【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

よく耳にする「骨盤のゆがみ」や「骨盤のずれ」。しかし、実際に骨盤そのものが変形しているケースはほとんどありません。それよりも問題となるのが「骨盤の後傾」で全身のさまざまな痛みや症状の原因となるのです。痛み取りとして、健康法として、またダイエット法として、骨盤起こしをぜひお試しください【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


問題は骨盤の後傾

「骨盤のゆがみ」や「骨盤のずれ」という言葉を、皆さんはよく耳にするでしょう。しかし、実際に骨盤そのものが変形しているケースは、ほとんどありません。それよりも問題となるのが、「骨盤の後傾」です。これが、全身のさまざまな痛みや症状の原因となるのです。

 骨盤の後傾とは、文字どおり骨盤が「正常な位置から後ろに傾いている状態」を指します。なんらかの痛みや症状を訴え、来院される患者さんのほぼすべてが、これに当てはまります。

 そこで私は、骨盤を正常な位置に戻すことを目的とした「骨盤起こし」体操を考案し、患者さんに実践してもらいました。
 そしてしばらくすると、ひざ痛や腰痛、股関節痛などの痛みが消えた、という患者さんの声が続出したのです。なかには、脊柱管狭窄症(脊髄などの神経が入った背骨を通る管が狭くなる病気)の激痛が消えて、手術しないで済んだ、という人もいらっしゃいました。

 骨盤が後傾するデメリットは、上半身の重みが股関節を圧迫し、その動きをロック(固定化)してしまうことです。股関節は、人体の中で最大の関節。立つ、座る、歩く、走るなど、足の動きすべてに関係しています。ですから、股関節の可動域が狭くなると、ほかの関節や筋肉がその働きを代行しようとしてしまいます。
その結果、腰やひざだけでなく、全身に過度の負荷がかかり、悲鳴を上げ始めるのです。

17㎏やせた人もいる

 骨盤の後傾は、内臓への悪影響ももたらします。

 本来は骨盤内に正しく収まっているはずの内臓が圧迫されるため、さまざまな病気や症状が現れます。便秘はその典型でしょう。男性は前立腺肥大症(膀胱の下で尿道を取り囲むようにある前立腺が肥大する病気)、女性は婦人科系疾患も生じやすくなります。
 背骨のわきを通っている自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)も圧迫されるので、その働きも悪くなります。

 姿勢で見てみると、骨盤が起きている人は、お尻がキュッと上がって、おなかにほどよい張りがあり、重心が安定しています。一方、骨盤後傾の人は、おなかが縮んでネコ背になり、お尻が垂れ、あごが出ています。

 それではここで、自分の骨盤が後傾しているかどうかがわかる簡単なチェック法をご紹介しましょう。
まず、ひざが直角になる高さのイスを用意し、そこに普段どおりに腰掛けます。

 そこで、お尻を少し浮かして、お尻のとがった骨(座骨結節)を手で触ってみましょう。
座骨結節がイスの座面に接地している人は、残念ながら骨盤が後傾しているようです。骨盤が後傾している人は「お尻」で座り、骨盤が起きている人は「太ももの裏」で腰掛けるため、座骨結節は座面には当たりません。

 さらに、骨盤が起きている人は、体の前面に重心があるため、5本の足の指全部を使って重心を支えることができます。それが若々しいスタイルを生み出すのです。患者さんの中には、17㎏ものダイエットに成功した人がいました。私自身も10㎏ほど自然にやせています。

 骨盤起こしを実践すれば、骨盤が正常な位置に戻り、股関節も内臓も正しく働き始めるでしょう。痛み取りとして、健康法として、またダイエット法として、骨盤起こしをぜひお試しください。

股関節も内臓も正しく働き始める

中村考宏
 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師。スポーツ・股割り研究所所長。株式会社MATAWARIJAPAN代表。骨盤のポジションと股関節運動
の関係に着目し、「骨盤起こしトレーニング」を考案。講習会を全国で開催している。著書に、『「骨盤おこし」で身体が目覚める』(春秋社)などがある。近著『人は「骨盤」から健康になる』(マキノ出版)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング