【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


食欲を我慢せずに食事の量をへらせる!

 私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。これを1日3食、3ヵ月続けたところ、血糖値がどんどん下がり、あっという間に問題のない状態まで戻すことができました。

 しかし、血糖値が正常になると、食前キャベツはやめてしまいました。その後も、なるべくご飯の量をへらし、食べすぎなどに気を遣っていたのですが、やはり、食事への配慮がしだいに緩みがちになったのでしょう。気づかぬうちに、糖尿病がまた悪くなったのです。

 健康診断で、またひっかかったのが6年前。そのとき、ヘモグロビンA1cが10%あり、今度はほんとうの糖尿病になっていました。ヘモグロビンA1cとは、過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる数値です。
 その後は、服薬と食事制限をし、なんとか血糖コントロールをしましたが、なかなかうまくいきません。いったんは7%台に下がっていたヘモグロビンA1cは、2012年の夏ごろから、再度上がり始めてしまいました。そして、2013年の4月には、8.6%を記録。「このままではいけないな」と思ったとき取り組んだのが、食前キャベツでした。以前のことを思い出し、また試したのです。

 毎日、朝食と夕食の食前に、丼1杯のせん切りキャベツを食べます。朝は、キャベツのほかは、ヨーグルトと納豆のみ。昼は普通に食べ、夜はキャベツを食べてから、普通に食事をします。

 せん切りキャベツは、なるべくドレッシングをかけずに食べています。毎日これだけの量のキャベツを食べていると、確かに飽きてきます。そんなときは、キャベツに、ワカメやトマト、キュウリ、セロリなどを、細かく切って混ぜて食べます。

 食前にキャベツを食べると、それだけでおなかがいっぱいになりますから、ほかの食事はそれほど多く食べられません。食前キャベツを始める前、私の朝食は和食でしたが、朝からご飯をお代わりしていました。ところが、先にキャベツを食べることで、おなかがいっぱいになるので、食欲を我慢することなく、食事の量をへらすことができるわけです。

年末年始に飲食してもA1cはさらに降下!

 2013年の夏から、食前キャベツを始めたところ、上昇し続けていたヘモグロビンA1cが、一転して下がり始めました。去年9月に7.4%まで下がり、「普通こんなに下がりませんよ」と、担当医も驚いていました。

 食前にキャベツを食べていることを話すと、信じられないような口ぶりでした。しかし、11月にさらに数値が降下、7.0%まで下がったのを確認した担当医は、「キャベツを食べ続けてください」といいました。

 ただ、その後は、年をまたいで忘年会や正月など、飲食の機会が多数あったので、糖尿病も悪化したかと覚悟しました。ところが今年2月は6.8%。数値はさらに降下したのです。
 この間、92㎏だった体重も89㎏となり、全く無理せず自然に3㎏減量できました。胃の調子もよく、便通も快調です。今後の目標は、食前キャベツを続けて、82㎏まで体重を落とすことです。そうすれば、今かなりいい状態のヘモグロビンA1cを、さらに下げられるでしょう。

 ちなみに、食前キャベツを実行しながら、私の専門であるツボへの指圧も行っています。指圧するツボは、足の衝陽です。
 足の第2指と第3指の骨の間に手の指先を当て、甲の上を足首の方向にたどると、ちょうど甲の中心あたりで、指が止まります。第2指と第3指の骨と骨が接しているところです。ドクンドクンと脈動を感じられると思います。そこが衝陽です。

 東洋医学では糖尿病は「脾と胃が虚して生じる」と考えます。衝陽は、胃経という経絡の原穴です。原穴とは、経絡の中で最も生命エネルギーの気が集まるツボですから、弱った胃を強化し、脾の働きもよくしてくれます。いわば、糖尿病の特効ツボといってもいいでしょう。

 押し方は、ツボに手の親指の指先を当て、ゆっくりと軽く押し込んだら、そのまま1から5まで数えます。強い刺激は必要ありません。5まで数えたら、ゆっくり離します。これを左右の足の衝陽に3分ずつくり返しましょう。私は、この指圧を毎晩寝る前に行います。

 糖尿病の場合、ツボの指圧だけで病状を改善するのは、なかなか難しい場合があります。しかし、食前キャベツと併用すれば、私のように、かなり劇的な効果を期待できると考えられます。

「胃腸の調子がいい」と佐藤先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング