【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


食欲を我慢せずに食事の量をへらせる!

 私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。これを1日3食、3ヵ月続けたところ、血糖値がどんどん下がり、あっという間に問題のない状態まで戻すことができました。

 しかし、血糖値が正常になると、食前キャベツはやめてしまいました。その後も、なるべくご飯の量をへらし、食べすぎなどに気を遣っていたのですが、やはり、食事への配慮がしだいに緩みがちになったのでしょう。気づかぬうちに、糖尿病がまた悪くなったのです。

 健康診断で、またひっかかったのが6年前。そのとき、ヘモグロビンA1cが10%あり、今度はほんとうの糖尿病になっていました。ヘモグロビンA1cとは、過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる数値です。
 その後は、服薬と食事制限をし、なんとか血糖コントロールをしましたが、なかなかうまくいきません。いったんは7%台に下がっていたヘモグロビンA1cは、2012年の夏ごろから、再度上がり始めてしまいました。そして、2013年の4月には、8.6%を記録。「このままではいけないな」と思ったとき取り組んだのが、食前キャベツでした。以前のことを思い出し、また試したのです。

 毎日、朝食と夕食の食前に、丼1杯のせん切りキャベツを食べます。朝は、キャベツのほかは、ヨーグルトと納豆のみ。昼は普通に食べ、夜はキャベツを食べてから、普通に食事をします。

 せん切りキャベツは、なるべくドレッシングをかけずに食べています。毎日これだけの量のキャベツを食べていると、確かに飽きてきます。そんなときは、キャベツに、ワカメやトマト、キュウリ、セロリなどを、細かく切って混ぜて食べます。

 食前にキャベツを食べると、それだけでおなかがいっぱいになりますから、ほかの食事はそれほど多く食べられません。食前キャベツを始める前、私の朝食は和食でしたが、朝からご飯をお代わりしていました。ところが、先にキャベツを食べることで、おなかがいっぱいになるので、食欲を我慢することなく、食事の量をへらすことができるわけです。

年末年始に飲食してもA1cはさらに降下!

 2013年の夏から、食前キャベツを始めたところ、上昇し続けていたヘモグロビンA1cが、一転して下がり始めました。去年9月に7.4%まで下がり、「普通こんなに下がりませんよ」と、担当医も驚いていました。

 食前にキャベツを食べていることを話すと、信じられないような口ぶりでした。しかし、11月にさらに数値が降下、7.0%まで下がったのを確認した担当医は、「キャベツを食べ続けてください」といいました。

 ただ、その後は、年をまたいで忘年会や正月など、飲食の機会が多数あったので、糖尿病も悪化したかと覚悟しました。ところが今年2月は6.8%。数値はさらに降下したのです。
 この間、92㎏だった体重も89㎏となり、全く無理せず自然に3㎏減量できました。胃の調子もよく、便通も快調です。今後の目標は、食前キャベツを続けて、82㎏まで体重を落とすことです。そうすれば、今かなりいい状態のヘモグロビンA1cを、さらに下げられるでしょう。

 ちなみに、食前キャベツを実行しながら、私の専門であるツボへの指圧も行っています。指圧するツボは、足の衝陽です。
 足の第2指と第3指の骨の間に手の指先を当て、甲の上を足首の方向にたどると、ちょうど甲の中心あたりで、指が止まります。第2指と第3指の骨と骨が接しているところです。ドクンドクンと脈動を感じられると思います。そこが衝陽です。

 東洋医学では糖尿病は「脾と胃が虚して生じる」と考えます。衝陽は、胃経という経絡の原穴です。原穴とは、経絡の中で最も生命エネルギーの気が集まるツボですから、弱った胃を強化し、脾の働きもよくしてくれます。いわば、糖尿病の特効ツボといってもいいでしょう。

 押し方は、ツボに手の親指の指先を当て、ゆっくりと軽く押し込んだら、そのまま1から5まで数えます。強い刺激は必要ありません。5まで数えたら、ゆっくり離します。これを左右の足の衝陽に3分ずつくり返しましょう。私は、この指圧を毎晩寝る前に行います。

 糖尿病の場合、ツボの指圧だけで病状を改善するのは、なかなか難しい場合があります。しかし、食前キャベツと併用すれば、私のように、かなり劇的な効果を期待できると考えられます。

「胃腸の調子がいい」と佐藤先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

タマネギの成分が健康にもたらす効果は、さまざまな研究により明らかです。特に、血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮し、「食べる薬」といっても過言ではありません。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング