私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 


飲むと疲れが取れて毎日元気に過ごせる!

 8年前、素材を極力加熱せず、生きた酵素やビタミンをいただくローフード(生食)に魅せられた私は、経営を引き継いだローフードのレストランでも、酵素ジュースをメニューに加えています。
 周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。まず皆さん、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。中には1回飲んだだけで翌日出たという人も。代謝もよくなるので、やせたり、むくみが取れたり、冷え症がよくなったりもします。私自身もそうした経験をした1人で、21㎏もの減量に成功しました。なにより、これを飲んでいると疲れが取れて、毎日元気で過ごせます。

素手で仕込むことでうまく発酵してくれる

❶常在菌の力を借りて発酵させる
 酵素ジュースのシロップは、私たちの皮膚を守ってくれている常在菌の力で発酵します。ですか
ら、シロップを作るときは素材をじかに手で扱って仕込みます。
 そうすると、常在菌が生きていくために果物やお砂糖をエネルギーにして発酵させ、より栄養価を高めてくれるのです。そのエキスを飲むことで、私たちは腸の状態がよくなり、免疫力も高まるというわけです。
 手で漬け込む発酵食品と言えば、お漬け物もそうですね。仕込んだ果実を手で混ぜるのは、ぬか床と同じように生きている菌の力をいただくため。手をあまりごしごし洗わないほうが、うまく発酵してくれるのですが、衣類にはほかの雑菌がついている可能性があるので、袖をまくってください。
❷光の入らない容器で漬け込む
 シロップを漬け込む容器は、光が入らないものを使ってください。材料の果物や野菜が光合成をするので、光が入ると発酵の妨げになると言われています。いちばんいいのは陶器か木樽ですが、手軽に用意できるのはホーローの器です。
 そして、その容器は酵素ジュース専用にしましょう。果物の種類は違ってもかまいません。ほかの発酵食品を作った容器や、煮炊きに使った鍋などはNGです。
❸ペットだと思って扱う
 菌も生き物なので、作る人の影響を受けます。私は「酵素もペットだと思ってください」と言うのですが、言葉をかけたり、よい音楽を聴かせたりすると、うまく発酵するようです。
 なるべく温度が一定で、人のいるところで育てましょう。

医師の解説はこちら

睦美
鹿児島大学卒業。若い頃から体の弱さに悩まされていたが、30代に出合ったアロマテラピーと栄養療法でぜんそくを完治。40代にさらなる健康を求めて、生の野菜や果実を加熱せずに食物酵素を生かす調理法「ローフード」を取り入れ、21kgの減量に成功した。2009年、ATTIVAローフードスクールを開校。ローフードマイスター1級、英国IFA認定アロマテラピスト。著書に『酵素シロップでやせる!』(大和書房)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

生命力の源「腎」を強化 頻尿や尿もれ、むくみの症状を改善「かかとの温め」

腎の機能が弱ると体にさまざまな症状が出てきます。特に多いのは、次のような症状です。むくみ、頻尿、尿もれ、腰やひざなどの関節痛、耳鳴り、難聴、足裏の湿疹、水虫、ふくらはぎがつる、下半身太り、こうした症状に思い当たる人は、かかとと、両くるぶしの後ろにあるへこみが冷えているはずです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング