良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


成分の化学変化が血液サラサラのカギ

 「タマネギで血液がサラサラになる」という話を、聞いたことがある人は多いでしょう。

 私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。
 その秘密こそ、タマネギに豊富に含まれる、含硫アミノ酸(硫黄を含む化合物)や、調理・加工によって生じる含硫化合物。これらの成分は、タマネギの可食部(白い部分)に多く含まれます。

 さて、タマネギというと、独特のにおいや辛味、切ったときに目に染みる、といったことを思い浮かべるでしょう。しかし、切る前のタマネギには、こうした刺激はありません。
 こうした変化は、調理の段階で、タマネギの白い部分に含まれる含硫アミノ酸と、アリナーゼという酵素が化学変化を起こすことで生じます。

 例えば、タマネギを切ると、細胞内の含硫アミノ酸とアリナーゼが化学変化を起こし、辛味成分であるチオスルフィネートに変化します。さらに、それを加熱したり、室温で放置したりすると、におい成分である脂溶性含硫化合物のトルスルフィドやセパエン類へと変化します。

 これらの成分は、血小板(血液を固めて出血を止める働きをする血液成分)の凝縮を抑制する働きがあるのです。
 さらに、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を強力に抑制する作用もあり、動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)の予防にも役立ちます。

 また、私が行った臨床試験では、血流改善効果や血圧上昇の抑制作用も確認できました。また、マウスでの実験では、記憶障害の改善効果も認められたのです。
 以上のことから、タマネギには、血栓(血液の塊)の形成や動脈硬化を防ぐ、つまり、血液をサラサラにする効果があるといえるのです。

 さらに見逃せないのが、タマネギには、ケルセチン類というフラボノイド(植物に含まれるポリフェノールの一種)が豊富に含まれることでしょう。ケルセチンは、タマネギの皮の色素の元になっており、過食部にはケルセチン配糖体という形で多く含まれます。
 このケルセチン及び、その配合体には、優れた抗酸化作用があることがわかっています。さらに、前述した含硫化合物も、抗酸化作用を持つことが判明しているのです。つまり、老化や病気の原因となる活性酸素を除去し、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。

室温で30分置くと健康効果がアップ!

 さて、このように有効成分が豊富なタマネギですが、その力を十分に引き出すには、調理のさいにコツがあります。

 それは、切ったタマネギを、室温で30分~1時間ほど放置することです(時間がないときは、タマネギを切った後、電子レンジで15秒ほど加熱)。

 こうすることで、アリナーゼが働き、先に上げたような含硫化合物が増えます。切った後、すぐに調理すると、酵素反応が十分ではないため、含硫化合物が生成されにくくなってしまうのです。
 また、生で食べるときは、水にさらさないようにしましょう。水にさらすことで、含硫化合物やケルセチンが流れ出てしまうからです。水にさらしたオニオンスライスは、おいしいかもしれませんが、健康効果を考えると有効成分がほとんど残っていません。
 また、加熱調理するときは、酵素を壊さないように、ゆっくりと加熱しましょう。

 さて、私がお勧めしたい調理法が、「酢タマネギ」です。私自身、もう10年以上、毎日欠かさず食べています。理想は、大さじ3~5を毎日食べることです。そのまま食べても構いませんし、サラダなど、ほかの料理に加えて食べてもよいでしょう。
 タマネギには、ケルセチン類や含硫アミノ酸だけでなく、整腸作用のある食物繊維やオリゴ糖も含まれています。さらに、脂肪の燃焼を促したり、血糖値や中性脂肪値を低下させたりする成分も豊富です。

 タマネギを酢に漬けることで、これらの有効成分が酢に溶け出し、体内に吸収されやすくなります。また、ご存じのように、酢自体にも、高血圧の改善や疲労回復効果など、優れた健康効果があるのです。

 酢は、穀物酢でも米酢でも黒酢でも構いません。重要なのは、継続して食べることです。ぜひ、酢タマネギを毎日の習慣にしてください。

「酢タマネギ」の作り方はこちら!

西村弘行
1945年横浜市生まれ。名古屋大学大学院農学研究科修士課程修了。農学博士。カリフォルニア大学バークレー校博士研究員、北海道大学農学部助教授、北海道東海大学学長などを経て2014年より現職。40年以上にわたりタマネギや行者ニンニクの機能性を研究。著書に『北の健康野菜』(北海道新聞社)など多数。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

心筋梗塞などの心臓病が最も起こりやすいのは「冬の第1月曜日の朝」といわれています。体の中で24時間の時を刻む時計遺伝子があることが知られています。最新の研究で高血圧にも、この遺伝子が深く関わっているとわかってきました。時計遺伝子に関する新しい知識をぜひ生かしてみてください。【解説】大塚邦明(東京女子医科大学名誉教授 )


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング