【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化、高血圧に効果

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


ケルセチンとはタマネギの皮の色素の元で優れた抗酸化物質 におい成分はセパエン類

 「タマネギで血液がサラサラになる」という話を、聞いたことがある人は多いでしょう。

 私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。
 その秘密こそ、タマネギに豊富に含まれる、含硫アミノ酸(硫黄を含む化合物)や、調理・加工によって生じる含硫化合物。これらの成分は、タマネギの可食部(白い部分)に多く含まれます。

 さて、タマネギというと、独特のにおいや辛味、切ったときに目に染みる、といったことを思い浮かべるでしょう。しかし、切る前のタマネギには、こうした刺激はありません。
 こうした変化は、調理の段階で、タマネギの白い部分に含まれる含硫アミノ酸と、アリナーゼという酵素が化学変化を起こすことで生じます。

 例えば、タマネギを切ると、細胞内の含硫アミノ酸とアリナーゼが化学変化を起こし、辛味成分であるチオスルフィネートに変化します。さらに、それを加熱したり、室温で放置したりすると、におい成分である脂溶性含硫化合物のトルスルフィドやセパエン類へと変化します。

 これらの成分は、血小板(血液を固めて出血を止める働きをする血液成分)の凝縮を抑制する働きがあるのです。
 さらに、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を強力に抑制する作用もあり、動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)の予防にも役立ちます。

 また、私が行った臨床試験では、血流改善効果や血圧上昇の抑制作用も確認できました。また、マウスでの実験では、記憶障害の改善効果も認められたのです。
 以上のことから、タマネギには、血栓(血液の塊)の形成や動脈硬化を防ぐ、つまり、血液をサラサラにする効果があるといえるのです。

 さらに見逃せないのが、タマネギには、ケルセチン類というフラボノイド(植物に含まれるポリフェノールの一種)が豊富に含まれることでしょう。ケルセチンは、タマネギの皮の色素の元になっており、過食部にはケルセチン配糖体という形で多く含まれます。
 このケルセチン及び、その配合体には、優れた抗酸化作用があることがわかっています。さらに、前述した含硫化合物も、抗酸化作用を持つことが判明しているのです。つまり、老化や病気の原因となる活性酸素を除去し、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。

切った後は水にさらす 脂肪の燃焼を促し血糖値や中性脂肪値を低下

 さて、このように有効成分が豊富なタマネギですが、その力を十分に引き出すには、調理のさいにコツがあります。

 それは、切ったタマネギを、室温で30分~1時間ほど放置することです(時間がないときは、タマネギを切った後、電子レンジで15秒ほど加熱)。

 こうすることで、アリナーゼが働き、先に上げたような含硫化合物が増えます。切った後、すぐに調理すると、酵素反応が十分ではないため、含硫化合物が生成されにくくなってしまうのです。
 また、生で食べるときは、水にさらさないようにしましょう。水にさらすことで、含硫化合物やケルセチンが流れ出てしまうからです。水にさらしたオニオンスライスは、おいしいかもしれませんが、健康効果を考えると有効成分がほとんど残っていません。
 また、加熱調理するときは、酵素を壊さないように、ゆっくりと加熱しましょう。

 さて、私がお勧めしたい調理法が、「酢タマネギ」です。私自身、もう10年以上、毎日欠かさず食べています。理想は、大さじ3~5を毎日食べることです。そのまま食べても構いませんし、サラダなど、ほかの料理に加えて食べてもよいでしょう。
 タマネギには、ケルセチン類や含硫アミノ酸だけでなく、整腸作用のある食物繊維やオリゴ糖も含まれています。さらに、脂肪の燃焼を促したり、血糖値や中性脂肪値を低下させたりする成分も豊富です。

 タマネギを酢に漬けることで、これらの有効成分が酢に溶け出し、体内に吸収されやすくなります。また、ご存じのように、酢自体にも、高血圧の改善や疲労回復効果など、優れた健康効果があるのです。

 酢は、穀物酢でも米酢でも黒酢でも構いません。重要なのは、継続して食べることです。ぜひ、酢タマネギを毎日の習慣にしてください。

「酢タマネギ」の作り方はこちら!

西村弘行
1945年横浜市生まれ。名古屋大学大学院農学研究科修士課程修了。農学博士。カリフォルニア大学バークレー校博士研究員、北海道大学農学部助教授、北海道東海大学学長などを経て2014年より現職。40年以上にわたりタマネギや行者ニンニクの機能性を研究。著書に『北の健康野菜』(北海道新聞社)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


【ふくらはぎの血栓】足の痛みやしびれが軽減したのはオクラ水のおかげ

【ふくらはぎの血栓】足の痛みやしびれが軽減したのはオクラ水のおかげ

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

大根ニンジンスープは、便秘の特効薬であり、即効性があるとされています。その秘密は、スープの材料となる食品の、複合的な作用だと考えられます。まず、大根やニンジンの食物繊維の働きです。そして、含有されるビタミン類や、酵素の働きも見逃せません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【世界が注目】糖尿病の改善、記憶力の向上に効果 「骨ホルモン」の増やし方

【世界が注目】糖尿病の改善、記憶力の向上に効果 「骨ホルモン」の増やし方

骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え内臓を保護するかたくて無機質な臓器であると考えられてきました。しかし近年の研究により骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は内分泌臓器でもあったのです。【解説】平田雅人(福岡歯科大学口腔歯学部客員教授・歯学博士) 


【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

クルミを摂取すると、α-リノレン酸の働きやビタミンEの作用によって、動脈硬化の予防・改善効果が期待できます。血液がサラサラになり血行も促されます。これらの総合的な作用により、性的興奮を感じたときに、陰茎の血管にドッと血液が流れ込むようになります。それがEDの改善に絶大な効果を発揮するのです【解説】林督元(弘邦医院院長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング