【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


→減量成功率は93%!医師考案「食前キャベツ」とは

1食前にキャベツを食べる

 キャベツ1/6玉を、食事の前によくかんで食べましょう。キャベツは生のまま、約5㎝角のざく切りにします。食べごたえを残すためです。ノンオイルドレッシングやレモン汁、ポン酢などをかけてもけっこうです。
 毎食前に食べるのが理想ですが、最低限、夕食の前だけはキャベツを食べてください。キャベツ以外のレタスやトマト、キュウリなどでもOKです。

*①の生野菜と②の煮野菜を、10分間かけて食べます。早食いしては意味がありません。タイマーをセットして、10分間、野菜を食べ続けてください。
*食前以外でも、空腹のときや口寂しいときは、①の生野菜と②の煮野菜なら、好きなだけ食べてかまいません。

2加熱した野菜を食べる

 キャベツを食べてももの足りないとき、空腹でキャベツを切る時間も取れないときのために、加熱した野菜料理を常備しておきましょう。
 お勧めは、根菜のおでんや、葉野菜の煮びたしです。おでんには、はんぺんなどの練り物や、卵は入れないでください。コンニャク、ダイコン、ゴボウ、レンコンなどがよいでしょう。練りガラシや柚子コショウなどをつけてもいいですし、だしをコンソメなどに変えてもかまいません。
 煮びたしは、コマツナや、ハクサイ、ホウレンソウなど、なんでもでけっこうです。少量の油揚げやチリメンジャコ、サクラエビなどを加えてもいいでしょう。

3たんぱく質をとる

 筋肉と基礎代謝量(安静時に消費するエネルギー量)をへらさないため、たんぱく質を1日70gとることが必要です。
 1日にとるたんぱく質70gの目安は、以下の合計です。
 このたんぱく質を摂取するために、どのような料理が食べられるのか、次のページから具体的に紹介します。
 各料理には、1日に必要なたんぱく質のうち、その料理で摂取できるたんぱく質の量をイラストで示しました。残りのたんぱく質は、ほかの食事で補いましょう。

●牛乳…200ml
●卵…1個
●肉…80g
●魚…80g
●豆腐…1/2丁

4主食をへらす

 ご飯は1日に茶わん2杯を目安にします。できれば、朝昼で1杯ずつ食べ、夜は主食を抜きましょう。おかずを薄味にすれば、ご飯を食べなくても満足できます。

5砂糖、油、塩分を控える

 摂取エネルギーをおさえるため、おかずの調理には砂糖や油をできるだけ控えましょう。さらに、塩分を控えた薄味にすることで、ご飯やパンがなくても満足できます。
 また、できれば夕食は午後8時までに済ませましょう。その後に空腹で眠れないようなら、生野菜や煮野菜を食べてください。

6おやつは果物にする

 3ヵ月間の辛抱と思って、お菓子をやめましょう。そのかわり、握りこぶし大の果物2個(小さなミカンなら2個、大きめのリンゴなら1個)を、おやつに食べてください。イライラの軽減に役立ちます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング