【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


タラとフキのオムレツ

野菜の香りが口に広がる

[材料](4人分)
 ・生タラ…4切れ(320g)
 ・白ワイン…大さじ2
 ・ゆでたフキ…200g
 ・タマネギ…100g
 ・赤パプリカ…80g
 ・マッシュルーム…100g
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・卵…4個
 ・塩…小さじ1/4
 ・コショウ…少々 
 ・パセリ…少々

[作り方]
❶タラを鍋に入れ、ワインを加える。ふたをして弱火にかけ、蒸し煮にして火を通す。そのまま冷まし、皮、骨を取り除いて、身をほぐす。
❷フキは皮をむき2㎝幅に、タマネギは粗みじん切りに、パプリカは1㎝角に、マッシュルームは縦半分に切ってから5㎜幅に切る。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、②を炒める。くったりしたら①を加え、炒め合わせる。
❹ボウルに卵を溶きほぐし、③、塩、コショウを加える。
❺直径18~20㎝のフライパンに、オリーブ油を中火に熱し、④を流し入れる。3~4回混ぜ、表面を平らにして、ふたをする。弱火で7~8分焼いて、表面が乾いたら、ひっくり返し、こんがりと焼き上げる。切り分けて、パセリを飾る。

豆腐の中華風ミルク煮

みじん切りのセロリの香りが立っている

[材料](2人分)
 ・豆腐(木綿)…1丁(300g)
 ・セロリ…30g
 ・ニンジン…20g
 ・ゴマ油…小さじ1
 ・ニンニク(みじん切り)…1/2片分
 ・豚ひき肉…50g
 ・Ⓐ牛乳…200㎖、塩…少々、コショウ…少々、カキ油…小さじ1/4
 ・セロリの葉…少々

[作り方]
❶セロリ、ニンジンは5㎜角に切る。
❷フライパンにゴマ油、ニンニクを入れ、中火で熱し、豚ひき肉をポロポロに炒めて、①を加え、さらに炒める。Ⓐを加え、豆腐を丸ごと入れ、菜ばしで2㎝角ほどの大きさに割る。
❸煮立ったら弱火にし、3~4分煮立てて味をなじませる。セロリの葉を加え、一煮する。

チキンカレーミルク煮

マイルドな辛さでネギの甘みが際立つ

[材料](2人分)
 ・鶏もも肉…小1枚(200g)
 ・Ⓐ塩…小さじ1/6、コショウ…少々、カレー粉…小さじ1
 ・ネギ…2本(200g)
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・ニンニク(みじん切り)…1/2片分
 ・Ⓑカレー粉…小さじ1/4、ローリエ…1/2枚
 ・牛乳…200㎖
 ・クレソン…少々

[作り方]
❶鶏肉は大きめの一口大に切り、Ⓐをもみ込む。
❷ネギは縦半分に切ってから2㎝幅に切る。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を焼きつける。両面がカリッとしたら、ニンニク、②、Ⓑを加え、ネギがくったりするまで炒める。
❹牛乳を加え、煮立ったら、弱火にし、5~6分煮詰める。
❺盛りつけて、クレソンを添える。

魚のヨーグルト煮

ほのかな酸味が魚の味を引き立てる

[材料](2人分)
 ・メカジキ…2切れ(200g)
 ・塩…少々
 ・コショウ…少々
 ・小麦粉…少々
 ・ヨーグルト(プレーン)…150g
 ・ニンニク…1/2片分
 ・タマネギ…50g
 ・トマト…150g
 ・オリーブ油…大さじ1/2
 ・インゲンマメ…少々

[作り方]
❶ニンニク、タマネギは、みじん切りにする。トマトは1㎝角に切る。
❷魚に、塩、コショウをし、小麦粉をはたきつける。
❸フライパンにオリーブ油を中火で熱し、②をソテーする。こんがりしたら、①を加え、軽く炒める。ヨーグルトを加え、4~5分煮て、なじませたら、塩、コショウで味を調える。
❹盛りつけて、ゆでたインゲンマメを添える。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食事療法の種類 糖尿病

関連する投稿


【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

猫との交流を通じて、皆さんご自身にオキシトシンがよく分泌されるようになれば、それは、周囲にいる人たちへも波及していくはずです。人に優しくなれれば人間関係がスムーズになり、その輪にいる人たちすべてが、オキシトシンに満たされるでしょう。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。血圧や血糖値が下がった、ダイエットできた、という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。この機会にぜひ作ってみてください。【料理】古澤靖子(料理研究家)


【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

琉球大学医学部附属病院では、病棟や外来の糖尿病・肥満症診療で玄米食を勧め、優れた成績を上げています。玄米を食べることで、脂っこい肉料理よりも、野菜や豆、海藻などを好むようになり、摂取エネルギーが自然に減ったことが挙げられます。血糖値が高い人は、玄米を食べてください。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング