【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


女医が勧める美味ドレッシング

 タマネギが体によいのは、比較的よく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。
 しかし、タマネギを毎日食べたくても、刻んだときのあのツンとする刺激臭が嫌で、タマネギの調理はちょっと苦手という人も多いでしょう。
 そこでお勧めなのが、「タマネギドレッシング」です。タマネギドレッシングは、糖尿病や、その合併症を予防する効果が期待できます。常備しておけば、手軽にタマネギを摂取できるほか、いろいろな料理がとてもおいしく食べられるのです。
 タマネギにオリーブ油と酢を加えて作るタマネギドレッシングは、糖尿病に有効な作用があります。

 まず、タマネギには、グルタチオンという物質が含まれています。これはタマネギの甘味成分で、抗酸化物質の一つ。このグルタチオンに、膵臓のβ細胞を保護し、インスリンの分泌を促す働きがあるのです。
 新しく開発された糖尿病治療薬に、グルタチオン酸の作用を強化した薬があり、治験(新薬が承認されるための臨床試験)で糖尿病への効果が確認されています。タマネギには、薬のように高濃度のグルタチオンは含まれてはいないものの、毎日食べることで、血糖値の改善効果が期待できるのです。
 タマネギには、ケルセチンという強力な抗酸化物質(酸化を防止する物質)も含まれています。酸化は老化を引き起こしますが、これらの有効成分は、酸化の害を抑えてくれます。膵臓をはじめ、他の臓器や血管などが酸化されにくくなって、体を若々しく保つことができます。

 オリーブ油には、オレイン酸という酸化されにくい脂肪酸が多く含まれています。オレイン酸には、動脈硬化やガンの原因となる過酸化脂質を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを減らす作用があるのです。
 酢には、血流を促して、血圧を下げたり、コレステロールを減らしたりする作用があります。さらに、酢酸やクエン酸などの有機酸が豊富です。有機酸はエネルギーを生み出すクエン酸回路を活性化するので、疲労回復に役立ちます。
 糖尿病に高血圧、動脈硬化、高脂血症(血液中にコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態)が重なると、合併症を引き起こすリスクが高まりますが、タマネギドレッシングには、それを抑える働きがあるのです。

豚肉料理に使うのが特にお勧め!

 タマネギドレッシングは、サラダや和え物のほか、和風・洋風を問わず、肉料理や魚料理などに、とてもよく合います。
 特に、ポークソテーや煮物など豚肉料理に使うのがお勧め。タマネギの硫化アリルという成分によって、豚肉に含まれるビタミンB1の吸収がよくなり、糖質やたんぱく質がエネルギーに変わりやすくなるなど、新陳代謝が活発になるからです。

 タマネギドレッシングは健康によいので、血糖値の高い人だけでなく、どなたにもお勧めできます。いろいろな料理に活用して、おいしく食べながら、糖尿病の予防・改善をはじめ、健康増進に役立ててください。

里見英子
1953年石川県生まれ。兵庫医科大学卒業後、白山病院副院長を経て、現職に至る。白山病院では、ケアマネージャー及び介護保険適応療養型病床群の主治医として、介護する側の現場で医療活動に従事。テレビ・ラジオなどの出演により、わかりやすい健康法を広く伝え、著作・講演活動も積極的に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【簡単で美味しい】食事制限と運動なしで5kg減!服も2号ダウンした秘密は…

【簡単で美味しい】食事制限と運動なしで5kg減!服も2号ダウンした秘密は…

私は年齢を追うごとに体重が増え、最高で70㎏近くに達していました(身長は158㎝)。血圧は50歳すぎから高くなり、最大血圧が140〜150㎜、最小血圧が90〜100㎜ありました(正常値は最大血圧140㎜未満、最小血圧90㎜未満)。【体験談】主婦・65歳 吉田晶子(仮名)


【干しブドウ酢】薬でも下がらなかった高血圧を食事で改善した私たち夫婦

【干しブドウ酢】薬でも下がらなかった高血圧を食事で改善した私たち夫婦

現在74歳になる夫が降圧剤を飲むようになったのは、30年くらい前からです。最初は軽い薬でも効いていたのですが、年齢とともに効きにくくなり、薬を強くしても最大血圧は140㎜台。体調の悪いときは165㎜まで上がったこともありました。【体験談】主婦・68歳 力丸教子


【医師解説】降圧剤のリスク 高血圧の薬、飲むのをやめたらどうなるか?

【医師解説】降圧剤のリスク 高血圧の薬、飲むのをやめたらどうなるか?

血液は、かたくなった血管の中を流れ、栄養や酸素を送り、かたくなった血管を再び通って戻ってきます。血管がかたいため、力いっぱいポンプで送り出さないと、血液は体の隅々まで届きません。【解説】松本光正(おおみや診療所医師)


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング