「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑤

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑤

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギトマト豚」「ハンバーグと酢タマネギの煮込み」「ブロッコリーと酢タマネギのホットサラダ」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家)


「酢タマネギトマト豚」の作り方

【材料】(2人分)
・豚ヒレ肉……180g
・しょうゆ……小さじ½
・紹興酒または酒…小さじ½
・片栗粉……適宜
・サラダ油……適宜
・ゴマ油……少々
・ミニトマト……6個
・酢タマネギ……80g
[スープ]
 水……大さじ4
 鶏ガラスープの素……小さじ¼
・砂糖……大さじ1
・しょうゆ……大さじ½
[水溶き片栗粉]
 水……小さじ2
 片栗粉……小さじ1
・粗びき黒コショウ……各少々

【作り方】
①豚ヒレ肉は一口大に切り、しょうゆ、紹興酒をもみ込む。
②豚肉に片栗粉をまぶし、多めのサラダ油を入れたフライパンを中火にかけ、周りがこんがり色づくまで焼き、一度取り出す。
③❷のフライパンを紙タオルでふき、ゴマ油を少々加えて中火にかけ、ミニトマト、酢タマネギを炒める。
④ミニトマトと酢タマネギに油が回ったら、スープ、砂糖、しょうゆを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、❷の豚肉を戻し入れる。
⑤仕上げにゴマ油少々を加えて香りをつけ、粗びき黒コショウをかける。

「酢タマネギ」の作り方はこちら!

「ハンバーグと酢タマネギの煮込み」の作り方

【材料】(2人分)
[ハンバーグの種]
 合いびき肉……200g
 パン粉……½カップ
 溶き卵……小1個分
 塩、コショウ……各少々
・キャベツ……⅙個(200g)
・オリーブ油……適宜
・酢タマネギ……100g
・白ワイン……10㎖
・トマトの水煮缶……¼缶(100g)
・チキンスープの素……½個
・ケチャップ……大さじ2〜3
・ベイリーフ……2枚
・生クリーム、パセリのみじん切り……各少々

【作り方】
①ハンバーグの種の材料をすべて合わせてよくこね、6等分に丸める。
②キャベツは4〜5㎝角のざく切りにする。
③フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ハンバーグの両面を焼いて一度取り出す。
④フライパンにオリーブ油を少々足し、酢タマネギとキャベツを炒める。
⑤キャベツに油が回ったら、取り出したハンバーグを戻し、白ワインを回しかける。
⑥トマトの水煮、チキンスープの素、ケチャップ、ベイリーフを加え、ふたをして、弱火で野菜がしんなりするまで約15分煮る。
⑦器に盛り、生クリームをかけ、パセリのみじん切りを散らす。

「ブロッコリーと酢タマネギのホットサラダ」の作り方

【材料】(2人分)
・ブロッコリー……⅓株(80g)
・ベーコン……3枚(50g)
・ニンニク……1片
・オリーブ油……大さじ2〜3
・酢タマネギ……80g
・塩、コショウ……各適宜

【作り方】
①ブロッコリーは小房に分けて塩ゆでにする。ベーコンは1㎝幅に切る。
②フライパンにつぶしたニンニク、オリーブ油、ベーコンを入れ、中火にかける。ベーコンがチリチリしてきたら、酢タマネギを加えて全体がなじむまで炒め、塩、コショウで味を整える。
③❷をブロッコリーにかける。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング