【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


タラとフキのオムレツ

野菜の香りが口に広がる

[材料](4人分)
 ・生タラ…4切れ(320g)
 ・白ワイン…大さじ2
 ・ゆでたフキ…200g
 ・タマネギ…100g
 ・赤パプリカ…80g
 ・マッシュルーム…100g
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・卵…4個
 ・塩…小さじ1/4
 ・コショウ…少々 
 ・パセリ…少々

[作り方]
❶タラを鍋に入れ、ワインを加える。ふたをして弱火にかけ、蒸し煮にして火を通す。そのまま冷まし、皮、骨を取り除いて、身をほぐす。
❷フキは皮をむき2㎝幅に、タマネギは粗みじん切りに、パプリカは1㎝角に、マッシュルームは縦半分に切ってから5㎜幅に切る。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、②を炒める。くったりしたら①を加え、炒め合わせる。
❹ボウルに卵を溶きほぐし、③、塩、コショウを加える。
❺直径18~20㎝のフライパンに、オリーブ油を中火に熱し、④を流し入れる。3~4回混ぜ、表面を平らにして、ふたをする。弱火で7~8分焼いて、表面が乾いたら、ひっくり返し、こんがりと焼き上げる。切り分けて、パセリを飾る。

豆腐の中華風ミルク煮

みじん切りのセロリの香りが立っている

[材料](2人分)
 ・豆腐(木綿)…1丁(300g)
 ・セロリ…30g
 ・ニンジン…20g
 ・ゴマ油…小さじ1
 ・ニンニク(みじん切り)…1/2片分
 ・豚ひき肉…50g
 ・Ⓐ牛乳…200㎖、塩…少々、コショウ…少々、カキ油…小さじ1/4
 ・セロリの葉…少々

[作り方]
❶セロリ、ニンジンは5㎜角に切る。
❷フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ、中火で熱し、豚ひき肉をポロポロに炒めて、①を加え、さらに炒める。Ⓐを加え、豆腐を丸ごと入れ、菜ばしで2㎝角ほどの大きさに割る。
❸煮立ったら弱火にし、3~4分煮立てて味をなじませる。セロリの葉を加え、一煮する。

チキンカレーミルク煮

マイルドな辛さでネギの甘みが際立つ

[材料](2人分)
 ・鶏もも肉…小1枚(200g)
 ・Ⓐ塩…小さじ1/6、コショウ…少々、カレー粉…小さじ1
 ・ネギ…2本(200g)
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・ニンニク(みじん切り)…1/2片分
 ・Ⓑカレー粉…小さじ1/4、ローリエ…1/2枚
 ・牛乳…200㎖
 ・クレソン…少々

[作り方]
❶鶏肉は大きめの一口大に切り、Ⓐをもみ込む。
❷ネギは縦半分に切ってから2㎝幅に切る。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を焼きつける。両面がカリッとしたら、ニンニク、②、Ⓑを加え、ネギがくったりするまで炒める。
❹牛乳を加え、煮立ったら、弱火にし、5~6分煮詰める。
❺盛りつけて、クレソンを添える。

魚のヨーグルト煮

ほのかな酸味が魚の味を引き立てる

[材料](2人分)
 ・メカジキ…2切れ(200g)
 ・塩…少々
 ・コショウ…少々
 ・小麦粉…少々
 ・ヨーグルト(プレーン)…150g
 ・ニンニク…1/2片分
 ・タマネギ…50g
 ・トマト…150g
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・インゲンマメ…少々

[作り方]
❶ニンニク、タマネギは、みじん切りにする。トマトは1㎝角に切る。
❷魚に、塩、コショウをし、小麦粉をはたきつける。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、②をソテーする。こんがりしたら、①を加え、軽く炒める。ヨーグルトを加え、4~5分煮て、なじませたら、塩、コショウで味を調える。
❹盛りつけて、ゆでたインゲンマメを添える。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食事療法の種類 糖尿病

関連する投稿


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

タマネギの成分が健康にもたらす効果は、さまざまな研究により明らかです。特に、血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮し、「食べる薬」といっても過言ではありません。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


1日に食べる量は?漬け酢はどうする?「酢玉ねぎ」Q&A

1日に食べる量は?漬け酢はどうする?「酢玉ねぎ」Q&A

よくある疑問にズバリ回答!どこよりも詳しく分かる「酢タマネギ」Q&A【回答】周東寛(医学博士・南越谷健身会クリニック院長)


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング