マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


糖質の代謝が高まって血糖値の降下に役立つ

 日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。

 その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。特に著しいのが、穀物の摂取量の低下です。私が調査をしたところ、穀物の摂取量が低下した時点と、糖尿病がふえ始めた時点が、みごとに一致していたのです。

 日本人には、血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌機能が、欧米人よりも弱いという特徴があります。
 糖尿病は、インスリンの分泌量が低下したり、腹部肥満のためにインスリン抵抗性(インスリンの効きが悪い状態)になったりして、血糖値が高くなる病気です。しかし日本人の場合、あまり太っていなくても、糖尿病になりやすい傾向があります。
 ここで再び注目したいのが、食生活の変化です。穀物の摂取量の低下により、ある大切な栄養素を摂取する機会も奪われました。必須・主要ミネラルの一つである、マグネシウムです。
 近年の研究で、マグネシウム不足が、インスリン抵抗性を引き起こすことが判明しています。欧米人は問題になりにくいのですが、インスリンの分泌機能が弱い日本人の場合、それに対抗できるだけのインスリンを分泌できません。

 このことから、日本人が肥満でなくても糖尿病になりやすいのは、慢性的なマグネシウムの摂取不足が原因と考えられるのです(マグネシウム仮説)。
 マグネシウムは、物質の代謝、特にエネルギー産生系で、きわめて大切な作用を担う栄養素です。糖質の代謝を促すので、血糖値の降下に役立ちます。ちなみに、マグネシウムの摂取量が多いと、糖尿病の発症リスクが10〜20%、最大で47%減少することもわかっているのです。

ソバはマグネシウムが豊富

「血圧も下がった!」「こむら返りが消失!」

 脂質やたんぱく質の代謝もアップするので、脂肪燃焼はもちろん、太りにくい体質づくりにも役立ちます。
 実際、マグネシウム摂取量が多い人は、メタボリックシンドロームになるリスクが31%も低くなるという疫学研究(健康に関する事柄の頻度や分布を調べ、その要因を明確にする科学的研究)の報告もある
のです。

 ほかにも、便秘の改善、生活習慣病の予防、手足のつり(こむら返り)の改善、二日酔いの防止、片頭痛の予防、うつ状態の予防、月経前症候群の予防、尿路結石の予防など、優れた作用が期待できるでしょう。

 現在、国が推奨しているマグネシウムの1日摂取量(30〜49歳男性)は370mgですが、どの年代でも、100〜130mgも不足しているのが現状です。
 マグネシウムの補給には、古きよき和食を中心とした食生活に変えることが大切です。特に、マグネシウムが豊富に含まれている、ソバ、ノリ、ヒジキ、マメ、五穀、豆腐、抹茶、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、乾燥シイタケ、コンブなどを積極的にとりましょう。

 食事でまかなえない場合、お勧めしたいのが、「マグネシウム水」を利用することです。
 これは、オーストラリアの西に位置するデボラ湖(海由来の塩湖)から生まれた、天然濃縮ミネラル液です。原水汚染の心配もなく、天然マグネシウムをきわめて豊富に含んでいます。腸管からの吸収率も高く、速やかな効果も期待できるのです。

 また、ナトリウム(塩分)がほとんど含まれていないので、塩分過多を気にせずに利用できます。
 なお、私は、「マグネシウム水」の臨床効果を国際学会で発表し、海外の医学専門誌にも報告しました。
 使い方は、とても簡単。料理や飲み物に、数滴加えるだけです。1滴に約8.5mgのマグネシウムが含有されているので、1日10〜20滴を目安に、1日を通して使いましょう。副作用の心配はありませんが、多用しすぎると便がやわらかくなることがあります。その場合は、使用量を調節してください。
 実際、「マグネシウム水」を使った人の中には、「長年の糖尿病が大改善した」「体重が13㎏落ちて、腹囲10cm縮小した」「高かった血圧、中性脂肪値が下がった」「頑固な便秘が改善した」「夜間のこむら返りがなくなった」など、優れた効果が現れた人も少なくありません。

横田邦信先生
1951年、東京生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。同大学院修了。医学博士。日本マグネシウム学会理事、日本生活習慣病予防協会参事、日本糖尿病学会学術評議員。『糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい』(主婦の友社)、『メタボリックシンドローム対策の必須ミネラル「マグネシウム健康読本」』(現代書林)などの著書がある。マグネシウム啓発のために、MAG21研究会のホームページを開設している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング