の光の中に、視覚的にまったく気づかないレベルの青い光を発する照明器具を開発できれば、目には優しく、脳が覚醒する効果を得られるでしょう。

オフィスなどで使えば、仕事がはかどるようになると予想されます。また、昼間に青い光をipRGCに当てれば、覚醒と睡眠のリズムが整い、睡眠障害の改善効果も期待できます。

 こうした研究内容が、皆さんの健康や利便性の向上などで実際に役立つまでには、もう少し時間がかかるかもしれません。それまでは、「目の周辺への温シャワー」をぜひ続けてみてください。

勝浦哲夫
1972年、九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業。86年、京都大学理学博士。日本生理人類学会認定アメニティプランナー。九州芸術工科大学芸術工学部助手、千葉大学工学部講師、同助教授を経て、96年より現職。2007年より、日本生理人類学会会長。専門は生理人類学、環境人間工学。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 


視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

「眼力」を鍛えれば脳も外見も若返り、直観力も運もアップするのです。「眼力」とは、文字どおり目の力のことですが、単なる視力とは違います。視力、つまりものを見る力は、目が持っている能力のごく一部に過ぎません。眼力を強化するトレーニングのやり方を紹介します。【解説】栗田昌裕(群馬パース大学学長・内科医) 


【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【研究室から】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0・3上がった!

【研究室から】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0・3上がった!

私の研究室では、人間の生活環境について、多様な角度から研究を進めています。「目周辺へのシャワー浴による目の疲労回復効果」は、その研究テーマの一つです。【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院人間生活工学研究室名誉教授)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング