「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギのサンラータン」「トマトと酢タマネギのサラダ」「サバと酢タマネギのホイル焼き」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「酢タマネギのサンラータン」の作り方

【材料】(2人分)
・生シイタケ……1枚
・豆腐……⅙丁
・水……400㎖
・アサリ……100g
・酢タマネギ……60g
・塩、紹興酒または酒、薄口しょうゆ……各少々
・コショウ……適宜
・ゴマ油……少々
・万能ネギ(小口切り)……少々

【作り方】
①生シイタケは軸を取り除いて薄切りにする。豆腐は一口大に切る。
②鍋に水とアサリ、酢タマネギを入れて火にかける。アサリの口が開いたら、塩、紹興酒、薄口しょうゆで味を整える。
③生シイタケと豆腐を加え、ひと煮する。
④コショウをたっぷり振り、ゴマ油で風味をつけ、万能ネギを散らす。

「酢タマネギ」の作り方はこちら!

「トマトと酢タマネギのサラダ」の作り方

【材料】(2人分)
・トマト……小2個(180g)
・塩、粗びき黒コショウ……各少々
・酢タマネギ……100g
・バジル、オリーブ油……各適宜

【作り方】
①トマトを1㎝幅の輪切りにして器に盛り、軽く塩、コショウを振る。
②❶に酢タマネギをのせ、バジルを散らし、オリーブ油をかける。

「サバと酢タマネギのホイル焼き」の作り方

【材料】(2人分)
・ピーマン……1個
・シメジ……½パック
・サラダ油……適宜
・サバ切り身……2切れ
・酢タマネギ……80g
・サラダ油……少々
[甘みそ]
 みそ……大さじ2
 砂糖……大さじ1
 みりん……少々

【作り方】
①ピーマンは種を取り除き、タテ4つに切る。
②シメジは粗くほぐしておく。
③甘みその材料をよく混ぜておく。
④アルミホイルに薄くサラダ油をぬり、サバを1切れ置き、¼量の甘みそをかけ、酢タマネギの半量をのせる。
⑤❹にピーマン2切れ、シメジの半量を添え、¼量の甘みそを上からかける。同様にしてもう1つ作る。
⑥アルミホイルをしっかり閉じて、オーブントースターで12分焼く。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

私は、いろいろな脱毛対策を行いました。育毛剤もたくさん試しました。しかし、決定打は見つかりません。そうした試行錯誤の中から、私が最終的にたどり着いたのが、タマネギでした。【体験談】亀井貴史(福岡県●42歳●理髪店経営)


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング