医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


半年で体脂肪率も20%下がった簗瀬先生

インスリンの分泌が正常になる!

 私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。

 そういう私自身も、7〜8年前までは、肥満と初期の糖尿病を抱えていました。それを、生のキャベツを食べる「食前キャベツ」で克服した経験があるのです。

 その経緯を、詳しくご説明しましょう。
 かつての私は、身長が171cmで体重が96・6kg、ウエストが119cm、体脂肪が43%(男性の基準値は15〜20%)と、紛れもない肥満体でした。
 当然、中性脂肪値などの検査値も高かったのですが、いちばんの心配は血糖値でした。
 空腹時の血糖値が、140〜150mg/dlと基準値を超えており、ヘモグロビンA1cも5.8%と、当時の基準値ギリギリだったのです。

 いわゆる境界型の糖尿病と、自己診断しました。もともと糖尿病の家系であることを考えれば、糖尿病のリスクとなる肥満は、一刻も早く解消しなければなりません。でも、仕事が大変忙しかったこともあり、なかなかダイエットを始めるきっかけがつかめずにいました。
 そんなとき、吉田俊秀先生の講演で、先生が糖尿病患者さんのために考案された「食前キャベツ」を知ったわけです。

 生のキャベツをよくかんで食べると、満腹中枢が刺激されるので、空腹感に悩まされることなく、食事量をへらすことができます。その結果、内臓脂肪がへって、過剰に分泌されていたインスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌が正常になり、糖尿病のリスクである肥満が解消されます。

 また、キャベツの食物繊維が腸に入ると、糖質の吸収が緩やかになるので、血糖値が上がりにくくなる、というメリットもあるのです。

 私も早速、1日3回の食前に、6分の1個分のキャベツをざく切りにして、ノンオイルのドレッシングをかけて食べ始めました。キャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。

 そして、主食のご飯は1食当たり120gにおさえ、魚は80‌g、肉も80‌gを目安にとるように心がけます。キャベツ以外の野菜も、油や砂糖を過剰に使わない調理法で、たくさんとるようにしました。また、握りこぶし大の果物を1日2個、食後に食べるようにし、勤務の合間に小腹がすいたときにも、キャベツをかじるようにしたのです。

母もヘモグロビンA1cが正常化!

 減量は当初から順調で、食前キャベツを始めて10日めには、5㎏体重がへっていました。その後も1ヵ月当たり6〜7kgのペースで体重がへり、半年間で33kgもの減量に成功したのです。
 96.6kgだった体重が63.2kgになったのですから、大減量といえるでしょう。43%あった体脂肪率は23%になり、119㎝あったウエストは83cmと、36cmも縮みました。その結果、大きく突き出していたおなかと、二重あごが、びっくりするくらい引き締まりました。

 減量に成功した直後に、勤務する病院で健康診断を受けたところ、血糖値も大幅に下がっていることがわかりました。
 150mg/dlあった血糖値が98.6mg/dlに、5.8%あったヘモグロビンA1cが4.6%と、どちらも優に基準値内に収まりました。

 健康診断の結果に注意マークがつかないというのは、やはりうれしいものです。血糖値以外に、中性脂肪値や血圧も正常になったので、医師の面目を保つことができた、というところでしょう。

 それからの4年間は、ジョギングや弓道を始めて筋力をつけたかったので、体調を管理しながら体重を67kgまでふやしました。もちろん、血糖値は基準値内をずっと維持しています。
 この間に、糖尿病だった私の母(当時67歳)も、食前キャベツでダイエットを始めました。その結果3kgやせて、6%を超えていたヘモグロビンA1cが5.7%に下がりました。

 ところで、私の場合は医師ですから、自分の体調を確認しながら、33kgもの減量ができました。しかし、糖尿病の改善を目的に、一般のかたがキャベツダイエットをする際は、ご自分の体重の5〜10%程度の減量を目安にするのがお勧めです。これくらいの減量でも、血糖値の抑制はじゅうぶん期待できます。
 また、糖尿病で血糖降下剤を飲んでいる人では低血糖を招いたり、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人がキャベツをとりすぎると、薬の効果が弱まったりする可能性があります。そうした人は、かかりつけの医師に相談してから始めるようにしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング