【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院肥満・糖尿病センター長)


ストレス対策が糖尿病撃退のカギ

 糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。

 一つめは、本人がやる気になることです。
 医師がどんなに「体重を落としましょう」といっても、本人にやる気がなければ、減量はうまくいきません。
 そういう意味では、患者さんのやる気を引き出すことが、私たち医師の最大の役目かもしれません。
 私が提唱する食事療法は、空腹に悩まされず、期間は3ヵ月。体重は3〜5%落とすだけです。「これなら、やってみよう」という気になるでしょう。

 二つめは、過食に走る原因を探り、それを解決することです。
 過食の理由のほとんどは、日常の小さなストレスです。
 男性なら、「上司に理不尽な怒られ方をした。腹が立って、酒を飲まなければ眠れなかった」という話をよく聞きます。
 女性は「介護している姑に嫌みをいわれ、イライラしてお菓子に手が伸びてしまった」というケースが多いようです。

 ストレスは、過食=肥満の原因になるばかりでなく、血糖値を上げる要因にもなります。ストレスコントロールは、糖尿病対策の大きな要です。
 私は、患者さんの話に耳を傾け、必要があればアドバイスをしています。
「必要があれば」というのは、話を聞いてもらうだけで、ストレス自体が軽減する人が多いからです。医師でなくとも、身近な人に愚痴や悩みを聞いてもらうのも、一つの手です。

 ちなみに、私のアドバイスの基本は「あなたは幸せだよ」というメッセージです。
 例えば、上司に怒られた男性には、「嫌な上司がいても、この不景気に勤める会社があるのは、幸せだよねえ」と話します。
 姑の介護をする女性には、「介護する側とされる側、幸せなのはどちらかねえ」というのです。
 ものの見方を少し変えるだけで、ストレスの度合いも変わってくるものです。
 また、一人でできるストレス解消法としては、歌うことがお勧めです。大きな声を出すと、うっぷんを発散できます。カラオケなどは最適でしょう。
 基本的には、自分が好きな歌を歌えばいいでしょう。できれば、元気の出る曲がお勧めです。演歌は、歌詞もメロディも暗いものが多いので、避けたほうがいいと思います。

カラオケは元気の出る曲がお勧め

寝る前の10分間で1日を振り返る

 三つめは、軽い運動です。
 消費エネルギーをふやす目的ですが、ストレス解消の一助にもなります。お勧めは、毎食30分後に、30分歩くことです。
 血糖値は、食後20〜30分で上がってきます。このときに、体を動かしてエネルギーを使うと、血糖値の上昇とインスリン分泌がおさえられ、体に脂肪が蓄積されるのを防げるのです。
 買い物に行くのも、空腹時ではなく、食後のほうが、余計なものを買わなくて済みます。
 家の中で、足踏みするだけでもけっこうです。5分くらいから始めて、10分、15分と時間を延ばしていきましょう。それに、日常の買い物などをプラスすれば、1日5000歩くらいになります。これだけで、減量効果に格段の違いが出ます。

 四つめは、気持ちに余裕を持つことです。
 心配事があったり、忙しかったりするときには、食事療法は成功しにくいものです。
 そこで、私は患者さんに「寝る前に10分間、1日を振り返ってください」と提案しています。
 お菓子を食べてしまったら、「なぜ我慢できなかったのか」を考えてほしいのです。
 落ち着いて考えれば、「夫とケンカした」とか、「職場の同僚に勧められて断れなかった」など、気づくことがあるはずです。

 原因がわかれば、翌日からの対策を考え、生活のリズムを整えることができます。
 ご承知のとおり、現代の日本人は、総じて多忙です。慌ただしい毎日が、食生活を乱し、ストレスの元にもなっています。それが、糖尿病の発症や悪化にもつながります。

 リラックスすることや、楽しみを持つこと、考え方を前向きにすることも、糖尿病改善の重要なポイントなのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

猫との交流を通じて、皆さんご自身にオキシトシンがよく分泌されるようになれば、それは、周囲にいる人たちへも波及していくはずです。人に優しくなれれば人間関係がスムーズになり、その輪にいる人たちすべてが、オキシトシンに満たされるでしょう。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

お勧めしたいのが爪もみです。爪もみは自分で簡単に、安全に自律神経の調整効果を引き出せる治療法です。患者さんにも全員にやらせていますが、早期に爪もみを開始し、積極的に体を温めながら血流の回復を図った人は、1ヵ月後くらいから髪も生えるようです。【解説】永野剛造(日本自律神経免疫治療研究会会長・永野医院院長)


【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング