【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


白湯を飲み始めて便秘知らずに!

 私は企業の健康管理室で働く保健師です。社員のかたがたへの健康指導のほか、心身の悩み事の相談にも応じます。

 そうした中でよく見られるのが、いつも体調が優れないかたたちです。「病気の治療が終わって復職したのに具合が悪い」「通院していても改善しない」「原因はわからないけれどだるい」とお話しになるかたが後を絶ちません。いつしか「治療法が根本的に違うのかもしれない」と思うようになりました。

 こうして、いろいろな勉強会に参加しているうちに出会ったのが、蓮村誠先生でした。自然に歩み寄って暮らすインドの伝承医学、アーユルヴェーダに、私が求めているものがあるように感じられて、それから5年間勉強を続けています。

 勉強を始めて私自身も最初に実行したのが、白湯を飲むことでした。

 その効果はすぐに実感できました。排便の状態が変わったのです。
 私はどちらかというと便秘で、排便習慣が不規則でした。便通が毎日あるわけではなく、出る時間も朝だったり夜だったり、また便もまるでウサギの糞のようにコロコロだったり、ときには重くてべっとりした便がたくさん出て、1回では流し切れなかったり、という状態でした。

 ところが白湯を飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。

気がつけばまったくカゼを引いていなかった

 そして、カゼも引かなくなりました。

 例年、季節の変わり目には必ずといっていいほど、ひどいのどのカゼを引いていたのに、気がつけばまったくカゼを引いていなかったのです。

 このように白湯の効果を体感できたので、健康管理室を訪れるかたたちにも勧めるようになりました。体調の悪さを訴える女性の多くが便秘であることも、白湯を勧める大きな理由です。便秘のかたには、白湯にひとつまみの岩塩と、搾ったレモン汁3〜4滴を入れて飲むこともお勧めしています。

 また、気分が沈みがちでうつ傾向にある場合も、消化力が落ちているので、腸の働きをよくする白湯が効果を現します。

 実行してくれたかたたちの反応は上々で、「お通じがよくなった」「体の中が温かくなった」「飲むとホッとする」などの報告をいただいています。多くのかたに喜んでいただいて、私もうれしく感じています。

→【白湯と毒出しスパイス】の作り方はコチラ

腸内の古い便も排泄される(マハリシ南青山プライムクリニック院長  蓮村 誠)

 白湯を飲み始めて大量の便が出ることも、珍しくありません。ふだん便通があっても、腸内の便がすべて出ていることは少なく、多くの人は古い便がたくさん残っているのです。

 白湯を飲むだけでも消化力が高まり、便が排泄されやすくなりますが、岩塩とレモンを入れると効果がさらに高まります。特に便がコロコロタイプの人に効果が高く、即効性があります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

カゼやインフルエンザの予防のためには、通常の口のうがいより、鼻うがいのほうが効果的と考えられます。その理由と鼻うがいの方法を紹介しております。【解説】堀田修(日本病巣疾患研究会会長・堀田修クリニック(HOC)院長)


【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング