【血糖値を下げる常備菜】酢タマネギ 抗炎症作用で膝痛や腰痛にも効果あり

【血糖値を下げる常備菜】酢タマネギ 抗炎症作用で膝痛や腰痛にも効果あり

酢タマネギは、さまざまな生活習慣病が気になりだす中高年に、もっと活用してほしい食品の一つです。というのも、これを継続的に摂取すれば、驚くほど多くの効果が期待できるからです。【解説】斎藤嘉美(元東京大学医学部内科講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


86%の人の血糖値が降下した 

 酢タマネギは、さまざまな生活習慣病が気になりだす中高年に、もっと活用してほしい食品の一つです。というのも、これを継続的に摂取すれば、驚くほど多くの効果が期待できるからです。

 では、まず、酢タマネギの効果の中心となる、タマネギの薬効についてお話ししてみましょう。
 第一に、さまざまな生活習慣病に対する効果です。
 私は過去に、糖尿病の患者さん22人に、タマネギ(臨床試験ではタマネギを濃縮乾燥させた粒を使用)を24週間摂取してもらい、その経過を調べたことがあります。すると、患者さんのうち、86%の人の血糖値が、著しく降下していたことがわかりました。

 この血糖値を降下させる作用は、タマネギに含まれる硫黄成分によるものであると考えられます。実験では、タマネギの摂取をやめると、再び検査値が悪化することがわかり、大変驚かされました。

 同じ実験で、タマネギを摂取すると、コレステロール値と中性脂肪値が、大きく下がることも判明しました。
 日本人の死亡原因の上位を占める、心筋梗塞などの心臓病や、脳卒中などの病気は、動脈硬化が原因です。動脈硬化は、血液中の悪玉コレステロールが、血管壁に付着して起こるものです。
 タマネギには、血液中のコレステロールの増加を防いで、血栓(血の塊)の元となる血小板が凝集するのを、おさえる作用があります。

 つまり、タマネギは血液をサラサラにし、脂質異常症や、心筋梗塞、脳卒中に対して、大変有効に働くのです。

 また、タマネギに含まれるプロスタグランディンという物質には、血圧を直接下げる作用があることが認められています。

 このようにタマネギは、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値、血圧を下げるので、生活習慣病の予防と改善に、大変貴重な野菜といえるでしょう。
 コレステロール値や中性脂肪値を下げることから推察できるように、タマネギは、体の余分な脂肪をへらしますから、ダイエットにも有効です。肥満の解消は、生活習慣病にもいい影響を及ぼすでしょう。

1日50g程度を食べるといい

血液を浄化する酢の働きが加わる

 第二に、ガンや老化に対する効果も見逃せません。
 タマネギを切り、断面を空気にさらしておくと、タマネギの硫黄化合物の一つが、チオスルフィネートという物質に変わります。この物質は、ガンの発生をおさえると考えられています。同時に、血栓予防やぜんそく発作の抑制、鎮痛作用など、多くの薬効が確認されています。

 最近注目されているのが、タマネギの抗酸化作用です。活性酸素は、体内で過剰に発生すると、ガンや老化の原因となる物質です。この活性酸素を無毒化するのが抗酸化作用です。タマネギには、優れた抗酸化物質といえる、ケルセチンという物質が含まれているのです。

 また、タマネギに含まれるグルタチオンという物質は、肝臓や眼球に多く含まれているものですが、これが不足すると、肝機能が低下したり、白内障(目のレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)を起こしやすくなったりします。
 タマネギをたくさん食べて、グルタチオンをじゅうぶんに摂取できれば、肝臓病や白内障にも、効果を期待できるでしょう。

 タマネギには、優れた抗炎症作用もあり、ひざ痛や腰痛に悩むかたにもお勧めです。
 骨粗鬆症(骨にスが入ったようにもろくなる病気)の予防作用もあります。
 タマネギで肥満が解消できれば、それがまた、ひざの負担の軽減にもなるわけですから、この意味でも、ひざ痛や腰痛を軽減する効果があるでしょう。
 そして、タマネギを有効に摂取する食べ方が、酢タマネギなのです。作り方は、左㌻を参照してください。
 生のタマネギは、特有の臭みがあって、人によっては食べづらいかもしれません。その点、酢に漬けることで特有の臭みが軽くなり、おいしく食べられるようになります。

 さらに、長期保存も可能になるので、常備菜としても最適といえるでしょう。作り置きしておけば、毎日手軽に、じゅうぶんな量のタマネギを摂取することができます。タマネギのすばらしい薬効を生かすためにも、酢タマネギはとても利用価値のあるものといえるでしょう。

 それだけではありません。酢タマネギとして摂取すれば、酢の薬効も加味されます。
 酢には、血液を浄化する働きがあります。ですから、タマネギと同時に摂取することで、血液循環を改善させる働きを期待できるでしょう。

 また、酢には、新陳代謝を改善する作用もありますから、ダイエットにも有効に働きます。タマネギにも、中性脂肪値やコレステロール値を下げる作用がありますから、酢タマネギは、優れたダイエット食品となりうるのです。
 ちなみに、酢タマネギは、1日50g程度を目安に食べるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

私は長年、タマネギの成分や効能について調べてきました。数ある食品の中で、タマネギほど健康効果の高い野菜は、そう多くはありません。その健康効果をもたらす成分は、大きく二つに分かれており、どのような成分で、どんな作用を持つのか、お話ししましょう。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

数年前に、テレビで「酢タマネギ」が取り上げられているのを見ました。そのテレビで、酢タマネギには血液サラサラ効果があり、血糖値を下げ、美容にもよいと知りましたが、そのときは、やってみようとまでは思いませんでした。【体験談】今野真美(主婦・43歳)


【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

私は、10年ほど前からヘモグロビンA1cと血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、「酢玉ねぎ」を知ったので【体験談】森脇喜將(無職・82歳)


【酢玉ねぎ】を食べると私は心臓の苦しさが消えた 夫は血圧が下がって降圧剤が不要になった

【酢玉ねぎ】を食べると私は心臓の苦しさが消えた 夫は血圧が下がって降圧剤が不要になった

私たち夫婦は、1年以上前から「酢タマネギ」を食べています。きっかけは、本屋で見つけた『酢タマネギのすべてがわかる本』(マキノ出版)でした。そこには、酢タマネギを常食すればやせられるし、健康によいと紹介されていました。【体験談】竹村昭子(主婦・81歳)


腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)