【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。ここでは、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


玄米よりも血糖値を上げにくい!

 糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。

 では、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。
 皆さんは、GI(グリセミック・インデックス)値という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。GI値とは、ある食品を食べたときの血糖値の上昇率を示す指標です。ブドウ糖を摂取したときの血糖値上昇率を100としたとき、それぞれの食べ物が、どの程度上昇させるのかを示します。この数値が低ければ低いほど、血糖値の上昇はゆっくりになり、太りにくい食品ということです。

 逆にいえば、GI値が高い食品は、血糖値が急激に上がりやすく、糖尿病のかたにはお勧めできません。
 例えば、穀類や麺類の中では、精白米の値が88、食パン95、フランスパン95、うどん85と、かなり高いのに対して、日本そばは54です。玄米ですら55ですから、玄米よりも低いということになります。
 そばは明らかに血糖値の上がりにくい食品であるばかりではなく、消化・吸収に大変優れており、食後に胃もたれしにくい食品です。しかも、ビタミンやミネラルなども豊富で、栄養のバランスがいいのも特長です。

 さらに、8種類の必須アミノ酸を含む良質のたんぱく質が豊富ですし、心臓病や動脈硬化を防ぎ、毛細血管の強化に役立つビタミンB1や、ビタミンB2もたくさん含まれています。また、抗酸化作用の高いポリフェノールの一つ、ルチンも含まれています。
 その中でも注目したいのは、バナジウムという成分の働きです。というのも、バナジウムには、血糖値を下げるホルモンである、インスリンに似た働きがあるからです。糖尿病に悩む人にとっては、この点からも、そばはぜひともお勧めしたい食材です。

 さて、漢方の観点からいえば、食物はすべて、陰性と陽性の二つに分けられます。陰性の食品は体を冷やし代謝を下げ、陽性の食品は体を温め代謝を上げると考えられています。陰性の食品は暖かい地域でできるもので、色は青、白、緑のものが多いのが特徴です。一方、陽性の食品は寒い地域でできるもので、赤、黒、ダイダイなどの色をしています。

 そばは、国内では信州や東北地方など、主に寒冷地で栽培され、黒い色をしています。つまり、そばは陽性の食品であり、体を温めて代謝をアップさせる効果があるのです。

 では、なぜ、昼にそばを食べるのがいいのでしょうか。
 夕食後就寝している間は、ある意味、断食している状態です。その後、朝起きたときはまだ、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが優位であり、体は排泄の時間だと認識しています。

 こうした朝の時間帯に食事をたくさんとると、大腸や腎臓の排泄力が低下してしまうため、朝食はあまり食べないことが理にかなっています。ですから、私がお勧めする朝食は、ニンジンジュースやショウガ紅茶だけです。

 それが昼になると、交感神経の働きが高まって、食物をとり入れるべく体が機能し始めます。断食明けの補食ともいうべき昼食は、なるべく動物性のたんぱく質や脂肪を含まない、消化のよいものがベストです。この点でも、消化・吸収のよいそばが勧められるのです。

ワカメやとろろとの組み合わせがお勧め

 次に、昼そばが特に効果を発揮した例をご紹介します。
 54歳の男性は、身長172㎝で92㎏の肥満体型。10年前から糖尿病と脂肪肝を患っていました。
 そこで、朝はニンジンジュース、昼はそば、夜はなるべく陽性の食品をたくさんとる習慣を実践してもらいました。 
 すると、昼そばを開始して1ヵ月半後には88㎏、2ヵ月半後には80㎏となり、合計12㎏もの減量に成功したのです。
 しかも当初は、ヘモグロビンA1cが9・1%もありましたが、5・3%と、基準値まで改善することができました。さらに、肝機能値のγ︲GTP(基準値は55単位以下)も、3けた台から2けたに下がっています。

 このように糖尿病の改善にもダイエットにも役立つ昼そばですが、いくつか注意点があります。
 当然ですが、食べるときに天ぷらやかき揚げ、油揚げをいっしょに食べると効果は下がってしまいます。お勧めは、かけそばやもりそばです。

 とはいえ、毎日そればかりだと続かないでしょう。その場合は、ワカメそばや、とろろそばにしてみましょう。ワカメは、糖分が腸から吸収されるのをおさえる働きがあります。ヤマイモは血流をよくし、下半身を強化するといった効果が期待できます。
 加えて、ネギ、ワサビ、七味トウガラシなどの薬味をたっぷりかけて食べれば、体を温める効果が増大し、ダイエットにも効果的と考えられます。
 皆さんも、昼食をそばにして、糖尿病の改善やダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

石原新菜先生
長崎県生まれ。帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)など、著書多数。雑誌やテレビなどでも活躍中。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

タマネギの成分が健康にもたらす効果は、さまざまな研究により明らかです。特に、血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮し、「食べる薬」といっても過言ではありません。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング