マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


糖質の代謝が高まって血糖値の降下に役立つ

 日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。

 その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。特に著しいのが、穀物の摂取量の低下です。私が調査をしたところ、穀物の摂取量が低下した時点と、糖尿病がふえ始めた時点が、みごとに一致していたのです。

 日本人には、血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌機能が、欧米人よりも弱いという特徴があります。
 糖尿病は、インスリンの分泌量が低下したり、腹部肥満のためにインスリン抵抗性(インスリンの効きが悪い状態)になったりして、血糖値が高くなる病気です。しかし日本人の場合、あまり太っていなくても、糖尿病になりやすい傾向があります。
 ここで再び注目したいのが、食生活の変化です。穀物の摂取量の低下により、ある大切な栄養素を摂取する機会も奪われました。必須・主要ミネラルの一つである、マグネシウムです。
 近年の研究で、マグネシウム不足が、インスリン抵抗性を引き起こすことが判明しています。欧米人は問題になりにくいのですが、インスリンの分泌機能が弱い日本人の場合、それに対抗できるだけのインスリンを分泌できません。

 このことから、日本人が肥満でなくても糖尿病になりやすいのは、慢性的なマグネシウムの摂取不足が原因と考えられるのです(マグネシウム仮説)。
 マグネシウムは、物質の代謝、特にエネルギー産生系で、きわめて大切な作用を担う栄養素です。糖質の代謝を促すので、血糖値の降下に役立ちます。ちなみに、マグネシウムの摂取量が多いと、糖尿病の発症リスクが10〜20%、最大で47%減少することもわかっているのです。

ソバはマグネシウムが豊富

「血圧も下がった!」「こむら返りが消失!」

 脂質やたんぱく質の代謝もアップするので、脂肪燃焼はもちろん、太りにくい体質づくりにも役立ちます。
 実際、マグネシウム摂取量が多い人は、メタボリックシンドロームになるリスクが31%も低くなるという疫学研究(健康に関する事柄の頻度や分布を調べ、その要因を明確にする科学的研究)の報告もある
のです。

 ほかにも、便秘の改善、生活習慣病の予防、手足のつり(こむら返り)の改善、二日酔いの防止、片頭痛の予防、うつ状態の予防、月経前症候群の予防、尿路結石の予防など、優れた作用が期待できるでしょう。

 現在、国が推奨しているマグネシウムの1日摂取量(30〜49歳男性)は370㎎ですが、どの年代でも、100〜130㎎も不足しているのが現状です。
 マグネシウムの補給には、古きよき和食を中心とした食生活に変えることが大切です。特に、マグネシウムが豊富に含まれている、ソバ、ノリ、ヒジキ、マメ、五穀、豆腐、抹茶、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、乾燥シイタケ、コンブなどを積極的にとりましょう。

 食事でまかなえない場合、お勧めしたいのが、「マグネシウム水」を利用することです。
 これは、オーストラリアの西に位置するデボラ湖(海由来の塩湖)から生まれた、天然濃縮ミネラル液です。原水汚染の心配もなく、天然マグネシウムをきわめて豊富に含んでいます。腸管からの吸収率も高く、速やかな効果も期待できるのです。

 また、ナトリウム(塩分)がほとんど含まれていないので、塩分過多を気にせずに利用できます。
 なお、私は、「マグネシウム水」の臨床効果を国際学会で発表し、海外の医学専門誌にも報告しました。
 使い方は、とても簡単。料理や飲み物に、数滴加えるだけです。1滴に約8.5㎎のマグネシウムが含有されているので、1日10〜20滴を目安に、1日を通して使いましょう。副作用の心配はありませんが、多用しすぎると便がやわらかくなることがあります。その場合は、使用量を調節してください。
 実際、「マグネシウム水」を使った人の中には、「長年の糖尿病が大改善した」「体重が13㎏落ちて、腹囲10㎝縮小した」「高かった血圧、中性脂肪値が下がった」「頑固な便秘が改善した」「夜間のこむら返りがなくなった」など、優れた効果が現れた人も少なくありません。

横田邦信先生
1951年、東京生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。同大学院修了。医学博士。日本マグネシウム学会理事、日本生活習慣病予防協会参事、日本糖尿病学会学術評議員。『糖尿病ならすぐに「これ」を食べなさい』(主婦の友社)、『メタボリックシンドローム対策の必須ミネラル「マグネシウム健康読本」』(現代書林)などの著書がある。マグネシウム啓発のために、MAG21研究会のホームページを開設している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング