【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

今、手作りの「フルーツ酵素ジュース」が人気になっているようです。このジュースを飲むメリットは2つ。1つめは、「酵素を補給できること」。2つめは、「発酵エキスを摂取できること」です。【解説】白川太郎(医療法人社団白金会 東京中央メディカルクリニック理事長) 


酵素を補給すれば体内の流れがスムーズに

 今、手作りの「フルーツ酵素ジュース」が人気になっているようです。栄養価の高い旬の果実を白砂糖とともに発酵させ、できたシロップを少量ずつ水で薄めて飲むのが基本的な楽しみ方です。
 このジュースを飲むメリットは2つ。1つめは、「酵素を補給できること」。2つめは、「発酵エキスを摂取できること」です。順に説明しましょう。
❶「酵素の補給」
 消化力がアップ!
 酵素は、さまざまな化学反応を促す物質です。体内の酵素は、食べ物を消化する「消化酵素」と、必要な物質やエネルギーをつくる「代謝酵素」に大別されます。
 でんぷんを分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼなど、消化酵素は比較的おなじみでしょう。同様に、代謝酵素にもさまざまな種類があります。例えば、細胞内でブドウ糖を分解してエネルギーをつくるのも酵素の働きです。
 また、生の食べ物に含まれている「食物酵素」も、体内の酵素の働きを補ってくれます。例えば、ダイコンのジアスターゼはアミラーゼと同様の酵素、パパイアに含まれるパパインはプロテアーゼの仲間です。
 体内では、多くの酵素がバトンを受け渡すように働き、必要な物質やエネルギーをつくっています。そこにさまざまな酵素を補うと、消化など、体内での物の流れがスムーズになることが期待されます。
 また、栄養の偏りや疲労などで、特定の酵素が不足したとき、別の酵素が代わりをしてくれれば、再びバトンがつながり、流れがスムーズになります。
 このように、酵素を補給して体内の反応をパワーアップしたり、不足をカバーしたりということが、酵素ジュースの第1のメリットです。

「フルーツ酵素ジュース」の作り方はこちら!

発酵エキスは善玉菌のエサになる

❷「発酵エキスの摂取」
  腸内環境が改善
 第2のメリットは、発酵によってできる有用成分が摂れることです。私自身は、「フルーツ酵素ジュース」の最大の特長は発酵にあると考えています。
 ヨーグルト、味噌、お酒などの発酵食品は、素晴らしい自然の恵みです。発酵によってできる成分は何千種類にも上ります。未知の有用成分も多数あります。フルーツ酵素ジュースは、さまざまな果実や野菜を使うので、発酵から得られる有用成分も極めて多彩だと考えられます。
 フルーツ酵素ジュースを毎日飲んでいると、食事だけからは摂れない、発酵エキスの有用成分を体に取り入れることになります。また、発酵エキスが腸に届いて善玉菌のエサになり、腸内環境を改善する働きもしていると考えられます。
 フルーツ酵素ジュース作りを指導している睦美先生の教室の生徒さんは、便秘がちだったケースが多く、そのほとんどの人が、このジュースを飲んで便通がよくなったということです。
 私は、睦美先生の生徒さんたち約20人に協力していただき、血液検査を行って、このジュースの「効果判定テスト」を実施しました。フルーツ酵素ジュースを飲む前と、飲み始めてから3〜4カ月後の血液を調べたところ、血中脂質の値や肝機能値などに問題があった人のほとんどが、検査値が改善していました。
 テストに協力いただいた皆さんの血清は、将来の研究のために冷凍保存してあります。これは、発酵でできた体によい成分が、腸から吸収され、血液中に入ってきているのではないかと推測しているからです。
 どんな成分が働いているのか、今のところはわかりませんが、発酵によってできるアミノ酸や糖などが、細胞の働きを活発にするような、無視しえない働きをしているはずだと感じています。

実際に口に入る砂糖の量は多くない

 フルーツ酵素ジュース作りには、白砂糖を大量に使います。そのために「血糖値が上がるのでは?」と心配する人も実際にいらっしゃいます。
 しかし、砂糖が分解されてできるブドウ糖は、発酵の過程でエネルギーとして使われ、違う物質になっています。ブドウ糖としてこのジュースの中に残っている量はごくわずかです。1杯のジュースに、そんなに多くの量が入るわけではないので、心配ありません。
 むしろ、発酵をスムーズにさせるためには、発酵にかかわる菌が取り込みやすいブドウ糖をたっぷり与えるほうがよいのです。このジュースに白砂糖を使うのはそのためです。
 なお、発酵のしかたによってはアルコールができ、お酒に弱い人は酔う可能性があります。そのような人は、ジュースをあまり長期間、保管しないほうがよいでしょう。
 また、腸内の細菌のパターンが変わる際に、一時的におなかがゆるくなる人もいるかもしれません。それは、体がいったん腸の状態をリセットして、あらためて善玉菌優位の環境を作り直そうとするためです。私自身は、まだそういう訴えを聞いたことはありませんが、体質に合うかどうか、1週間ぐらい様子を見て判断してもよいと思います。

白川太郎
1983年、京都大学医学部卒業。大阪大学医学部で予防医学を研究し、95年に医学博士号を取得。91年より英国留学、95年、オックスフォード大学医学部呼吸器科講師、99年、ウェールズ大学医学部大学院実験医学部門助教授などを歴任。2000年より京都大学大学院医学研究科教授を務めた後、06年に臨床現場に復帰。08年、長崎県諫早市にユニバーサルクリニック、13年、東京銀座に東京中央メディカルクリニックを開設。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


酵素ジュース 便秘 発酵

関連する投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング